TOP > 競走馬 > 「アストラエンブレム」体調もすこぶる良い!臨機応変に対応【新潟記念】
競走馬

「アストラエンブレム」体調もすこぶる良い!臨機応変に対応【新潟記念】

母は2008年の秋華賞を制したブラックエンブレム、兄は2014年の札幌2歳ステークスを制したブライトエンブレムという血統のアストラエンブレムが新潟記念に出走する。2歳時は期待通りの活躍ができず、3歳時も春は重賞でも好走にとどまっていたが、昨年の夏からは条件戦を2連勝しオープン入りをすると、重賞・オープンを問わず好走を繰り返し、前走のエプソムカップでも半馬身差の2着と好調を維持しているアストラエンブレムについてまとめてみた。
アストラエンブレム

【大阪城S】豪脚披露でオープン制覇!

前半は中団馬群のインで待機。直線まで馬群がばらけるのを待ってから追い出されると、爆発的な末脚を披露し外から伸びていたトルークマクトを内から差し切った。
動画を見る
inyofu 1着 アストラエンブレム(M・デムーロ騎手) 「ペースが遅かったのですが、良く最後まで伸びてくれました。以前よりレースぶりが大人になっています。1800mに問題はありません。もう少し体が成長してくれれば楽しみです」

【メイS】惜敗の2着...

道中は好位の外4番手につけ前を窺う。直線では持ったままの手応えでタイセイサミットに並び、叩き合いになるが最後まで前に出ることは出来ずに2着。
動画を見る
inyofu 2着 アストラエンブレム(M・デムーロ騎手) 「ずっと楽だったのですが、最後は自分からやめてしまっていました。少し難しいところがあります」

【エプソムC】半馬身差まで詰めよるも2着...

積極的な先行策で2,3番手につける。1000m通過は59.7というスローペースでレースは進み、直線では各馬が内を空ける形になり、残り200mで先頭に立つ勢いであったが、内からダッシングブレイズに差されてしまい2着に敗れた。
動画を見る
inyofu 2着 アストラエンブレム(M.デムーロ騎手) 「最後にブレーキを掛けるところがありましたが、前回よりも最後まで頑張ってくれました。競馬は上手ですし、ずっといい手応えでしたが...」
inyofu (小島茂之調教師) 「装鞍の前から暴れないものの汗をかいていました。鞍をつける前に一呼吸置いたりしました。よく我慢をしてくれたと思います。この後はお休みになると思います。2000mくらいは持つと思っていて、1周の競馬を試したい気持ちがあります」

【新潟記念】追い切り 坂路で軽快な動き!

inyofu サマー2000シリーズ第5戦の新潟記念・G3(9月3日、新潟・芝2000メートル)に出走するアストラエンブレム(牡4歳、美浦・小島茂之厩舎)が30日、美浦の坂路で追い切りを行った。
inyofu 半兄テスタメント(6歳1000万)との併せ馬。最後まで馬なりのまま、軽やかなフットワークで駆け抜け、52秒2―12秒5を計時した。小島茂調教師は「55秒くらいかなと思っていたら、52秒台で驚いた。乗った感触より速かったので、いいんじゃないですか」と重賞初制覇へ期待を膨らませた。

今回は初の2000mで距離不安の声が挙がるが、半兄テスタメント、ブライトエンブレムと2000mの距離実績はあり、父がダイワメジャーに変わってどうなるかと言ったところである。しかし、M.デムーロ騎手であれば200mの距離延長も十分に持たせてくれることであろう。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line