TOP > 競走馬 > 「アストラエンブレム」余裕のある動き!ブレーキかけずに走る【毎日王冠】
競走馬

「アストラエンブレム」余裕のある動き!ブレーキかけずに走る【毎日王冠】

母は2008年の秋華賞を制したブラックエンブレム、兄は2014年の札幌2歳ステークスを制したブライトエンブレムという血統のアストラエンブレムが毎日王冠に出走する。昨年の夏からは条件戦を2連勝しオープン入りをすると、重賞・オープンを問わず好走を繰り返し、ここ3戦連続で2着と盤石の安定感を誇るアストラエンブレムについてまとめてみた。
アストラエンブレム

【メイS】惜敗の2着...

道中は好位の外4番手につけ前を窺う。直線では持ったままの手応えでタイセイサミットに並び、叩き合いになるが最後まで前に出ることは出来ずに2着。
動画を見る
inyofu 2着 アストラエンブレム(M・デムーロ騎手) 「ずっと楽だったのですが、最後は自分からやめてしまっていました。少し難しいところがあります」

【エプソムC】半馬身差まで詰めよるも2着...

積極的な先行策で2,3番手につける。1000m通過は59.7というスローペースでレースは進み、直線では各馬が内を空ける形になり、残り200mで先頭に立つ勢いであったが、内からダッシングブレイズに差されてしまい2着に敗れた。
動画を見る
inyofu 2着 アストラエンブレム(M.デムーロ騎手) 「最後にブレーキを掛けるところがありましたが、前回よりも最後まで頑張ってくれました。競馬は上手ですし、ずっといい手応えでしたが...」
inyofu (小島茂之調教師) 「装鞍の前から暴れないものの汗をかいていました。鞍をつける前に一呼吸置いたりしました。よく我慢をしてくれたと思います。この後はお休みになると思います。2000mくらいは持つと思っていて、1周の競馬を試したい気持ちがあります」

【新潟記念】重賞制覇まであと一息!

道中は逃げ馬を前に見る形の4,5番手を進む。新潟の長い直線も絶好の手応えで迎えると、先頭のタツゴウゲキを懸命に追い詰めるも、交わすまでには至らずクビ差の2着に敗れた。
動画を見る
inyofu 2着 アストラエンブレム(M.デムーロ騎手) 「ペースも遅く、道中楽な競馬が出来ました。ただ、手応えはいいのに反応が遅く、自分でブレーキを掛けているようです」

【毎日王冠】追い切り 集中した走りで好調維持をアピール!

inyofu アストラエンブレム(写真手前)は、小島茂調教師が自ら手綱を取り南ウッド4ハロンから併せ馬。集中した走りで追走併入(52・4―38・5―12・9秒)。好調維持をアピールした。
inyofu 小島茂調教師「すでに(かなり)やっているので余裕を持たせて終えたが、今朝も悪くなかったよ。順調そのもの」

これまで13戦した中で、上がり最速1位が5戦、2位が4戦、3位が4戦と安定した末脚がこの馬の代名詞となりつつある。しかし、重賞に手が届いていないのが大変残念である。今回は大幅にメンバー強化になるが、ここで重賞制覇となれば、一気にスターホース街道に乗ることが出来るチャンスをモノにできるのか楽しみである。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line