TOP > 予想/馬券 > 年初めの的中ラッシュ!【第65回中山金杯】予想家的中結果まとめ
予想/馬券

年初めの的中ラッシュ!【第65回中山金杯】予想家的中結果まとめ

2016年1月5日(火)中山競馬場で行われたGⅢ【第65回日刊スポーツ賞中山金杯】今回もレース結果やコメント等をまとめてみた。
馬キュレ

中山金杯はヤマカツエースが優勝

inyofu 1月5日、中山競馬場で開催された第11R・中山金杯(GIII、芝2000m)は、好位で進んでいた3番人気ヤマカツエース(牡4、栗東・池添兼)が、直線で力強く脚を伸ばし、逃げ残りを図った2着馬を差し切って勝利した。勝ちタイムは2分1秒2(良)で、鞍上は池添騎手。3/4馬身差の2着は道中主導権を握って進み、ゴール前まで粘り込んだ5番人気マイネルフロスト、2着に3/4馬身差の3着は中団から追い上げてきた1番人気フルーキーが入っている。なお、ベルーフはゲートイン前に放馬し、競走除外となった。

▽単勝5 490円
馬連5-7 1670円
馬単5-7 3160円
3連複5-7-10 1850円
3連単5-7-10 1万1190円
(5.ヤマカツエース、7.マイネルフロスト、10.フルーキー)

▽【ヤマカツエース】
父キングカメハメハ
母ヤマカツマリリン
母父グラスワンダー
通算15戦5勝(うち重賞3勝)
動画を見る

【やはり勝負は3連単!~競馬予想~】

inyofu ここは初志貫徹で本命は◎人気ブログランキングへとしました。
中山での馬券の絡みこそありませんが、G2で2度の4着があり適性は高そう。前走は外枠発走ながら差のない結果を残すなどここに来て上昇ムード。もうちょっと内枠なら良かったんですが、この馬より内にそれほど速い馬もいませんし、許容範囲。内でじっくりと脚を溜めるレースが出来ればおそらく勝ち負け。
inyofu ◎人気ブログランキングへ
〇ステラウインド
▲ネオリアリズム
△フルーキー
△ヤマカツエース
△ベルーフ
タイトル通り3連系を中心にハイリターンを求めて中央・地方の重賞レースを中心に予想する斉藤氏のブログ。本命が2着マイネルフロストでフルーキー、ヤマカツエースは△と予想し3連複を的中した。

【天童なこオフィシャルブログ】

inyofu ◎7マイネルフロスト
○5ヤマカツエース
▲3ステラウインド
△6、9、10、12、14
inyofu 本命は、マイネルフロスト
前走の金鯱賞でも、明らかに調教の動きが変わってきたと言って、本命に推していたんですが、惜しくも4着! イン前有利な馬場、展開を考えると、状態が良かったのは間違いなかったと思っています!
今回も、相変わらず調教は抜群 年明けは軽めの内容ながらも、31日に南Wで3頭併せ。
一杯に追って、 5F66秒台、ラストは12秒台前半と抜群の時計で、大きく先着 高木調教師が、分かりやすい馬で、状態がいい時は調教の動きに表れる。とコメントしていましたが、まさにその通りで、今回絶好調なのは間違いないでしょう
独自の好走調教データを持っているタレント天童なこの予想ブログ。本命マイネルフロストが2着で見事に馬連・三連複を的中して幸先良いスタートを切った。

【こりゃ深すぎるww覆面馬主の馬券談義!】

2号の予想
inyofu ◎マイネルフロスト!

なぜか? それは、行く馬が居ないから! この枠であれば出た成りに好位で進めてもいいですし、行く馬が居ないなら自らハナを切ってもいいですしね!切れる脚は無いもののしぶとさはありますからね!東京大賞典をサウンドトゥルーで制し勢いに乗っている高木厩舎というのも魅力ですし、叩き4戦目で徐々に良くなってきていますし、狙うならココ!と見ました!
inyofu ◎7マイネルフロスト
〇5ヤマカツエース
▲14ライズトゥフェイム
☆9ベルーフ
△4ネオリアリズム
△10フルーキー
△6ブライトエンブレム

本線はココに来て力をつけているヤマカツエース!前走勝った津村騎手を降ろしてきたのが不満&不安ですが、力量的には中心視している馬で◎を打っても良かったのですが、折角の金杯ですからひとひねりしてみました。
7号の予想
inyofu ◎5ヤマカツエース
〇7マイネルフロスト
▲6ブライトエンブレム
△9ベルーフ
△10フルーキー
△4ネオリアリズム
穴14ライズトゥフェイム

◎は昨年末あたりからぐんぐん力をつけてきているヤマカツエース。
福島記念でも◎を打ったが、追い切りを見る限り、その時よりも更に力をつけているように見える。松岡辺りが逃げで一発狙ってきそうな雰囲気があるのでその番手からの競馬が出来ればすんなり押し切れるんじゃないかと思っている。〇は逃げてくれればなだれ込みが考えられるマイネルフロストと、不利が多くて近走競馬になっていないブライトエンブレムがルメールマジック発動で、先行なのか?向こう正面からのまくりなのか?なにかするんじゃないか?との目論見で▲。△勢はポテンシャルあるが半信半疑な組を押さえて、穴には中山走るライズトゥフェイムを押さえる。
8号の予想
inyofu ◎フルーキー

中山金杯は過去10年の馬券対象馬30頭中で前走重賞組が24頭と多くを占めています。また、前走1800m~2000m組は26頭。この2距離からの出走馬が大半。更に、前走の着順別データは1着~2着組が高い複勝率。

今回の狙いは前走1800m~2000mの重賞組で連対していた馬になりますが、これらの条件に合致するのは、前走チャレンジC1着のフルーキー。恐らく人気になるでしょうが、他のデータを含めて食指が動くのは間違いありません。 しかも、フルーキーを管理する角居先生は、2013年以降の中山芝2000mでは、管理馬の複勝率が50%。このデータは魅力的。また騎乗するデムーロ騎手は2013年以降、この条件の複勝率が40%超。こちらもかなりの好データ。複数のデータから本命に考えたい馬です。

ヤマカツエースは前走で福島記念1着。1800m~2000mの重賞に出走して1着。フルーキーと同様に条件一致。今回は厩舎データや騎手データから、フルーキーより名前を後に出しますが、データから狙えると判断しています。
inyofu ◎⑩フルーキー
○⑤ヤマカツエース
▲⑨ベルーフ
☆④ネオリアリズム
△⑭ライズトゥフェイム
△③ステラウインド
△⑦マイネルフロスト
今年一発目の重賞予想の覆面馬主軍団は2号が3連複、7号がワイドと3連複を的中して新年1発目を的中で盛り上げた。8号は予想に3着まで入っていたが買い方で惜しい結果に。


覆面馬主や予想家陣の的中が相次ぎ、2016年の予想も幸先の良いスタートを切れた中山金杯。本年も的中ラッシュを期待したいものである。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line