TOP > 競走馬 > 「レインボーライン」息の長い末脚!菊2着の得意舞台でGⅠ初制覇へ!【天皇賞・春】
競走馬

「レインボーライン」息の長い末脚!菊2着の得意舞台でGⅠ初制覇へ!【天皇賞・春】

無尽蔵のスタミナと息の長い末脚が武器のステイゴールド産駒レインボーラインが天皇賞・春に出走する。アーリントンCで重賞初制覇を飾ると、菊花賞で2着に食い込み長距離戦に照準を切り替える。昨年も不良馬場の天皇賞・秋でしぶとく伸びて3着と善戦し一線級の相手とも戦えることを証明すると、前走の阪神大賞典では後方からロングスパートを決めて久々の重賞制覇を飾った。勢いそのままに悲願のGⅠタイトルを手に入れるか。そんなレインボーラインについてまとめてみた。
レインボーライン

【ジャパンC】昨年同様末脚届かず

キタサンブラックの連覇が懸かるこのレースでは、天皇賞秋の3着という実績がありながらも8番人気と評価は高くなかった。スタートしてから今回は中団で競馬を進めたレインボーラインは、キタサンブラックの作ったペースに上手く合わせて終始落ち着いて競馬を進めた。しかし、直線では内から伸びてはいるものの、シュヴァルグランやレイデオロのような持続的なスピードが使えず、最後は少し伸び悩んで6着に敗れた。
動画を見る
inyofu 6着 レインボーライン(岩田康誠騎手)
「ダッシュがつかずに後ろからになりました。よく伸びてはいたのですが、中団くらいにつけられれば、また少し違ったかもしれません」

【有馬記念】キタサンのペースでは届かず…

このレースはキタサンブラックの引退レースで、レインボーラインは9番人気と穴人気だった。キタサンブラックがいの一番に逃げてペースを作り、勝ちパターンに持ち込む中、レインボーラインは後方から競馬を進め末脚爆発を狙ったが、キタサンのペースでは当然届かず、8着と敗れた。
動画を見る
inyofu 岩田騎手(レインボーライン8着)
「枠がもう少し内めならよかった」

【阪神大賞典】外から豪快に伸び久々の重賞制覇!

7番枠からまずまずのスタートを切ると、スッと控えて後方からレースを進める。2周目3コーナーで手応え良く外からポジションを上げていくと、残り200mで先頭に立ち、最後まできっとりと脚を使って重賞2勝目を挙げた。
動画を見る
inyofu 1着 レインボーライン(岩田康誠騎手) 「去年も良いレースをしていたし、今年はGIに届くレースがしたいです。長丁場なので折り合いだけを頭に入れて、あとは流れに乗って進めました。流れもよく折り合いもついたので向正面から人気馬を見ながらレースをして、ちょっと早いかなと思いましたが動いていきました。去年より今年のほうが馬体も一回り大きくなっているように思います」

【天皇賞・春】直前情報!ボチボチの走りで態勢整う!

inyofu 阪神大賞典快勝でクローズアップされるレインボーラインは4F60秒ジャストの登坂。この日またがった浅見助手は「ボチボチです。裏方の仕事はしました」と岩田に報告。「そうか、ボチボチやったらエエね」と岩田は満足顔。

天皇賞・春の傾向!前走好走馬が好成績!

inyofu 過去10年の天皇賞(春)で3着以内に入った延べ30頭のうち27頭は、前走が大阪杯(GⅡ時代を含む)、阪神大賞典、日経賞、京都記念のいずれかだった。その他のレースから臨んだ馬はいまひとつの成績となっている。
inyofu 過去10年の優勝馬のうち8頭は、前走で2着以内に入っていた。2014年はフェノーメノが日経賞5着から優勝し、2012年はビートブラックが阪神大賞典10着から金星を挙げたが、基本的には前走で好走していた馬が上位に入るケースが多い。

ステイゴールド産駒は過去10年で3勝を挙げており、長丁場で実力を発揮している。これまで大舞台でも上位と差の無い走りを見せているだけに、混戦模様の今回は一気に主役に躍り出る可能性も十分にあり得そうだ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line