TOP > 予想/馬券 > 負け知らず!覆面馬主達の1月5日(火)の予想的中結果まとめ
予想/馬券

負け知らず!覆面馬主達の1月5日(火)の予想的中結果まとめ

覆面馬主達限定の予想結果を毎週振り返って読者の参考にしてもらったり、今年もどの覆面馬主が今一番熱いのか、毎週の予想企画コラムから的中をメインにまとめてみた。企画もの予想結果版。
馬キュレ

妄想の2号

中山金杯
inyofu ◎マイネルフロスト!

なぜか?
それは、行く馬が居ないから!
この枠であれば出た成りに好位で進めてもいいですし、行く馬が居ないなら自らハナを切ってもいいですしね!切れる脚は無いもののしぶとさはありますからね!東京大賞典をサウンドトゥルーで制し勢いに乗っている高木厩舎というのも魅力ですし、叩き4戦目で徐々に良くなってきていますし、狙うならココ!と見ました!

◎7マイネルフロスト
〇5ヤマカツエース
▲14ライズトゥフェイム
☆9ベルーフ
△4ネオリアリズム
△10フルーキー
△6ブライトエンブレム

本線はココに来て力をつけているヤマカツエース!前走勝った津村騎手を降ろしてきたのが不満&不安ですが、力量的には中心視している馬で◎を打っても良かったのですが、折角の金杯ですからひとひねりしてみました。ブライトエンブレムは調教の動きがあまり良く見えなかったので切ろうかとも思ったのですが、ルメールマジックが怖いので押さえます。

買い方
◎7マイネルフロストの単勝。

◎〇2頭軸の3連複流しを印へ5点!
前に行く馬がいないと予想して2号の本命は5番人気のマイネルフロスト。それが狙い通りになり、前半1000mは62秒3の超スローペースで会心の逃げを打つも残り50mでヤマカツエースに差され2着。馬券は3連複920円を的中!

巨乳の3号

初夢S(京都9R)
inyofu ⑪テイエムグンカンを紹介いたしましょう!

戦績を見ると、デビュー戦4着、除外を挟んで未勝利戦勝利、以降11着、1着、16着、1着、10着・・・・・と、二桁着順と1着の繰り返し。
なので今回は勝つ順番だから推奨、というわけではもちろん無く(まぁそうなれば面白いかなとは少し思いますが)、この1着がいずれも『クラス2戦目の京都戦』というところがポイントですね。

昇級することで出走メンバーの層が厚くなったり、必然的に全体のペースが変わったりで、常にハナを切るこの馬にしてみれば「この間と同じようなペースで走ってるのに、なんか後ろが付いてくるぞ!?」といったところでしょう。
最初は戸惑っても何走かしているうちにだんだんペースに慣れ、結果が付いてくるようになるものですが、この馬はここまでこれを1走でこなしてきているというわけです。

走り自体にはまだ余裕が見えますし、このクラスも前走を見る限り、もう少し楽に行ければまた違っていたはず。直線に坂がある阪神戦だったのも影響していたように見えました。

今回は距離は100m長くなりますが、ここまで3勝している京都で、競ってくる馬もいなさそうな11頭立て。クラス2走目の今回は逃げ切りが十分狙えそうですね。

というわけで印の方は

◎⑪テイエムグンカン
○⑨エノラブエナ
▲②ローゼンケーニッヒ
△①ミヤジタイガ
△⑥ミツバ

で、◎の単勝と馬連・3連複流しを購入しようと思います。
坂のない京都で逃げ切る可能性を有りとみた3号はテイエムグンカンを指名。やはり京都は合うのかマイペースで逃げて、直線ミヤジタイガに交わされるも2着に粘りこみ。次回も京都なら積極的に狙っていきたいところだ。馬券は馬連2770円を的中。

砂の6号

京都3R
inyofu ◎タイセイブルグ。

2走前の未勝利戦でタイム差なしの接戦をしたレガーロは、年末の全日本2歳優駿で2着に入った実力馬。
また、前走の勝ち馬スマートシャレードも、もちの木賞でレガーロとタイム差なしの競馬をしている実力馬だった。
この2頭との比較からもタイセイブルグが現級を突破するのは、時間の問題だろう。
また、鞍上の幸騎手は、このコースで1~3番人気に騎乗時(22-14-19-39/94、連対率38%、複勝率59%)という成績で、複勝率はNo1だ。

昨年末の東京大賞典でお世話になった幸騎手で、2016年の初的中も狙ってみたい。

☆京都3R・結論☆

◎⑤タイセイブルグ
○⑫ゴールドドリーム
▲④レッドウィズダム
☆⑪ダノンスパーク
△⑦ステイチューン
△⑧スーパーライナー
△⑭ブライトリビング

馬券の本線は単勝と馬単

単勝⑤
馬単⑤ ⇔ ⑫④⑪⑦⑧⑭

少額で軸1頭の三連複

⑤ = ⑫④⑪⑦⑧⑭
6号のデータ通り、幸騎手騎乗のタイセイブルグは3着。絶好のスタートを決めたが勝負所で前2頭を捉えることができなかった。中一週で馬体重+10kgが影響したか。馬券は3連複920円を的中した!

小鳥の7号

中山金杯
inyofu ◎=〇▲のワイド2点を本線に、◎=〇▲=〇▲△△△穴の3複フォーメ9点の2種類。

さーて、どんな結果になるか!
金杯から試してみようと思う。

■中山金杯

◎5ヤマカツエース
〇7マイネルフロスト
▲6ブライトエンブレム
△9ベルーフ
△10フルーキー
△4ネオリアリズム
穴14ライズトゥフェイム

◎は昨年末あたりからぐんぐん力をつけてきているヤマカツエース。福島記念でも◎を打ったが、追い切りを見る限り、その時よりも更に力をつけているように見える。松岡辺りが逃げで一発狙ってきそうな雰囲気があるのでその番手からの競馬が出来ればすんなり押し切れるんじゃないかと思っている。
7号はヤマカツエースの充実ぶりに注目。レースでもマイネルフロストの術中にハマった中で自ら動いて差し切る内容から更なる成長が伺える。◎○のワンツーフィニッシュも今年の上半期はワイド中心の為、ワイド(490円)と三連複(1850円)をGETだ。

嗚呼!哀しきテンパーマン

京都1R
inyofu ◎5 トウショウジャイロ

バクシンオー肌のダイワメジャー産駒。500キロ超の筋骨隆々の馬体。馬力抜群だな。4回走って、2着2回、3着2回。今回叩き3戦目、ほぼ紛れないとみた。
1号監修。常に複勝10%を取りに行くところから名づけられた元返し有りの企画。指名はトウショウジャイロ。デビューから4戦して2着2回、3着2回と複勝率100%で臨んだ1戦は結果だけ見るとアタマ差で勝利。しかし武豊騎手曰く、まだ本気で走ってないとの事。昇級戦でどこまでやれるか注目したい。馬券もしっかり110円ついて良いスタートを切った。

タンタン単勝メン!

中山4R
inyofu 1号「で、金杯なんだけど、買いたい馬いる?」
オヤジ「う~ん、東西の金杯には、いないね。中山4レースのファドーグって馬の単勝買ってもらおうかな、30万ほど。」
1号「ああ、この馬、強いよね、500万下なら楽勝まであるかもな、しかも典ちゃんだし。オレも半分くらい乗ろうかな。」

というわけで、タンタン単勝メンは、
中山4レース、◎10ファドーグ となった。

さあて、オヤジさんの運試し、今年はどう出るかな?
1号行きつけの中華料理屋の主人が競馬好きで独自の単勝馬券を提供してくれる単勝プロジェクト。オヤジさんの本命はファドーグ。ここ3戦2着が続き、このレースでも最後の直線でモンドクラフトの猛追を受けまた2着かと思われたが、二枚腰でクビ差先着。単勝は240円で的中。初戦から幸先良く運気は上昇していると見ていいだろう。

全力一点少年=素イチスイッチ

中山4R
inyofu ◎10ファドーグ
〇7モンドクラフト

16頭中、休み明けが9頭、地方出戻り馬が1頭、というメンバーの中で前走2着馬が2頭・・・。
これ完全に一騎打ちですよね!
特にファドーグは持ち時計も上ですし負けていられないところでしょう。ほかで見ても怖いのは能力は500万でも即通用も骨折明けで半信半疑なジャイロスコープくらいで、馬連で350円ついてくれたら美味しいですね~!

買い方
7-10の馬連一点勝負!
中山6R
inyofu ◎8レーヴァテイン
〇9シャドウトルーパー

新馬の一点勝負ほど危なっかしいものは無いのですが、ここは堀厩舎の3歳馬の中でも3本の指に入るのではないか?と言われている大物レーヴァテインが出走するレース。黙ってみているだけでも良いのかも知れませんが、観戦料代わりに一点勝負。対抗のシャドウトルーパーも金杯に出走するライズトゥフェイムと併せて互角の動きを披露している馬で、普通の新馬なら即勝ち負けになる馬。年明け一発目の外人丼馬券になりそうなレースと見ています!

買い方
8-9の馬連一点勝負!
これは1点で行けるだろ!と言う馬券をご紹介していく2号企画。中山4Rは単勝メンと同じくファドーグ&モンドクラフトで馬連280円を的中。中山6Rのメイクデビューでは、レーヴァテインが1.5倍の断然人気に応え馬連260円をゲット!またレーヴ一族から今年のクラシックを狙える有力馬が誕生した。

抱きしめて!ミスターP

京都8R
inyofu ◎13ブチコ

みんなのアイドル!ブチコちゃん。1000万下ならいつ勝ってもおかしくないね。ここで勝つか、次で勝つか。京都の方が得意だから、ここで勝っちゃうかも。
大種牡馬ミスタープロスペクターの血脈の競走馬を狙う1号のミスプロ愛溢れる企画。本命は言わずと知れた人気馬ブチコ。岩田騎手を背に最終コーナーで早くも先頭に立ち2着馬1.7秒差つける大圧勝(単勝280円)チャンピオンカップと同等のタイムで覚醒を予感させるレース内容だった。また3勝すべてが岩田騎手かと人馬共に相性も良さそうだ。
中山2R
inyofu ◎15ナポレオンズワード

エンパイアメーカー産駒。今回が4戦目だが、ダート路線に変えて、安定して走れるようになってきた。距離も1800mが良さそうな気がする。ここは、人気がないが一発あってもおかしくないぞ。
同じくミスターP中山編。1号の予言通り5番人気のナポレオンズワードは、スタート良く直線で抜け出した時はこのままゴールすると思ったが、後ろをぴったり追走していた勝ち馬に差され2着。1戦ごとに成長が感じられ未勝利を抜け出すのは時間の問題か。複勝は540円の高配当。

つばめよ教えてよ!日高の星を!

中山4R
inyofu ◎7 モンドクラフト

朝日杯の勝ち馬、マイネルマックスが生まれた、新ひだかのサンコウ牧場の生産馬だ。父アグネスデジタル母父ラグビーボールという渋い血統で、みやこSにも出走したモンドグラッセの全弟にあたる。540kgの雄大な馬体は、いかにもダート馬って感じだな。叩き二戦目でさらなる上昇が期待できる。兄もこの辺の距離が得意だし、この兄弟での実績抜群の三浦騎手が騎乗するのも心強い。白老Fのファドーグが人気しそうだが、こっちが頭の馬単なんか面白そう。
京都12R
inyofu ◎9 フェイマスエンド

新冠の中村農場の生産馬だ。実は前回推奨して5番人気ながら2着と結果を残してくれた。前走はなんと34kg増での出走で敬遠した人も多そうだが、あれは減っていた馬体重が戻っただけ。今回は叩き2走目でさらに上昇気配。京都は滅法得意で、先行脚質に開幕週の馬場も味方しそう。今度こそ、シルクフェイマス産駒の中央4勝目に期待だな!
1号監修。日高出身の馬を取り上げ、馬券推奨していく企画。中山4Rは上記の単勝メンで紹介したファドーグと一騎打ちしたモンドクラフトが2着(複勝110円)さらに京都12Rの指名馬2番人気のフェイマスエンドが、抜群のスタートを決めて、道中も内を見ながらレースを進めて勝負所ではスッと動いて直線へ向いたら後続を突き放す完勝(単勝370円)父同様に準OPから重賞制覇が見えてきた。

嵐を呼ぶジョッキーは、俺だ!

京都1R
inyofu ◎5 トウショウジャイロ

まだ未勝利だったのかっていうのが正直なところ。POGでもすぐに活躍できる素質馬として人気してたみたいだな~。まあ、それだけにここでは能力が違うだろ。ズバリ負けちゃいけない一戦だ。それだけに関係者の期待が武豊騎手に集まるだろうが、人気馬を勝たせることに置いて、この人の右に出るものはいない。単勝で!個人的には5-9の馬単で勝負だ!
1号の新企画。競馬場、馬場、季節、なんかの要因から、嵐を呼びそうなジョッキーを狙っていく企画。テンパーマンと同じくトウショウジャイロが本命。アタマ差決着もこちらはムチ一発だけで着差以上に力を感じた。馬券は馬単350円を的中。
中山3R
inyofu ◎12 サクラフローラ

Fベリーはダートも得意。過去3年、このコースの単回値は脅威の115だ。狙わなきゃそんだよな。騎乗するサクラフローラは前々走が圧倒的パフォーマンスだった。タイムもさることながら、2着に退けたキャレモンショコラは、その後3連勝。昨年のスプリンターズSと同じ日に行われた芝1200m戦では勝ち馬ストレイトガールより速いタイムで勝ってちょっと話題になった。単純に比較すれば、この馬もそれくらいの活躍はしてしかるべき存在。久々がどうかだが、素質だけで勝てるくらいの存在だろう。単勝で!
ジュニアカップ(中山10R)
inyofu ◎10 アーバンキッド

馬キュンでお馴染み斎藤先生の管理馬だな。正直、相手に恵まれたOP特別だ。トリッキーなコースだが、Fベリー騎手の連対率は過去3年で33%と信頼できる。先行できるセンスもあり、上り最速を出せる末脚もある。大外枠っていうのがネックだが10頭立てなら問題なし。大崩れは考えにくいな。複勝でガッツリ勝負!
同じく嵐を呼ぶジョッキー中山編。3Rのサクラフローラは、スタートから好ダッシュで好位で競馬を進め、直線同じ勝負服のサクラヴァローレと叩き合いを制した(単勝360円)ジュニアカップのアーバンキッドは、出負けして後ろからの競馬になり最後に上がり最速で迫るも2着(複勝110円)

今年も昨年の勢いに負けないくらい初日から飛ばしている覆面馬主達。特に単勝メン、全力一点少年が12月終わりから調子が良く新年も好スタートを決めて要注目していきたい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line