TOP > 地方競馬 > 東京ダービー、大井記念 伝統・名物レースまとめ【大井競馬場編】
地方競馬

東京ダービー、大井記念 伝統・名物レースまとめ【大井競馬場編】

大井競馬は地方競馬。愛称は「東京シティ競馬 (TCK) 」。 南関東で一番広い競馬場である。
その中でも名物レースを紹介しよう。
ナイター競馬

【東京ダービー(SI)】

inyofu 東京ダービー(とうきょうダービー)とは南関東公営競馬の3歳クラシック三冠の第2冠として大井競馬場のダート2000メートルで行われる競馬の競走である。南関東グレードはSI。
inyofu 1955年に春の鞍として創設。1964年より東京都ダービーと名称が変更となり、1966年から現在の名称となった。
inyofu なお同競走の2着馬までにジャパンダートダービーの優先出走権が与えられる。
3歳馬のみが出場できるJRAで言うと日本ダービーのようなレースである。

【羽田盃(SI)】

inyofu 羽田盃(はねだはい)とは南関東公営競馬の3歳クラシック三冠の第1冠として大井競馬場のダート1800メートルで行われる競馬の競走である。南関東グレードはSI。
inyofu 本競走創設当初は、大井競馬場に由来する大井盃という名称であったが、1964年より現名称となった。現競走名はかつて現在の東京都大田区にあった地方競馬の羽田競馬場に由来。

【金盃(SII)】

inyofu 金盃(きんぱい)は日本の特別区競馬組合が大井競馬場のダート2600mで施行する地方競馬の重賞(SII)競走。正式名称は「東京中日スポーツ賞 金盃」、東京中日スポーツを発行する中日新聞東京本社が優勝杯を提供している。1956年に創設。
inyofu 現在は、船橋競馬場で行われるダイオライト記念のトライアル競走として位置付けられ、上位2着までにダイオライト記念への優先出走権が与えられる。

【大井記念(SII)】

inyofu 大井記念(おおいきねん)は、大井競馬場のダート2000mで施行されるサラ4歳以上の重賞競走、南関東グレードはSII。正式名称は「デイリー盃 大井記念」、デイリースポーツを発行する神戸新聞社が優勝杯を提供している。1956年(昭和31年)6月27日創設。
大井競馬場は名前を変えながらも半世紀以上、毎年重賞が開催されている。
東京大賞典、羽田盃、東京ダービー、金盃、大井記念の5競走である。

【帝王賞(JpnI)】

inyofu 帝王賞(ていおうしょう)とは日本の特別区競馬組合が大井競馬場のダート2000mで施行する地方競馬の重賞(統一JpnI)競走である。
inyofu 1978年に中央競馬の天皇賞の様に権威ある競走になって欲しいとの意のもと「帝王賞」の名で創設、第1回は大井競馬場のダート2800mで施行され同じ大井競馬場の東京大賞典と並ぶ大レースとして、また南関東地区の古馬の春のダート最強馬決定戦と位置付けされた。
歴史は浅いがJRAでいう天皇賞のような位置づけで、大井競馬前半戦のメインイベントでもある。
日本の古馬のダート最強馬決定戦として定着した。

【東京大賞典(GI)】

inyofu 東京大賞典(とうきょうだいしょうてん)とは特別区競馬組合が大井競馬場のダート2000mで施行する地方競馬の選定馬重賞(GI)競走である。
inyofu 1955年に秋の鞍の名称で創設され、第1回は大井競馬場のダート2600mで施行された。創設当初は現在の東京ダービーである「春の鞍」と並ぶ大井競馬場の大レースとして位置付けられた。
inyofu 1964年に現在の東京大賞典へ名称を変更し、開催日もそれまでの11月上旬から12月末に繰り下げ、1978年に新設された帝王賞と共に南関東地方競馬の2大競走として、また南関東地方競馬の1年を締めくくるレースとして定着していった。
2010年から国際GIの格付を日本グレード格付け管理委員会から受けたことを発表した。
いずれも地方競馬としては初めてとなる。
いわば世界のダートGIに出走するには1着になることが必須である。

2010年、2011年を連覇したスマートファルコンはドバイWCに出走した。
特に2010年の日本レコード2分0秒4で優勝した時の走りは圧巻だった。


地方競馬にも関わらず一人勝ちしている大井競馬場。
重賞も充実して各地から馬が集まるようになった。
これに続き、他の地方競馬場の盛り上がりにも期待したい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line