TOP > レース > ダートレースと言えばここ!園田競馬場名物レースまとめ
レース

ダートレースと言えばここ!園田競馬場名物レースまとめ

現在、JRA騎手である岩田康誠騎手や小牧太騎手が地方競馬騎手時代に所属していた競馬場でもある園田競馬場。
ダートの主要レースが多いことでも注目されている。本記事では園田競馬場で開催される名物レースをご紹介。
競走馬

園田金盃

inyofu 園田金盃は園田競馬場のダート1870メートルで開催される競馬の競走である。
inyofu 2008年までは2400メートルで施行されていた競走で、アラブ時代は年に何度か行われていた距離(改修前は2300メートル)だったが、楠賞全日本アラブ優駿の廃止や他重賞の距離短縮で、2006年までは園田唯一の2000メートル超レースだったため、騎手の腕に負う部分も大きく、また展開に左右されてしばしば波乱が起きている。なお、2007年以降は六甲盃、兵庫大賞典が2400メートルで施行されるようになったものの、2009年より距離が1870メートルに短縮された。
2012年からは、ファン投票と記者選抜で出走馬が決定されるようにった。

兵庫ジュニアグランプリ

inyofu 兵庫ジュニアグランプリ(ひょうごジュニアグランプリ)とは、園田競馬場のダート1400メートルで開催されている2歳馬限定・地方競馬の重賞競走(統一 JpnII)である。
inyofu 兵庫県競馬組合では、中央競馬および他地区との交流促進という全国的な流れから、それまでのアングロアラブ系競走馬に加え、1999年よりサラブレッド系競走馬を導入するようになり、その年デビューした2歳馬(当時は3歳馬)の全国交流戦として、兵庫県競馬初の統一ダートグレード競走として同年よりスタートした。
inyofu 現在は兵庫県競馬組合設立周年記念シリーズのメインレースとして開催されている。

ラブミーチャン
2009年にこの兵庫ジュニアグランプリで、重賞の初優勝を飾ったラブミーチャンは、
満票で2歳馬としては史上初となるNAR(地方競馬)グランプリ年度代表馬に選出された。

兵庫チャンピオンシップ

inyofu 兵庫チャンピオンシップ(ひょうごチャンピオンシップ)は、兵庫県競馬組合が園田競馬場のダート1870mで施行する地方競馬の重賞(統一JpnII)競走である。
兵庫競馬で最も賞金が高いレースがこの兵庫チャンピオンシップであり、
兵庫ダービー(園田ダービー)と菊水賞と共に兵庫三冠競走を構成している。

兵庫ゴールドトロフィー

inyofu 兵庫ゴールドトロフィー(ひょうごゴールドトロフィー)は、毎年12月下旬に行われる統一JpnIII競走である。園田競馬場のダート1400メートルで開催されている。
inyofu 2001年に兵庫県競馬3番目の統一重賞競走として創設された。短距離系の競走として、2月に行われるフェブラリーステークスにつながるステップレースの側面を持つ。嘗ては、JBCスプリント後に行われる1400mの重賞の一つに過ぎないレースであったが、全日本サラブレッドカップが統一グレード申請を取り下げ、またとちぎマロニエカップが施行されていた宇都宮競馬場の廃止に伴い無くなった事などにより、一気にその重要性が増した。
兵庫競馬の古馬決定戦に近いレース。2009、2010年にトーセンブライト、
2006、2007年にリミットレスビッドがそれぞれ連覇を果たしている。
動画を見る
動画を見る

園田競馬場で開催されるレースは、3コーナー入り口での騎手の攻防が勝負の分かれ目となる。馬場は小回りなのだが、差しや追い込み馬が活躍する。 レース展開の動きも激しく、競馬そのものに熱くなれる。ぜひ今後も園田競馬場で開催されるダートレースに注目して頂きたい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line