TOP > コラム > こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】1月11日(月) 大和S予想
コラム

こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】1月11日(月) 大和S予想

馬キュレ
どーも皆さんこんばんは!
覆面馬主・データの8号です。

話はさかのぼって、何日か前の23時ごろ。
1号師匠から私の携帯に連絡が入りました。

端的に言います。

「新しい企画やるから、データ集めといて」

ま、まだやるんですか師匠!w

もう何度も言っているので、皆さんご承知置きだと思いますが、1号師匠って覆面馬主軍団の中でも、特に忙しい方なんですよ。

その1号師匠が担当するコラムは

血統の1号

最内枠のコヨーテたち

嵐を呼ぶジョッキーは、俺だ!

つばめよ教えてよ!日高の星を!

抱きしめて!ミスターP

タンタン単勝メン!

嗚呼!哀しきテンパーマン

しみじみ買えば、しみじみ当たる!舟唄馬券術!


そして週末だけでなく

覆面馬主の真実~リアルタイム進行型・競馬狂小説~


覆面馬主20号計画の前に、1号師匠の20企画の方が先に達成してしまいそうです…w

ワタクシも上記企画にノータッチという訳ではなく、毎週データを算出していたりはするのですが、まぁ1号師匠と比べたら、まだ時間があるので問題ありませんからね。

そして近々に始まる予定の新企画が

[爆買いミラクル馬券術!]


もしかしたら、早速本日から更新されるかも知れないので、公開を楽しみにお待ちください。

しかし、この企画の量。こりゃ、わたくしもそろそろ何かしらの企画を立ち上げなければならない気がしてきました。
まぁただ、特に文才がある訳でもないですし、2014年の秋華賞時に1号師匠と2号さんから「修行だ!データ分析やれ!」と言われてはじめた競馬のデータ分析。

特にそれ以外のことで、競馬のうんちくを語れるものもございません。

ですので、ちょっと人の力を借りちゃおうかなぁなんて考えてます。

知り合いにいるんですよ。めちゃくちゃ馬券上手い(ちょっと表現が違うかな)人が。

1日単位じゃぁそりゃ負けてることもありますけど、年間を通してのマイナスというのは知り合ってから聞いたことありません。

ただ…

7号さんのような感じではないですが、若干性格に難ありなんですよね…

ちょっと交渉して、出ていただけるようであれば、この場に引っ張りだしたいと思いますので、お楽しみに。

では明日の結論に話を移していきますが、わたくし8号のフェアリーSの結論に関しては、うまヨミ読者限定で配信されるとのこと。
本日の21時頃に配信されるそーですので、まだうまヨミ登録されていない方は以下から早速登録ください。


umayomi


では、京都メイン「大和S」の結論に入っていきます。

1、配当と人気

馬連の平均配当1,915円。最高は15年の4,460円。最低は11年の280円。3連単の平均配当111,733円。最高は14年の435,410円。最低は11年の3,130円。

過去6年の馬券対象馬18頭で、4番人気以内は計13頭と多くを占めています。また過去6年間で馬連の最高配当が5000円以下。平均配当も1900円台ですので、堅い決着が多いレースです。

2.前走条件

馬券対象が最も多いのは前走OP特別組の計10頭。また重賞組を含めると、馬券対象は計12頭。過去6年の馬券対象は大半が前走オープンクラスに出走していた馬です。ただし、前走でオープンクラスに出走していた馬は過去6年で延べ80頭以上。特にOP特別組は70頭以上ですので、出走頭数の関係で前走オープンクラスの馬券対象が多数なのは仕方ありません。一方、過去10頭が出走した前走1600万下組は、その内6頭が馬券対象になっており、複勝率60%と高い数値。昇級組を積極的に狙うのも手かもしれません。

3.前走距離

前走距離別で馬券対象を多く出しているのは前走1400m組。複勝率も30%近くと高いデータです。また前走1600m組も複勝率は27%。他の距離の複勝率が一桁ですので、1400m組を筆頭に1600m組までが馬券対象の大半を占めています。

4.前走着順

前述した昇級組の複勝率が高いのと同じように、着順別データでも前走好走組は好成績。複勝率では前走1着~2着は50%。特に前走2着組は過去6頭の出走で半数の3頭が1着。前走好走馬が狙いの中心になるデータです。

なお、前走5着以下の馬券対象は過去7頭。その内、二桁着順から巻き返した3頭中2頭は重賞組。残り1頭は芝のレースに出走。残り4頭はいずれも一桁着順で走っていて、出走した距離はダ1400mでした。

5.厩舎(京都ダ1400mの過去3年のデータ)

(※今回の出走厩舎に限定)

複勝率(出走10回以上)
1位・松永昌博厩舎
2位・大久保龍志厩舎
3位・梅田智之厩舎
4位・岩元市三厩舎
5位・河内洋厩舎

6.騎手(京都ダ1400mの過去3年のデータ)

(※今回の出走騎手に限定)

複勝率(出走10回以上)
1位・M.デムーロ騎手
2位・C.ルメール騎手
3位・武豊騎手
4位・浜中俊騎手
5位・池添謙一騎手

7.血統(京都ダ1400mの過去3年のデータ)

(※出走馬の種牡馬に限定)

複勝率(出走10回以上)
1位ハーツクライ
2位ウォーエンブレム
3位エンパイアメーカー
4位アグネスデジタル
5位ゴールドアリュール

以上を踏まえ、最終的な結論は…

◎テーオーヘリオス

前走でダート1400mの妙見山S(1600万下)1着のテーオーヘリオスは、これまで10戦して1着4回2着3回。4着以下が3戦ありますが、これはデビューから3戦目までの話。4戦目以降は7戦連続で2着以内。目下3連勝中。また、最初の3戦は1800m~1900mでしたが、距離を短縮した4戦目以降(1000m~1400m)は好走続き。少なくとも短距離では底を見せていない状態です。
そして、大和Sはこれまで前走でオープンクラスに出走していた馬が馬券対象の大半を占めていますが、その一方で出走数の少ない前走1600万下組は6割が馬券対象馬になっています。つまり、昇級組を積極的に狙えるレースですので、テーオーヘリオスのこれまでの成績から、「狙える昇級馬」と判断できるはずです。また、前走距離別データでも、前走1400m組が高い複勝率を残しており、更に前走着順データでも、前走で連対実績を持つ馬が好結果を出していますので、テーオーヘリオスは、これらのデータにも一致します。しかも、厩舎データ3位の梅田厩舎の管理馬で乗り役も騎手データで上位の浜中くんという点もあります。そのため複数のデータから、今回はテーオーヘリオスを軸に決定です。

スーサンジョイは前走でOP特別のダート1400mで1着。こちらも狙えるデータの範囲内。特に前走で現級1着を含めて3連勝中ですので、能力的にも狙える判断です。今回は昇級組を積極的に狙いますので、テーオーヘリオスよりも名前を後に出しますが、逆転の可能性も考えた方がいい馬。上位に上げるのが妥当な判断だと考えます。

以下、前走でOP特別のダート1400mで3着のワンダーコロアールとナガラオリオン。また、巻き返しのデータに一致しそうな、レッドアルヴィス、オースミイージー、アキトクレッセントまで。

単複と馬連を本線に3連単は軽め

◎3テーオーヘリオス
○15スーサンジョイ
▲12ワンダーコロアール
☆4ナガラオリオン
△9レッドアルヴィス
△2オースミイージー
△11アキトクレッセント

買い方は単複と3軸の馬連6点が本線。遊びで3の3連単1頭軸マルチを

フェアリーSはうまヨミでご覧ください!

8号でした!



※【うまヨミ】の登録はこちらより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line