TOP > 予想/馬券 > 負け知らず!覆面馬主達の1月9日(土)の予想的中結果まとめ
予想/馬券

負け知らず!覆面馬主達の1月9日(土)の予想的中結果まとめ

覆面馬主達限定の予想結果を毎週振り返って読者の参考にしてもらったり、今年もどの覆面馬主が今一番熱いのか、毎週の予想企画コラムから的中をメインにまとめてみた。企画もの予想結果版。
馬キュレ

巨乳の3号

初咲賞(中山9R)
inyofu ⑥ストレンジクォークを紹介いたしましょう!

入厩当時から高い評価を受けていた馬で、予想外に初勝利まで3戦を要してしまいましたが、暮れの初勝利後に無理をさせず3月まで休養。500万下を勝ち青葉賞・・・・・と、皐月賞ではなくダービーに目標を定めてきたあたりからも、期待のほどが伺えるでしょう。

まぁ結果の方は今ひとつ・・・・・というより、ここまでの『右回りは5戦2勝3着1回』『左回りは3戦全て掲示板外』という戦績からも一目瞭然、典型的な右回り巧者。更に具体的に言えば、右回りのうちの1走(重賞7着)は福島、2勝を含む他の4走が中山という『中山巧者』です。

調整の難しい変則開催ということで敬遠する陣営も多く、例年少々手薄になりがちなここに向けて全力投球してきているとか。
2走前の中山戦は完全に脚を余しての4分の3馬身差でしたし、当時の鞍上・柴山騎手は500万下を勝った時のパートナー。この時も休み明けでの好走でしたし、得意の中山で注目したいところですね。

というわけで印の方は

◎⑥ストレンジクォーク
〇①フェルメッツァ
▲⑭エエニグマバリエート
△⑪レインオーバー
△③マルターズアポジー
△②ガチバトル

で、◎の単複と、馬連・3連複流しで購入しようと思います。
3号の本命は中山巧者の3番人気ストレンジクォークを本命。スタートが悪く道中は後ろからの競馬。直線入ってから猛烈に追い込んできたがクビ差で2着。勝ったフェルメッツァは最短距離だったことから枠の差が結果を左右した。馬券は馬連(1680円)3連複(2720)円を的中。

牝馬限定の5号

京都5R
inyofu ◎8 レッドアヴァンセ

この馬、前2走とも、何だかちぐはぐな競馬でともに2着。
前走は、明らかに脚余ってますね、
きっちり乗れれば、確勝じゃないでしょうか・・。
お兄さんが、リディルとクラレントですからね。
この馬も、オープン行けるんじゃないでしょうか?

単勝いくらつきますかね~?

◎8 レッドアヴァンセ
〇5 ラグナグ
▲4 エクロジオン
☆12フライングレディ
△2 アグネッタ
△10ベルリンガー
△15サトノマイヒメ

さて、馬券は、もう単勝と馬単ですかね。
前走で脚を余せていたところから5号はレッドヴァンセを本命。4コーナー直線まで13番手と届かない位置から上がり33秒台のド派手な追い込みで勝利。メンバー手薄だったとしても先が楽しみな一頭だ。馬券は単勝(160円)馬単(930円)をしっかりゲット!

小鳥の7号

京都3R
inyofu 穴4ティーゲット
この馬ダート1400m合いそうだと思うがどうだ?
7号のオフレココラム(パンの耳編)で穴指名していた4番人気ティーゲットは、好位で立ち回って直線抜け出すも、勝利目前で後ろからロイヤルクルーズの強襲にあってクビ差で2着。人気薄での決着で馬連は76倍ついて歓喜のコメントを残していた。

データの8号

淀短距離S(京都11R)
inyofu ◎アースソニック

後方からの脚質ですので勝ち切れませんが、近5走は重賞3戦を含めて全て3着以内。他の出走メンバーの直近成績と比べれば、明らかにひとつ抜けています。また、今回の出走メンバーは、前走1800mのゼロスを除くと、全馬が1200mか1400m。前走距離別データでは1200m組の馬券対象馬が(7,7,8)、一方、1400m組は2頭のみ(いずれも阪神C組)。複勝率も1200mが若干上ですので、狙いの中心は前走1200m組になります。そう考えると、1200mのGIII京阪杯に出走し、しかも好走したアースソニックは本命馬の最右翼。
inyofu ◎③アースソニック
○⑦サフィロス
▲④ローレルベローチェ
☆⑥ワキノブレイブ
△⑨メイショウツガル

アースソニックの単複と印をつけた4頭の馬連を本線に、3連単フォーメーション③⑦⇒③⑦④⇒③⑦④⑥⑨の12点を購入。
複数のデータからアースソニックを本命。ペースがそこまで上がらず、前が残る展開でなんとか狭い所からの伸びて2着を確保。58kgの最重量で差のない競馬なら十分力は出した内容だ。馬券は複勝(140円)馬連(530円)を的中。

未勝利戦の9号

中山5R
inyofu これまで3度推奨させて頂いているキンシャサノキセキ産駒の牝馬◎ショコラーチを指名させて頂きます。新馬戦で見せてくれたゴール前の強襲を今でも忘れられません。その後の2戦は出遅れが響き、負けはしましたが、終いは確実に伸びて掲示板を確保してくれています。東京の芝1,400mがベストな気がしますが、前走は中山芝1,200mを試走してみましたが、やはり1,200m戦は忙しすぎるとの判断で今回は芝1,600m戦に条件変更してきました。少々出遅れてもマイル戦であれば挽回も可能との読みもあるでしょう。前走は2番人気に支持されましたが、今回はフルゲート16頭中13頭が前走掲示板確保の好走メンバーですし、外寄りの枠を引いたので、人気を落とすことは間違いないでしょう。絶好の狙い目と見ます。追い切りも相変わらず動いており好調キープです。直前の今日もトレセンではゲート練習を入念に行っているとの情報もあります。ちゃんとゲートさえ出てくれれば、終いは確実にいい脚を使える馬ですので、勝ち負けでしょう。石川裕紀人!頼んだぞ!
inyofu ◎⑪ショコラーチ(☆石川)
〇④アルスフェルト(内田)
▲⑫ラレッサングル(柴田善)
△⑨ブルガアルタ(田辺)
△⑯ファニーヒロイン(大野)
☆⑮ラベンダーメモリー(江田)

勝負馬券は、◎の単複、◎軸の馬連、◎軸の3連単フォーメーションで勝負させて頂きます。

<単勝>1点

<複勝>1点

<馬連>5点
⑪ー④⑨⑫⑮⑯※④⑨⑫厚め
<3連単>60点
④⑪⑫→④⑨⑪⑫⑮⑯→④⑨⑪⑫⑮⑯
9号の思い入れの強い4番人気ショコラーチが本命。狙い通り終いの脚は確実で4コーナー12番手で外に振りながら綺麗に差し切った。新馬戦に見せた強襲がこのレースで再現された。馬券は単勝960円を的中。

つばめよ教えてよ!日高の星を!

中山1R
inyofu ◎8 リバティークイーン

様似町の澤井義一さんの生産馬だ。芝の1200mで3連続3着と実力は確か。いまいち勝ちきれないのでダート挑戦ってところだろ。父スタチューオブリバティは、キクノストームが代表産駒。同じコースで行われるカペラSも勝ってるだけに適性は十分だろう。
1号監修。日高出身の馬を取り上げ、馬券推奨していく企画。指名馬リバティークイーンは、道中2番手を追走し直線で前のルグランシェクルをとらえたが、ゴール前で再度伸びて2着(複勝140円)しかし3着に3馬身半差つけるなどダート初戦で力は示した。次走確勝か。
京都1R
inyofu ◎8 ショークール

この馬、以前中京で取り上げた若林牧場の生産馬だ。ライブリマウントの故郷だな。去年中央でデビューした他の2頭は既に勝ち上がり。この馬も勝てば、3頭全てが勝ちあがりってことになるって話をしたと思う。父カネヒキリは、母数こそ少ないものの、京都ダート1800mの単回値は365と飛び抜けてイイ。一回使った上積みも大きいだろう。直線平坦の京都で逃げ残りに期待!
淀短距離S(京都11R)
inyofu ◎5 セカンドテーブル

日高の川島良一さんの生産馬だ。家族経営で6頭の繁殖牝馬の中から誕生したこの馬が、京王杯2歳S勝ち。11番人気の番狂わせが思い出深いが、あれ以来1勝も上げていない。だが、馬はまだまだ成長してるって話だ。行ってナンボだから、京都の今の馬場はおあつらえ向き。行けなかった前走は度外視だ。1度京都を使ったことがあるが、OP特別で出遅れながら0.3差なら、十分チャンスありだろう。もうひと花咲かせて欲しいな!
京都12R
inyofu ◎1 ベステンダンク

新ひだかの服部牧場の生産馬だ。父タイキシャトルは、京都ダート1400は人気に関係なくツッコんでくる。過去3年の単回値は413で人気薄も普通に突っ込んでくるから常に警戒が必要だな。前向きな馬だし距離短縮は逆に歓迎と見たい。
同じく日高の星京都編。京都1Rの4番人気ショークールが2着に健闘。更に上位3頭が飛んだ為、複勝が1010円の高配当。更に淀短距離Sで7番人気のセカンドテーブルが逃げて3着。調教で坂路追いを取り入れている効果もあって、ラストも伸びていた。複勝370円はこれまた高配当。京都12Rのベステンダンクはクビ差2着(複勝150円)直線前が詰まらなければ・・・・と思わせる内容だった。

嵐を呼ぶジョッキーは、俺だ!

中山1R
inyofu ◎3 ルグランシェクル

やっぱり南関東で活躍していただけあってダート上手いよな。中山ダート1200mでは勝率約20%だ。さらに父パイロってのも最高じゃない。単回値は141もあるし、戸崎騎手が騎乗した場合は75%の確率で馬券になっている。複勝死ぬほどぶち込んでも損しないだろうな。
1号の新企画。競馬場、馬場、季節、なんかの要因から、嵐を呼びそうなジョッキーを狙っていく企画。中山1Rは日高の星の指名馬リバティークイーンと最後まで競り合って差し返したルグランシェクルが1着(複勝110円)連勝記録が本日止まったテンパーマンで指名したかったほどだ。
京都6R
inyofu ◎14 ノーザンバローズ

父プルピットはエーピーインディ産駒。ゴリゴリのダート馬だな。常に1番人気になるように、能力は高い馬だが、どうやら砂を被るのが嫌いらしい。その点、外枠は好材料だな。人気を分け合いそうなのが9番ダイシンバルカンだが、たぶん逃げるだろう。だが1200mのレースばかり使っているように距離に不安が。さらに差しが決まりやすいコースとなれば、この馬には負けないだろうな~。道中から直線まで外を回って差しきりってレースを期待したいな。もちろん単勝で!個人的には、14-8、14-16の馬単で勝負だ。
同じく嵐を呼ぶジョッキー京都編。指名馬のノーザンバローズは、最後の直線で逃げ切り勝ちと思われたカフジオリオンを1号の読み通り外を回って、豪快に差し切った(単勝220円)正直500万クラスにいるのが不思議なくらい。次走の昇級戦でも期待できる内容だった。

平日に行われた金杯も終わって、本日からいつもの土日開催。個人予想では3号が正月から連勝。企画予想は的中こそ少なかったが、日高の星京都編で指名した3頭が全て馬券圏内。2頭が複勝でも高配当と縁起が良い日となった。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line