TOP > エンタメ・雑学 > 2016年1月第2週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】
エンタメ・雑学

2016年1月第2週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】

2016年1月第2週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】。
2015年度JRA賞受賞馬が発表された先週の競馬界。その裏では何が起こっていた!?
馬キュレ 

新馬戦】ビワハイジの孫娘ロッテンマイヤーがデビュー勝ち!

inyofu 1月10日、京都競馬場で開催された第6R・メイクデビュー京都(新馬、芝1800m)は、逃げ馬直後の番手でレースを進めた1番人気ロッテンマイヤー(牝3、栗東・池添学)が、直線早々に先頭に躍り出るや、最後まで力強い脚どりのまま1着でゴールに飛び込んだ。勝ちタイムは1分49秒2(良)で、鞍上はS.フォーリー騎手。
inyofu 1馬身1/4差の2着は直線内から際どく差を詰めた3番人気ミッキーディナシー、2着に2馬身半差の3着は好位からジワジワ脚を伸ばした2番人気ソムリエドヌールが入っている。

クロフネ産駒のロッテンマイヤーがデビュー戦で逃げ切り勝ちを決めた。母父はアグネスタキオン、母母にはビワハイジ、伯母にはブエナビスタがいる良血だけに今後が楽しみだ。

エーシントップが現役引退 種牡馬に

inyofu 2013年のニュージーランドT(GIII、芝1600m)など、重賞3勝を挙げる活躍を見せたエーシントップ(牡6、栗東・西園)が、本日1月11日付けで競走馬登録を抹消、現役引退となることがJRAより発表された。今後は北海道浦河郡浦河町の栄進牧場で種牡馬となる予定とのこと。
テイルオブザキャット産駒のエーシントップが引退・種牡馬入りする。外国産馬なので日本では馴染みのない血統だが、父父にはストームキャットがおり、ミスタープロスペクターのインブリードも含まれている。日本の主流牝系と交配した時に、どんな産駒が生まれるか注目したい。

ニホンピロアワーズが現役引退 種牡馬に

inyofu 2012年のジャパンCダート(GI、ダ1800m)などを制したニホンピロアワーズ(牡9、栗東・大橋)が1月7日付けで競走馬登録抹消、現役引退となることがJRAより発表された。今後は北海道新ひだか町のレックススタッドで種牡馬となる予定とのこと。
ホワイトマズル産駒のニホンピロアワーズが種牡馬入りする。2012年のジャパンカップダートでは、ホッコータルマエやグレープブランデー 、エスポワールシチーやトランセンドといったダートのトップホースに大差を付ける勝利で注目を浴びた。高いポテンシャルを持つその血統を後世に残して貰いたいものだ。

2015年の年度代表馬はモーリス!

inyofu 2015年度JRA賞受賞馬選考委員会が東京都港区のJRA六本木本部で行われ、安田記念、マイルCS、香港マイルなど国内外でGI3連勝をマークし、6戦6勝の成績を収めたモーリス(牡5、美浦・堀)が満票291票のうち215票を集め、年度代表馬に選ばれた。
inyofu JRA賞各部門の受賞馬は以下の通り。

■最優秀2歳牡馬・リオンディーズ(牡3、栗東・角居)289票

■最優秀2歳牝馬・メジャーエンブレム(牝3、美浦・田村)291票

■最優秀3歳牡馬・ドゥラメンテ(牡4、美浦・堀)285票

■最優秀3歳牝馬・ミッキークイーン(牝4、栗東・池江)291票

■最優秀4歳以上牡馬・ラブリーデイ(牡6、栗東・池江)174票

■最優秀4歳以上牝馬・ショウナンパンドラ(牝5、栗東・高野)213票

■最優秀短距離馬・モーリス(牡5、美浦・堀)245票

■最優秀ダートホース・コパノリッキー(牡6、栗東・村山)147票

■最優秀障害馬・アップトゥデイト(牡6、栗東・佐々木)289票
2015年の戦績は6戦全勝というパーフェクトなレースを展開したモーリスが、JRA年度代表馬と最優秀短距離馬を同時受賞した。同時受賞は、1998年のタイキシャトル、2013年のロードカナロアに続き、史上3頭目の快挙となっており、5歳馬となった2016年の活躍も楽しみだ。

インスタントジョンソンじゃいの12R予想!1月10日の結果発表!

inyofu 京都12R
◎⑨ティップトップ
○⑩リンガディンドン
▲①ウォーターショパン
△⑧シゲルチャグチャグ
△⑤ブリンディス
△③メイショウワダイコ
△⑬スキースクール

有力馬が前に行く展開になりそうなので、上手く差しが決まれば昇級でも面白い。
inyofu 中山12R
◎②フルールシチー
○⑩モズハツコイ
▲⑬サザンライツ
△④ハナフブキ
△①カービングパス
△⑧タケデンタイガー
△⑯シルヴァーコード
京都では本命のティップトップが果敢に差しに行く姿を見れたが惜しくも2着だった。

インスタントジョンソンじゃいの12R予想!1月11日の結果発表!

inyofu 京都12R
◎⑦サラトガスピリット
○⑫セセリ
▲②ラルプデュエズ
△③ビップレボルシオン
△⑤アドマイヤツヨシ
△⑩ハッピーウィルス
△⑪ウインスペクトル

鉄砲駆けの経験もあり、リフレッシュ効果に期待。調教から調子上げてそう。
inyofu 中山12R
◎⑤ゴージャスガール
○②ココスタイル
▲⑩メイアルーア
△⑨ブライトバローズ
△④コティニャック
△①マイネルカレッツァ
△⑪プライトイミシャン

2走前同じ舞台で2着。ここは積極的に穴を狙ってみる。
1月11日の結果は、穴馬を果敢に狙ったが的中ならず。次回に期待したい!

2016年1月第2週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】。 
2つの重賞が行われた先週のJRAだが
シンザン記念では、8番人気ロジクライ
フェアリーSでは、3番人気ビービーバーレル
がそれぞれ制した。
シンザン記念で勝ったロジクライは、父ハーツクライ×母ドリームモーメントという血統。昨年9月のデビューから通算5戦目で重賞初挑戦、重賞初制覇となった。シンザン記念はクラシック戦線における出世レースなので、ロジクライの勝利がフロックか否か、これからが楽しみだ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line