TOP > レース > 中京競馬場と間違えないで欲しい!名古屋競馬場の名物レースまとめ
レース

中京競馬場と間違えないで欲しい!名古屋競馬場の名物レースまとめ

隣の土古(どんこ)町が由来で、どんこ競馬場の愛称で地元から親しまれている名古屋競馬場。
中京競馬場と間違われやすかったようだ。本記事では名古屋競馬場で開催される名物レースをご紹介。
競走馬

東海ダービー

inyofu 東海ダービー(とうかいだーびー)とは日本の愛知県競馬組合が名古屋競馬場のダート1900mで施行する地方競馬の重賞(SPI)競走である。
inyofu 1971年に地方東海地区のダービーの位置付けとなる競走として東海地区限定の4歳(現3歳)限定の定量の重賞競走東海優駿として創設、第1回は名古屋競馬場のダート1800mで施行された。 しかし1972年・1975年・1976年は中京競馬場の芝1800mで施行、1978年は施行距離をダート2000mで施行、1979年は中京競馬場の芝2000mで施行した。
創設当初から東海地区におけるダービー(3歳の最強馬決定戦)として位置付けられ、
ダートグレード競走として施行されたこともあった。

かきつばた記念

inyofu かきつばた記念(かきつばたきねん)は、愛知県競馬組合が名古屋競馬場のダート1400mで施行する地方競馬の重賞(統一JpnIII)競走である。
inyofu 1999年に5歳(現4歳)から10歳(現9歳)までのグレード別定の中央・地方全国指定交流の重賞(統一GIII)競走、かきつばた記念として創設、第1回は現在と同じく名古屋競馬場のダート1400mで施行し、現在も同条件で行われている。
2004年からは出走資格を4歳(旧5歳)以上に変更した。
毎年ゴールデンウィークに開催され、ダートの短距離路線の中堅クラスの競走馬が集まるレース。
中央競馬からの参戦が多い中、地方馬も好成績をおさめている。

名古屋大賞典

inyofu 名古屋大賞典(なごやだいしょうてん)は、愛知県競馬組合が名古屋競馬場のダート1900mで施行する地方競馬の重賞(統一JpnIII・SPI)競走である。
inyofu 1977年に5歳(現4歳)から10歳(現9歳)の別定の東海地区限定の重賞競走、名古屋大賞典として創設、第1回は名古屋競馬場のダート1900mで施行され、施行時期は現在とは違い12月に施行されていた。
inyofu 春の名古屋競馬場での名物競走で、毎年盛大な盛り上がりを見せる。しかし日本の競馬全体から見ればローカル重賞なので、エスポワールシチーが出走した2011年を除き、出走馬のレベルは高くないが、中央競馬の重賞クラスの競走馬が例年出走する傾向がある。

エスポワールシチー
2011年に単勝1.1倍で優勝したエスポワールシチーは強豪を抑えて勝利。
動画を見る

名古屋グランプリ

inyofu 名古屋グランプリ(なごやグランプリ)とは、愛知県競馬組合が名古屋競馬場のダート2500mで施行する地方競馬の重賞(JpnII)競走である。
inyofu 2001年にダートグレード競走の公営東海の冬のグランプリ競走として創設された。また同じ時期に大井競馬場で東京大賞典(GI・ダート2000m)が施行される事からダートの長距離を得意とする有力馬が参戦する。現在ダートグレード競走として行われている中では最長距離を誇る。
名古屋競馬で最もグレードが高い競走。地元ファンが1年を締めくくる重賞なだけに声援が熱い。

名古屋競馬場の歴史は古いが、語り継がれる名馬はそこまで多くない。
しかし、ドラマチックなレースも多く、近年所属馬のレベルが上がっているので今後も注目していきたい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line