TOP > 騎手 > 騎手の年収って一体どれくらいなの?
騎手

騎手の年収って一体どれくらいなの?

競走馬に騎乗してレースの優勝を目指す騎手(ジョッキー)たち。彼らは一体どれくらいの年収なのか、今回はまとめてみたい。
騎手

騎手の収入の種類

inyofu 騎手の収入は主に以下の二つに分けられる。
・競走に騎乗することで得られる収入
・所属厩舎での業務をすることによって得られる収入
inyofu 競走に騎乗した際には、主に以下の二つが騎手の収入となる。
・賞金を得た場合には、その賞金の数%(日本の平地では5%、障害は7%)
・騎乗手当
厩舎の業務とは、厩舎に所属している場合には、厩舎の一員として雑務一般を行う(競走馬の餌付け・調教など)。
厩舎の一員として仕事をすれば、厩務員などと同様、毎月厩舎より給料がもらえる。

中央と地方騎手の違い

中央競馬は土日中心のレースに対し、地方競馬は競馬は平日中心のレース。
騎乗数は地方の騎手が多くなるにもかかわらず、年収は中央の騎手の半分ほどである。
国の管轄と地方の管轄との違いで国が経営する分、獲得賞金に大きな差が生まれるためである。
inyofu JRA騎手の平均年収は1,000万円です。
稼げない場合は年収500万円以下の騎手もいますが、一般的な騎手の年収は約5.000万円、月収に換算すると400万円と非常に高収入です。
inyofu 地方競馬の騎手の収入は、非常に厳しい状況です。
ある騎手の今年の賞金は100万円以下、また年収200万円以下のジョッキーも地方競馬では多いのです。
ただし、競馬場によってはレース賞金が比較的高い場所もあります。
例えば、川崎競馬場や大井競馬場では、年収数千万円を稼ぐ騎手もいます。
しかし、他の地方競馬ではトップジョッキーでも年収500万円と、なかなか厳しい現状にあります。

ならば!中央の騎手 どうやってなるの?

inyofu JRAの騎手になるには、JRA競馬学校「騎手課程」受験に合格して、そのJRA競馬学校の騎手課程(3年)の教育を受けたのち騎手免許試験を合格し所属厩舎が決まれば、騎手としてデビューすることができます。昨今、そのJRA競馬学校の騎手課程の受験者数は毎年150~200名程度で、JRA競馬学校の騎手課程受験合格者数は毎年6~8名でそのほとんどは乗馬経験者といわれます。
例年の合格率は5%ほどで学費もかかる。何より乗馬経験がないと、余程のことがない限り合格は厳しそうである。

収入の内訳

inyofu 騎手の収入は、レースに騎乗した時に支給される騎乗手当と騎手奨励手当、レースで獲得した賞金の5%が支給される進上金などがあります。
レースのランクによって決まっている騎乗手当と騎手奨励手当は、約4万円~約8万円。騎手は、一日に数レース騎乗しますから、それだけでも結構な収入になります。
inyofu 中央競馬の場合、騎手全体の平均年収は約1000万です。
そして、一流クラスともなると年収約1~2億円を稼ぎ出します。

たとえば、国内最高賞金のジャパンカップで一着を取った場合、1着賞金2億5000万円の5%にあたる1,250万円をたった一つのレースで獲得することができます。

競馬という勝負の世界でのジョッキーの収入は勝てばこその高収入だが、勝てなければ厳しいものがあるようだ。
しかし、騎手だけが人生ではなく、引退してからも、調教師やコメンテーターとしてのメディア出演など、競馬に関係する職業でセカンドキャリアを歩む人が多く見られる。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line