TOP > コラム > 「砂の惑星から来た勇者たち」小牧太【1月16日版】
コラム

「砂の惑星から来た勇者たち」小牧太【1月16日版】

馬キュレ
どうも。☆覆面馬主・砂の6号☆です。

地方出身のジョッキーをクローズアップしてお届けする本コラム。

今年5人目の紹介となるのは、昨年通算800勝を達成したベテラン・小牧太騎手。
また、昨年はヒットザターゲット(目黒記念)とダコール(新潟大賞典)で重賞2勝をマーク。
2007年から続く重賞勝利を“9年連続”まで伸ばしました。

そのダコールは8歳となった今年も現役を続行し、日曜日に行われる日経新春杯で小牧騎手と共に重賞2勝目を目指します。

さて。
昨年の小牧騎手は、全国リーディング21位(54勝)という成績。
2014年の16位からは若干順位を落としており、今年は巻き返しの活躍を、特に09年以来遠ざかっているGI勝利にも期待したいですね。

土曜日の騎乗がある中京競馬場では、2011~15年のトータルで(31-21-18-212/282、勝率11%)という成績。
騎乗数こそ多くありませんが、この11%という勝率は小倉競馬場と並んで全場の中でも最も高い数字をマークしています。
そして、中京競馬場のコース別では、芝23勝、ダート8勝と断トツで芝の成績が良いのも特徴です。

それでは、以上を踏まえた上で、土曜日の騎乗馬をジャッジしていきたいと思います。
----
★☆【オススメのひと鞍!】☆★

■中京11R愛知杯・◎ハピネスダンサー

小牧騎手は、中京の芝2000mは(4-3-6-23/36、回収値単115、複102 ※過去5年)という成績で、中京で唯一単複が共に回収値100を越えている。
ただし、勝率11%、複勝率36%という数字から“アタマでOK”という感じではなく、馬券としてはワイドや3連複などが無難な印象だ。
ハピネスダンサーは、2連勝と今が充実期を思わせる好調ぶり。調子が重要とされる牝馬限定戦なら、重賞でも十分チャンスはあるだろう。


----
☆【その他の騎乗馬と評価】☆
----
■中京3R・△アイファーマシェリ

恵まれても掲示板までか

----
■中京6R・×ライフトップガン

近走は良いところがなく、変わり身に乏しい

----
■中京9R・▲クレスト

スタートからリズムに乗れなかった前走は度外視可能。
スムーズな競馬なら見直せる

----
■中京10R・△カノヤカンザクラ

発馬に難があるだけに、前崩れの展開に恵まれれば

----
土曜日は、愛知杯で2016年最初の重賞制覇を期待したいですね。

それでは、2016年も地方出身のジョッキーを応援していきましょう!

以上、6号でした。



※【うまヨミ】の登録はこちらより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line