TOP > コラム > こりゃ深すぎるww覆面馬主【砂の6号】1月17日(日)中山8R・中山10R予想
コラム

こりゃ深すぎるww覆面馬主【砂の6号】1月17日(日)中山8R・中山10R予想

馬キュレ
どうも。☆覆面馬主・砂の6号☆です。

すみません。ウインオリファン(中京12R)もゲマインシャフト(中山10R)も相手に入れていませんでした。。 新年早々、2連続でのやらかしです。
それにしても、ヒモ抜けは悔しいですね。

さて。土曜日の反省はこれくらいにして、日曜の予想にいきましょう。
日曜日のターゲットは、ダート1200mで行われる中山10R『ジャニュアリーS』(4歳以上OP)。

まずは、恒例の簡単なコース説明から。
中山ダート1200mのスタート地点は、2コーナー奥のポケット地点。スタート地点が芝なため、芝が問題ない馬なら芝距離が長い外枠の方が有利。
さらに、スタートから4コーナーに向けて下り坂になっているため、テンが非常に速くなるのが特徴。
直線には急坂が待ち構えており、上がりは他場のダート1200m戦と比べても時計が掛かる。
ただし、前半がハイペースで流れても、直線に入るまでにセーフティリードとなっていることが多い。
また直線も短いため、基本的には逃げ・先行馬が有利。

このコースの種牡馬データも載せておくので、ご活用ください。

★中山ダート1200m 種牡馬データ(2011~15年、勝ち数トップ10以内の種牡馬が対象)
・最多勝:サウスヴィグラス (30勝)
・勝率 :ブライアンズタイム(約11%)
・連対率:ファスリエフ   (約20%)
・単回収:プリサイスエンド (値95)
・複回収:フレンチデピュティ(値139)

勝ち数では、2位に11勝の差をつけているサウスヴィグラスが断トツの1位。
ただし、1着よりも3着(42回)の回数が多いため、単勝だと取りこぼす可能性も高い。
また、2015年に勝ち星を延ばしたパイロ、ダイワメジャー、キンシャサノキセキの3頭は、今年も要注目でしょう。


★☆中山10R・『ジャニュアリーS』の予想☆★
参考にするのは2011~15年の1月に同条件で行われたジャニュアリーS。
ただし、過去の5回はすべてハンデ戦で行われている

①傾向
過去5年の馬連平均配当は13,410円。
新しい順に2,090円、3,200円、59,590円、790円、1,360円。

2013年に3連単で100万円を越す大万馬券が出たが、その他の4年は平穏な決着

②人気
過去の連対馬の人気 ※括弧内は左が1着
2015( 4→3人気)
2014( 2→7人気)
2013(13→9人気)
2012( 1→3人気)
2011( 1→4人気)

1番人気は(2-0-2-1/5)という成績で、単勝2倍台だった2回は共に1着になっている

③性齢と斤量
過去の連対馬の性齢と斤量  ※括弧内は左が1着
2015(牡7_55.0→牡6_55.0)※ハンデ
2014(牡6_56.0→牡6_55.0)※ハンデ
2013(牝6_52.0→牡7_56.0)※ハンデ
2012(牡6_57.5→牡5_54.0)※ハンデ
2011(牡5_56.0→牡5_55.0)※ハンデ

6歳馬が5連対で優勢。
4歳馬の連対が1度もないが、これは出走自体が少ないため

④位置取り
連対馬の4角位置  ※括弧内は左が1着
2015(6→ 4番手) 良
2014(9→ 5番手) 良
2013(2→13番手) 良
2012(4→ 4番手) 良
2011(3→ 2番手) 良

好位5番手以内の先行馬が、5年連続で連対している

⑤所属
過去5年の連対馬は関西馬が6頭でやや優勢

⑥種牡馬
複数の連対馬を出している種牡馬はいない

⑦騎手
複数回連対している騎手は石橋脩騎手で2勝を挙げている
※今年は騎乗予定なし

さらに、連対馬に関する前走データから目に付いた項目は以下のとおり。

⑧前走間隔
連対馬10頭中8頭が、前走12月のレースに使われていた。
残りの2頭の前走は11月で、休養明けの馬はマイナス

⑨前走コース・距離
連対馬10頭の前走コースと距離は以下の通り。
中山ダ1200m :7頭
京都ダ1200m:1頭
東京ダ1400m:1頭
阪神ダ1400m:1頭

前走中山1200mが7頭で優勢

⑩前走レース・着順
連対馬10頭の前走クラスは以下の通り(括弧内は着順)。
前走・カペラS:6頭(3、2、6、8、2、2)
前走・OP特別:2頭(2、15)
前走・1600万下:2頭(1、1)

前走カペラSの馬が5年連続で連対中。
さらに大波乱となった2013年を除く4年は、前走カペラSの2、3着馬が連対しており、着順も重要

⑪オープン実績
連対馬10頭中8頭が、オープンクラスで3着以内の実績があった。
例外のうち1頭はオープン未経験の馬で、残りの1頭は大波乱となった2013年の1着馬(13番人気)

データは以上。

今年は10頭と頭数が落ち着き、かつ別定戦で行われる。
2013年のような波乱の可能性は少なく、おそらくは順当な結果に落ち着くだろう。

データで注目すべきは⑩の前走レースで、とにかく前走カペラSの上位組が好走するレース。
今年の出走馬で前走カペラS組はトキノゲンジとミリオンヴォルツの2頭。
着順こそ5、6着(タイム差なし)と大差はないが、1~5着馬の4角通過位置が(14、4、15、9、12)という追い込み有利のレースだったことを考えれば、4角を3番手で回り、勝ち馬から0.2秒差に踏ん張ったミリオンヴォルツを上に評価するべきだろう。


☆中山10R・結論☆

 ◎⑦ミリオンヴォルツ
 ○⑥ブルドッグボス
 ▲⑨マキャヴィティ
 ☆②トキノゲンジ
 △④アンズチャン
 △⑩メイショウノーベル

今回、本命に推したいのは◎ミリオンヴォルツ。
前走のカペラSではトキノゲンジに先着を許したが、これは前述のように展開によるところが大きい。
頭数が落ち着き、ハナを主張したい馬が少ない今回のメンバーなら、逆転は十分に可能だろう。
また、今回人気を集めるブルドッグボスとは2走前の北陸Sで対戦しており、その時は2キロのハンデ差でブルドッグボスを下している。
恐らく、2頭には人気ほどの力差はなく、今回は配当的に魅力のあるミリオンヴォルツを狙ってみたい。

○は、スプリント路線での飛躍が期待される4歳馬ブルドッグボス。

▲は、昨年の同時期にこのコースで準OPを勝っているマキャヴィティ。

☆と△は、成績やこのコースと相性の良い騎手・種牡馬データを中心にピックアップ。

馬券の本線は単勝と馬単

 単勝⑦
 馬単⑦ ⇔ ⑥⑨②④⑩

少額で軸1頭の三連複

 ⑦ = ⑥⑨②④⑩

-----------------------
★☆おまけ、の中山8R『4歳以上1000万下』の予想☆★

おまけは、中山ダート1800mで行われる『4歳上1000万下』をピックアップ。

京都9R『五条坂特別』のヒデノインペリアルと迷ったが、好走には“当日に太目が残らなければ”という条件が付くので、こちらは当日のパドックをチェックした方が良さそうだ。

代わりに注目したいのが、中山8レースの◎アンヴァリッド。

昨年の3歳ダート戦の中でも、屈指の出世レースだった伏竜Sの3着馬だ。
----------------------
☆2015年・伏竜Sの結果☆
※矢印の右はその後の主な勝ち鞍

1着クロスクリーガー→レパードS
2着リアファル   →神戸新聞杯
3着アンヴァリッド →☆注目☆
3着タンジブル   →なし
5着ノンコノユメ  →JDD
6着ブチコ     →1000万
7着ホワイトフーガ →JBCレディス
8着カラパナビーチ →1000万
----------------------
8ヶ月の休み明けで、プラス16キロだった前走は度外視可能。まともなら、このクラスでもたつくレベルではない馬だ。
また、人気の一角・ムーンレンジャーには新馬戦で0.8秒差をつけて完勝しており、力どおりなら再び一蹴できるだろう。

☆中山8R・結論☆

 ◎⑭アンヴァリッド
 ○⑧ムーンレンジャー
 ▲⑥クラシックメタル
 ☆①ツインキャンドル
 △③ドラゴンビューティ
 △⑪シンボリタピット
 △⑮ロジテール
 △⑯ノースランドボーイ

馬券の本線は単勝と馬単

 単勝⑭
 馬単⑭ ⇔ ⑧⑥①③⑪⑮⑯

少額で軸1頭の三連複

 ⑭ = ⑧⑥①③⑪⑮⑯

以上、6号でした。


私6号が担当するコラム
『砂の惑星から来た勇者たち』は こちら



※【うまヨミ】の登録はこちらより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line