TOP > エンタメ・雑学 > 2016年1月第3週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】
エンタメ・雑学

2016年1月第3週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】

2016年1月第3週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】。
地方年度代表馬はハッピースプリントに決定!その裏では何が起こっていた!?
馬キュレ

【新馬戦】サウスヴィグラス産駒のリンガスウーノがデビュー勝ち!

inyofu 1月17日、中山競馬場で開催された第4R・メイクデビュー中山(新馬、ダ1200m)は、道中先団に取り付いた3番人気リンガスウーノ(牝3、美浦・高橋祥)が、4角手前で早々に逃げ馬を捕らえにかかると、直線半ばでその追い比べを制し単独先頭に。最後まで脚色が衰えることなく後続を突き放し、1着でフィニッシュした。勝ちタイムは1分13秒6(良)で、鞍上は三浦騎手。
動画を見る
サウスヴィグラス産駒のリンガスウーノが後続に4馬身差を付け圧勝した。サウスヴィグラス産駒は地方ダートで活躍する馬が多いが、リンガスウーノのポテンシャルなら中央でも活躍できるかもしれない。

【紅梅S】シンハライトが無傷の2連勝!

inyofu 1月17日、京都競馬場で開催された第10R・紅梅S(OP、芝1400m)は、中団やや後ろで脚を溜めた1番人気シンハライト(牝3、栗東・石坂)が、直線では馬場の三分どころを通り、先団をめがけて猛進。さらに外から連れるように伸びてきた2着馬との追い比べをわずかに制し、デビュー戦に続き無傷の2連勝を飾った。勝ちタイムは1分21秒5(良)で、鞍上は池添騎手。
動画を見る
ディープインパクト産駒のシンハライトがデビュー戦に続き、紅海Sも制して無傷の2連勝となった。全兄にはラジオNIKKEI杯を制したアダムスピークなどがいる良血だけに、今年のクラシック戦線にどう加わるのか楽しみだ。

エーシンモアオバーが引退・種牡馬に

inyofu 2014年の名古屋グランプリ(JpnII、ダ2500m)など、交流重賞4勝を挙げる活躍をみせたエーシンモアオバー(牡10、栗東・沖)が、本日1月13日付けで競走馬登録を抹消、現役引退となることがJRAより発表された。今後は、生まれ故郷である北海道浦河郡浦河町の栄進牧場で種牡馬になる予定とのこと。
デビューから8戦目までは芝で好走するも、勝ちきれない競馬を続けていたエーシンモアオバー。9戦目でダートに転向してからは才能が開花、札幌ダート1700mの未勝利戦では7馬身差の圧勝、その後も連勝し一気にOPクラス入りを果たした。その後も勝ち星を増やし、デビューから35戦目の名古屋グランプリで待望の重賞タイトルを掴んだ。

NARグランプリ2015発表!年度代表馬はハッピースプリント

inyofu 1月12日、2015年に優秀な成績を収めた地方競馬の人馬や、地方競馬の発展に功績のあった人馬等を顕彰する『NARグランプリ2015』の表彰馬、表彰者が決定した。年度代表馬には、浦和記念勝ちや帝王賞、かしわ記念でともに3着に好走したハッピースプリント(牡5、大井・森下淳)が選出されている。表彰馬、および表彰者は以下の通り。
inyofu 【NARグランプリ2015 表彰馬】
○年度代表馬 4歳以上最優秀牡馬・ハッピースプリント(牡5、大井・森下淳)
○2歳最優秀牡馬・アンサンブルライフ(牡3、浦和・小久保智)
○2歳最優秀牝馬・タイニーダンサー(牝3、北海道・角川秀)
○3歳最優秀牡馬・ラッキープリンス(牡4、浦和・小久保智)
○3歳最優秀牝馬・ララベル(牝4、大井・荒山勝)
○4歳以上最優秀牝馬・サンバビーン(牝6、北海道・田中淳)
○ばんえい最優秀馬・キタノタイショウ(牡10、ばんえい・服部義)
○最優秀短距離馬・ポアゾンブラック(牡7、北海道・田中淳)
○最優秀ターフ馬・該当馬なし
○特別賞・ホッコータルマエ(牡7、栗東・西浦)
○特別表彰馬・オグリローマン
inyofu 【NARグランプリ2015 表彰者】
○最優秀勝利回数調教師賞・角田輝也調教師(52、愛知)
○最優秀賞金収得調教師賞・小久保智調教師(44、浦和)
○最優秀勝率調教師賞・柏原誠路調教師(51、兵庫)
○殊勲調教師賞・該当者なし
○最優秀勝利回数騎手賞・森泰斗騎手(35、船橋・松代眞)
○最優秀賞金収得騎手賞・森泰斗騎手(35、船橋・松代眞)
○最優秀勝率騎手賞・山口勲騎手(45、佐賀・東眞市)
○殊勲騎手賞・該当者なし
○優秀新人騎手賞・中島龍也騎手(19、金沢・加藤義)
○優秀女性騎手賞・木之前葵騎手(22、愛知・錦見勇) 別府真衣騎手(28、高知・別府真)
○ベストフェアプレイ賞・山口勲騎手(45、佐賀・東眞市)
○特別賞・田中学騎手(42、兵庫・田中道) 岡部誠騎手(38、愛知・藤ケ人) 安部幸夫騎手(47、愛知・安部弘)
2015年のNARグランプリではハッピースプリントが年度代表馬に選ばれた。ハッピースプリントは2013年にもNARグランプリ年度代表馬と2歳最優秀牡馬に選ばれており、2014年は3歳最優秀牡馬にも選出されている。JRAのトップホースとも肩を並べて走る実力を持っているので、これからも地方競馬の代表として頑張ってもらいたい。

インスタントジョンソンじゃいの12R予想!1月17日の結果発表!

inyofu 中山12R
◎⑩マイネオーラム
○⑤ディスキーダンス
▲④レイズアスピリット
△③タケルラムセス
△②イメージガール
△⑯ドラゴンズタイム
△⑨マイネルリード

叩いた効果に期待。実力通りならここでは力は上。柴田大地騎手も絶好調。
inyofu 京都12R
◎⑪ガンジー
○⑨ショコラブラン
▲⑩コールサインゼロ
△⑥バリキ
△②アドマイヤビジン
△⑤テーオーソルジャー
△⑭デオヴォレンテ

前走は窮屈になり前塞がったので度外視。1200も問題ない。あとは展開次第。
1月17日の結果は

中山12R
◎⑩マイネオーラム
単勝的中!オッズは9.8倍!

京都12R
◎⑪ガンジー
○⑨ショコラブラン
▲⑩コールサインゼロ
パーフェクト的中!!3連単で76.5倍!

妙味が無い中京はパスしつつ、賭けたレースはきっちり勝つ!
じゃいさんのずば抜けた勝負勘を見せつける結果となった。

2016年1月第3週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】。 
3つの重賞が行われた先週のJRAだが
日経新春杯では、2番人気レーヴミストラル
京成杯では、5番人気プロフェット
愛知杯では、8番人気バウンスシャッセ
がそれぞれ制した。
日経新春杯を制したレーヴミストラルは、昨年春の青葉賞以来となる2つ目のタイトルを獲得。昨年のクラシックこそ日本ダービーで9着になったのみだが、早くからGI級のポテンシャルを秘めていると噂されていた素質馬だけに、今年の躍進が楽しみだ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line