TOP > 調教師 > 実は高学歴の人が多い!競馬調教師まとめ
調教師

実は高学歴の人が多い!競馬調教師まとめ

競馬界ではなくてはならない存在。それが調教師である。実際に馬が強くなるか否かはこの調教師に左右されると言っても過言ではない。 本記事では、あえて調教師にならなくても、別の世界でも大活躍していた可能性がある高学歴の調教師を中心に紹介したい。
調教師

藤沢和雄

inyofu 藤澤 和雄(ふじさわ かずお、1951年9月22日 - )は、中央競馬(JRA)・美浦トレーニングセンター所属の調教師。
inyofu 畜産大学卒業後イギリスに渡り、競馬の街ニューマーケットで本場の調教と競馬を4年間学んだ。
2016年度 リーディングトレーナー2位(2016年11月17日現在)

上原博之

inyofu 上原 博之(うえはら ひろゆき、1957年1月25日 - )は、日本中央競馬会(JRA)に所属する調教師。主な管理馬にGI競走で5勝を挙げたダイワメジャーがいる。所属場は美浦トレーニングセンター。茨城県土浦市出身、茨城県立土浦第三高等学校を経て中央大学法学部卒。
父親は獣医師。法学部卒でイギリスにも留学し、調教師の中でも1、2を争う高学歴の持ち主である。

矢作芳人

inyofu 矢作 芳人(やはぎ よしと、1961年3月20日 - )は、日本中央競馬会(JRA)の栗東トレーニングセンターに所属している調教師。東京都出身。開成高等学校卒業。
inyofu 芳人いわく少年時代は勉強ができ、神童のような扱いを受けていたという。私立小学校を経て開成中学校に入学。しかし同中学校で自分より勉強のできる人間がいると知った芳人は勉学への熱意を失い、テニスに熱中する。開成高校時代には全国私立高校選手権の東京代表に選出されたという。
東京大学合格者数が32年連続でトップの開成高等学校を卒業。
2016年度 リーディングトレーナー1位(2016年11月17日現在)

堀宣行

inyofu 堀 宣行(ほり のりゆき、1967年11月9日 - )は日本中央競馬会 (JRA)に所属している調教師。
inyofu 2002年に調教師免許を取得し、2003年に厩舎を開業。
inyofu 日本大学の商学部に通っている時に、実家の近くにある中山競馬場で、誘導馬の世話をするアルバイトをしていたそうです。
大学卒業後、一度はサラリーマンになるも馬の仕事につきたいと諏訪富三厩舎で厩務員、二ノ宮敬宇厩舎で調教助手を得て調教師になる。

池江泰寿

inyofu 池江 泰寿(いけえ やすとし、1969年1月13日 - )はJRAの調教師。東山高等学校を経て同志社大学卒業。栗東トレーニングセンター所属。
inyofu 父は元調教師の池江泰郎、従兄弟に池江敏行調教助手、伯父に池江敏郎元厩務員がいる。同級生に武豊がおり、幼馴染みである。中学時代に騎手を志したが、身長が伸びたために騎手になるのを断念した。。
グレード制導入後では、最年少ダービー優勝調教師となる記録保持者。父泰郎と共に親子で三冠馬を管理した調教師である。
2016年度 リーディングトレーナー3位(2016年11月17日現在)

大久保洋吉

inyofu 大久保 洋吉(おおくぼ ようきち、1944年10月15日 - )は、日本中央競馬会(JRA)・美浦トレーニングセンターに所属していた元調教師。大久保末吉の長男として生まれ、早稲田大学理工学部卒業後、建築士を経て競馬界に入る。1976年に調教師免許を取得し、1990年代後半にGI競走5勝を挙げたメジロドーベルなど数々の活躍馬を管理した。
早稲田大学卒で、競馬界では異例の「一級建築士資格」を取得している。

白井寿昭

inyofu 白井 寿昭(しらい としあき、1945年1月13日 - )は、日本の競馬評論家。日本中央競馬会(JRA)の元調教師。
inyofu 立命館大学入学後、迷うことなくマンドリンクラブに入部。
(補足・・・競馬界では珍しい大卒です)

厩務員試験の面接で、何で厩務員になりたいのかと訊かれ、「ダービー馬を育てる調教師になりたい」 と場違いな発言。面接官を絶句させる。

調教師試験は毎年、合格率が1割にも満たない難関である。高学歴だからといっても合格する見込みは低い。
しかし、相当な知識や経験がないと、長い間、調教師として競馬界で活躍するのは困難である。
その観点からすると、調教師に高学歴の持ち主が居ても、なんら不思議ではないということがわかる。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line