TOP > エンタメ・雑学 > 2016年1月第4週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】
エンタメ・雑学

2016年1月第4週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】

2016年1月第4週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】。
AJCCでディサイファを駆った武豊騎手が、30年連続JRA重賞制覇という大記録を達成。その裏では何が起こっていた!?
馬キュレ

【石清水S】ラングレーが5勝目!3度目のオープン入りへ

inyofu 1月24日、京都競馬場で開催された第11R・石清水S(1600万下、芝1600m)は、道中中団を進んだ2番人気ラングレー(牡5、栗東・矢作)が、直線、内ラチ沿いからスルスルと抜け出し逃げ馬を捕らえると、最後まで脚色が鈍ることなく、2着馬の追い上げを僅かにしのぎ1着でゴールに飛び込んだ。勝ちタイムは1分33秒8(良)で、鞍上は川田騎手。
動画を見る
ラングレーが5度目の勝利をあげ、3度目のオープン入りを果たした。リアルスティールやプロディガルサンの全兄として素質を期待されるも、これまでは鳴かず飛ばずの戦績だった。5歳馬となってから幸先の良いスタートを切れたので、これからのレースに期待したい。

2冠馬ドゥラメンテ 復帰は中山記念か

inyofu 日本ダービー(GI、芝2400m)などを制し2015年度のJRA賞最優秀3歳牡馬となったドゥラメンテ(牡4、美浦・堀)が1月19日午前、美浦トレセンの堀厩舎に帰厩した。同馬は日本ダービーの後に骨折が判明、北海道のノーザンファーム早来に放牧され休養に入っていた。
昨年の2冠馬ドゥラメンテが遂にターフに帰ってくる。復帰は2月28日の中山記念を予定しており、クラシック戦線でライバルとして覇を競い合ったリアルスティールも出走予定だ。古馬になった彼らの活躍が今から待ち遠しい。

キングカメハメハの父キングマンボが死す

inyofu 20日、エルコンドルパサーやキングカメハメハなどを送り出し、日本競馬界に多大な影響を与えたキングマンボ(牡26)が老衰のため、安楽死となったことがわかった。同馬をけい養するレーンズエンドファームが発表している。
inyofu 同馬は父が大種牡馬ミスタープロスペクター、母がBCマイル連覇などGI10勝の名牝ミエスクという血統。現役時には仏2000ギニー、セントジェームズパレスS、ムーラン・ド・ロンシャン賞などGI3勝をマークし、血統に違わぬ高い競走能力を示した。産駒にもそれが受け継がれ、種牡馬入り後はエルコンドルパサー(ジャパンCなどGI3勝、凱旋門賞2着)やキングカメハメハ(日本ダービーなどGI2勝)などを輩出。85頭以上のステークスウィナー、50頭の重賞勝ち馬、そして24頭のGI馬を世に送り出している。
日本のみならず世界でも産駒が活躍している名種牡馬キングマンボがこの世を去った。日本競馬界ではサンデーサイレンス系と並んで活躍している血統と言っても過言では無く、彼の優れた血統はキングカメハメハらが受け継いでくれるだろう。

今年のクラシック候補シルバーステートが屈腱炎を発症 全治は未定

inyofu 未勝利戦、そして紫菊賞と連勝し、今年の牡馬クラシック候補の一頭と数えられていたシルバーステート(牡3、栗東・藤原英)が、屈腱炎を発症したことがわかった。本日21日に、同馬を所有するG1サラブレッドクラブのホームページ上で発表された。現在のところ全治は未定で、後日、改めて精密検査を受ける見込み。
今年のクラシック候補シルバーステートが屈腱炎を発症し、長期戦線離脱を余儀なくされた。まだ全治は未定だが、皐月賞は絶望的で日本ダービーにも間に合わない可能性が高い。

インスタントジョンソンじゃいの12R予想!1月24日の結果発表!

inyofu 中京12R
◎⑧リアルヴィーナス
○①レッドカーラ
▲②コスモドーム
△⑨ブリクスト
△⑫スマートプラネット
△⑬リンガディンドン
△⑯プルメリアスター

叩いて変わり身ある。上手く捌ければ面白い。
inyofu 中山12R
◎③ロジダーリング
○⑤ビヨンジオール
▲⑪ルナプロスペクター
△①パワースラッガー
△⑫ストリートキャップ
△④レッドルモンド
△⑩ハイアーヴォルト

休養明けだが、仕上がりは悪くなさそう。鉄砲もきくし中山も合う。力は上。
inyofu 京都12R
◎⑩ウォーターショパン
○⑦ラディカル
▲②カネトシビバーチェ
△⑨ブルームーン
△①カメット
△④ソラニー
△⑬リバーソウル

前走は発馬で躓き、3角で前が塞がる不利。このクラスでも十分通用する。
1月24日の結果は

中山12R
◎③ロジダーリング 2着
○⑤ビヨンジオール 1着
△①パワースラッガー 3着
馬連オッズ8.7倍
3連複オッズ15倍的中!

京都12R
▲②カネトシビバーチェ 1着
穴狙いの▲的中!単勝オッズ10.4倍

買い方次第ではあるが、オッズ的にもおいしい的中が多数!先週に引き続き好調を維持!

2016年1月第4週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】。  
2つの重賞が行われた先週のJRAだが
AJCCでは、2番人気ディサイファ
東海Sでは、4番人気アスカノロマン
がそれぞれ制した。
アスカノロマンは東海Sでの勝利で、2月21日に東京競馬場で行われるフェブラリーSの優先出走権を獲得した。
AJCCを勝ったディサイファはこれまで2000mを超える距離では勝ち星がなかったが、7歳になって2200mを克服し4度目の重賞制覇を果たした。鞍上の武豊騎手はこの勝利により30年連続JRA重賞制覇を成し遂げ、自身の持つ記録を更新した。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line