TOP > レース > 「ビッグアーサー」絶対的なスピード!素質はすべて兼ね備えている【スプリンターズS】
レース

「ビッグアーサー」絶対的なスピード!素質はすべて兼ね備えている【スプリンターズS】

デビューから5連勝で挑んだ北九州記念では2着、その後は3度も1番人気で重賞に挑戦するも勝利をもぎ取る事は出来なかったビッグアーサー。そんな中でも高松宮記念でも1番人気に支持され、横綱相撲の競馬でレコード勝利を収めた。前走セントウルSでは逃げ切り勝ちを決め、トライアルを最高の形で終えた。春秋連覇に向けて視界良好なビッグアーサーについてまとめてみた。
ビッグアーサー

【シルクロードS】外を回るロスが大きく…

比較的いいスタートを切ると控えて中団で脚を溜めてレースを進める。大外枠だったこともあり道中は外を回されて直線でも大外から差してくるも5着に上がるのがいっぱいだった。
動画を見る
inyofu 5着 ビッグアーサー(藤岡健一調教師) 「敗因は外枠でしょうね。外を回らされる形になったのがこたえました」

【高松宮記念】コースレコードでのGI制覇!

重賞勝利を手にしないまま挑んだ高松宮記念。好スタートから逃げ馬3頭を前に見る絶好のポジショニング。勝負所で前を行く馬の外を回り、直線に向かう。先に抜け出したミッキーアイルを目標にし、残り100mで完全に捕え、そのままゴールイン。
動画を見る
inyofu 1着 ビッグアーサー(福永騎手) 「展開は理想的でスムースなレースが出来ました。今日は馬場が良かったので、スタートだけはしっかり決めないと、と思いレースをしました。位置取りは思っていた通りでしたが、前に行った馬がしぶとい中、本当によく頑張ってくれました。この馬はサクラバクシンオーの子供らしくスプリンターの体つきで、スピードの持続力もあります。これからのスプリント戦線で頑張ってもらいたいですね」

【セントウルS】まさかの逃げ切り!スピードを見せつける!

圧倒的な一番人気で迎えたセントウルS。好スタートから先手を主張。外のスノードラゴンが競りかけるもハナは譲らず。前半600m33.1のハイペースも抜群の手応えで直線へ。最後は差を詰められるも余裕のゴールインであった。
動画を見る
inyofu 1着 ビッグアーサー(福永祐一騎手) 「スタートだけ注意していました。メンバーから考えてそれほど流れは速くならないだろうと考えていたので、それなら先手をとることも考えてレースに臨みました。やはり仕掛けると、ガツンとハミをとるところがあります。それでも、もともとのスピードの持続力が高いので、最後まで脚がおとろえることはありませんでした。どんなレースでも出来る馬ですが、タイトルを獲ったことによって、追われる立場になりましたから、これからは今日のような王道レースで、正攻法のレースで次のタイトルを獲りに行きたいですね。久々のレースでしたが58キロを背負って勝ったことは非常に価値のあることです。それに大型馬ですから、使われた上積みも大きいでしょう。疲れを癒して、いい状態で大舞台に出てほしいですね。次は相手も強くなりますが、すきもなくなってきました。楽ではありませんが、不安なく、臨めます。もうひとつのGIを取りたいですね」

【スプリンターズS追い切り】使って馬体がスッキリ!

inyofu ビッグアーサー(牡5、藤岡)が28日、栗東坂路で追われ、ゴール前でステッキが1発入って4ハロン52秒5-12秒8をマークした。
inyofu 「馬場の重い時間帯でしたが、しっかり負荷をかけられたのは良かった。休み明けのセントウルSの時は少し脂肪が残っていたけど、使ってスッキリしてきたね。この1本でさらにトモに張りが出てくるだろうし、高松宮記念の時と比べても遜色はないと思う」と出来に自信を持っていた。

同年の高松宮記念出走馬が優勢

inyofu 過去10年の出走馬について、同年の春に行われた高松宮記念での着順別成績を調べると、「1~3着」の各組が25%以上の連対率をマークして上位となるなど、同年の高松宮記念に出走していた馬が不出走だった馬を好走率で上回っている。同年の高松宮記念の出走経験や、そこでの着順はチェックしておいた方がよいだろう。

前走は初めての58kgを背負いながらも逃げ切りを収めた。当然鞍上のみならず掛かる期待は大きい。ほとんどの馬と勝負付けは済んでおり、展開も不問で、不安材料が見つからない。史上5頭目の春秋スプリントGI制覇に向けて王者らしいレースを期待したい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line