TOP > 馬主 > 「アドマイヤ」で知られる有名馬主、近藤利一氏
馬主

「アドマイヤ」で知られる有名馬主、近藤利一氏

アドマイヤベガ、アドマイヤグルーヴ、アドマイヤムーンなど数々の名馬を輩出した近藤利一オーナーの所有の名馬をまとめてみた。
馬主

日本を代表する有名馬主 近藤利一氏

数々のGI勝利馬を所有している「合建株式会社」代表取締役会長である近藤利一氏。
日本馬主協会連合会の労務・預託委員長、日本中央競馬会運営審議会委員を務めている。

アドマイヤベガ

1999年、武豊騎乗で東京優駿で優勝した名馬アドマイヤベガ。
母は桜花賞・優駿牝馬(オークス)を勝った名牝、ベガである。
動画を見る
inyofu 父の、母の、そしてこの馬自身と騎手の名にこれ以上の傷を残さないためにも、日本ダービーはどうしても負けられない戦いといえたはずだ。そしてアドマイヤベガと武騎手のコンビは、その情熱の通り渾身のレースぶりを見せてくれた。
inyofu 残り50m、内で叩き合う2頭に並んだアドマイヤベガは最後の最後にキッチリと差し切ると、ダービーレコード・タイ記録となる2分25秒3をマークしてゴールへと飛び込む。と同時に武騎手は、前年のスペシャルウィークに続き、史上初となる日本ダービー連覇を達成する。

三強対決という構図が、アドマイヤベガの潜在能力を十二分に引き出し、名勝負と偉大なる記録を生んだ、そんなレースだったといえるのではないだろうか。

アドマイヤグルーヴ

2003、2004年のエリザベス女王杯連覇など目覚ましい活躍をしたアドマイヤグルーヴ。
動画を見る
動画を見る

アドマイヤムーン

2007年のドバイデューティーフリー、宝塚記念、ジャパンカップなどに優勝し、その年の年度代表馬にも選出されたアドマイヤムーン。
動画を見る
日本馬で初のドバイデューティーフリーを制したアドマイヤムーン。近藤利一オーナーも海外GI初制覇であった。

数々の名馬を世に輩出した日本を代表する馬主である近藤利一氏。今回紹介した以外にもアドマイヤボサツ、アドマイヤドン、アドマイヤホープ、アドマイヤジュピタなど多くの名馬を所有しており、それぞれがGIで輝かしい勝利を上げている。また、近藤利一氏は武豊騎手と関係が深く、彼が騎乗した馬もまた、数々のレースを制して来た。今後も「アドマイヤ」を冠した名馬が誕生することを期待したい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line