TOP > 競走馬 > 「モーニン」体に張りが出て動きも絶好!【チャンピオンズC】
競走馬

「モーニン」体に張りが出て動きも絶好!【チャンピオンズC】

今年のフェブラリーSの覇者モーニンがチャンピオンズCに出走する。3歳5月で遅いデビューを迎えると、破竹の4連勝でオープン入り。フェブラリーSでは早め先頭から押し切る強い競馬を見せ、7戦6勝でGⅠタイトルを奪取した。その後勝ち星には恵まれていないが、2走前の日本テレビ盃では後にJBCクラシックを制するアウォーディーと一騎打ちを演じ、アタマ差の2着とトップクラスの実力を見せている。前走の武蔵野Sは不利に泣く形になったが、大舞台でリベンジに燃える。そんなモーニンについてまとめてみた。
モーニン

【フェブラリーS】7戦6勝でGⅠ初制覇!

まずまずのスタートを切ると、スタート200mでは後ろから5頭目までポジションを下げるが、すぐに外から追い上げて、4コーナーでは4番手まで進出する。残り200mで力強い末脚を繰り出し馬群から抜け出すと、そのまま押し切り快勝。7戦6勝でGⅠタイトルを手に入れた。
動画を見る
inyofu 1着 モーニン(M.デムーロ騎手) 「私自身、ダートはよくないと言われていましたが、チャンピオンズC、そしてフェブラリーSを勝ち、ダートが上手になりました(笑)。フェブラリーSはフリオーソ、イーグルカフェで惜しいレースをしていましたし、勝てて本当に嬉しいです。モーニンは初めて乗りましたが、これまでのレースを見ていて、すごく強い馬だと思っていて、乗ってみたいと思っていました。スタートは上手ではないけど、ダッシュがいいと聞いていました。その通りで、とても真面目な馬ですし、いい位置をとれたので、勝てると思いました。直線で早めに先頭に立って、物見をしていて危ないと思いましたが、最後までがんばってくれました。本当にすごい馬です。距離は1400~1600mがベストだと思います。今年最初のGIを勝てて、とても嬉しいです。GIは全部勝ちたいです」
inyofu (石坂正調教師) 「思っていたよりも位置取りは後ろでしたが、これまでとは違う競馬で、新たなモーニンが見られました。あらためてモーニンはすごい馬だと思いました。ヴァーミリアンとはまた違う、スピードのかった馬ですが、今日で距離をこなせることがわかりましたから、今後の選択肢が広がりました。限られた中ではありますが、またいろいろ考えていきたいと思います」

【日テレ盃】粘り腰を発揮し2着!

初めての1周コースでの競馬となった前走のかしわ記念では先手を奪えず8着と惨敗。4ヵ月半ぶりの休み明けで挑んだ日本テレビ盃では58キロを背負うこととなる。逃げる馬が他にいなかったためすんなりとハナを奪うと、アウォーディーにマークされる形になりながらも軽快に逃げていく。3コーナーでペースを上げ逃げ切りを図ったものの、アウォーディーは楽な手応えで併走し、残り200mで交わされてしまう。それでも二枚腰でアウォーディーに懸命に食らいつき、アタマ差の2着でゴールした。
動画を見る
inyofu 2着 モーニン(戸崎圭太騎手) 「スピードのある馬ですし、行く馬もいませんでしたからね。休み明けはピリピリする面がありますし、距離がどうかとも思いましたが、負けはしましたけど、いい勝負ができました。距離は大丈夫だと思いますし、収穫ある一戦でした」

【武蔵野S】スムーズさを欠く展開で惨敗・・・

まずまずのスタートを切り、ドリームキラリやタガノトネールを見るよう形で3番手集団につける。しかし、3コーナー入り口で他馬と接触してしまうと、勝負どころでも伸びあぐね7着に敗れた。
動画を見る
inyofu ▼7着モーニン(戸崎)3角の入りで他馬と接触して変な形になってしまい、4角で速くなった時に置かれた。重量もあったのかな。

【チャンピオンズC】直前情報!パワフルな走り!

inyofu 栗東坂路で単走。ラストで少し仕掛けられただけだったが、いつもどおりのパワフルな身のこなし。ラスト2Fを12秒0-12秒0でしっかりまとめた。
inyofu  「中2週だけど、GIを意識してしっかりと調整。馬体の張り、息づかいもいい。前走は道中でぶつけられたりして、力を出せなかった。力負けだとは思わない。筋肉の付き方もいいし巻き返せる態勢だ」と濱名助手。
inyofu 戸崎騎手も「前走は3角で外から押されて、ぶつけられた。もまれる競馬は初めてだったし、スムーズに走れなかった。状態はいいと聞いているし、前々走(日本テレビ盃2着)では、かわされてからゴール前で差し返しているので距離は問題ない」と闘志満々。

【騎手】当該コースで好成績!戸崎圭太

モーニンの手綱を取るのは戸崎圭太騎手。今年は170勝を挙げ全国リーディングトップ。11月26日の東京開催でも6勝を挙げ好調をキープしている。そんな戸崎騎手は中京ダート1800mでは過去4年で(4・1・2・11)、複勝率38.9%、単勝回収率143%と好相性を見せている。
動画を見る

このレースでの課題は1周競馬を克服できるかになりそうだが、日本テレビ盃のように自分の望んでいるポジションを楽に確保できるかどうかに懸かってくる。また、前走のように馬ごみの中で不利を受けないようスムーズなレース運びをしていく必要もある。条件がはまれば、あの力強い粘り腰が発揮されるのは確実だ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line