TOP > 競走馬 > 「モーニン」去年より強くなっている!力を発揮させ連覇へ【フェブラリーS】
競走馬

「モーニン」去年より強くなっている!力を発揮させ連覇へ【フェブラリーS】

2016年のフェブラリーステークスを制したモーニンが王座防衛に向けて今年のフェブラリーステークスにも出走する。昨年は破竹の勢いで一気にダート界の主役にまで上り詰めたが、その後は一転して結果の伴わないレースが続いている。レコード勝ちするだけの実力を持ち合わせていることは確かなだけに、今回の大舞台は正念場の一戦となるだろう。そんなモーニンについてまとめてみた。
モーニン

【フェブラリーS】7戦6勝でGⅠ初制覇!

まずまずのスタートを切ると、スタート200mでは後ろから5頭目までポジションを下げるが、すぐに外から追い上げて、4コーナーでは4番手まで進出する。残り200mで力強い末脚を繰り出し馬群から抜け出すと、そのまま押し切り快勝。7戦6勝でGⅠタイトルを手に入れた。
動画を見る
inyofu 1着 モーニン(M.デムーロ騎手) 「私自身、ダートはよくないと言われていましたが、チャンピオンズC、そしてフェブラリーSを勝ち、ダートが上手になりました(笑)。フェブラリーSはフリオーソ、イーグルカフェで惜しいレースをしていましたし、勝てて本当に嬉しいです。モーニンは初めて乗りましたが、これまでのレースを見ていて、すごく強い馬だと思っていて、乗ってみたいと思っていました。スタートは上手ではないけど、ダッシュがいいと聞いていました。その通りで、とても真面目な馬ですし、いい位置をとれたので、勝てると思いました。直線で早めに先頭に立って、物見をしていて危ないと思いましたが、最後までがんばってくれました。本当にすごい馬です。距離は1400~1600mがベストだと思います。今年最初のGIを勝てて、とても嬉しいです。GIは全部勝ちたいです」
inyofu (石坂正調教師) 「思っていたよりも位置取りは後ろでしたが、これまでとは違う競馬で、新たなモーニンが見られました。あらためてモーニンはすごい馬だと思いました。ヴァーミリアンとはまた違う、スピードのかった馬ですが、今日で距離をこなせることがわかりましたから、今後の選択肢が広がりました。限られた中ではありますが、またいろいろ考えていきたいと思います」

【武蔵野S】スムーズさを欠く展開で惨敗・・・

まずまずのスタートを切り、ドリームキラリやタガノトネールを見るよう形で3番手集団につける。しかし、3コーナー入り口で他馬と接触してしまうと、勝負どころでも伸びあぐね7着に敗れた。
動画を見る
inyofu 7着モーニン(戸崎)3角の入りで他馬と接触して変な形になってしまい、4角で速くなった時に置かれた。重量もあったのかな。

【チャンピオンズC】もまれる形になり惨敗

外枠からスタートするとダッシュ良くすぐに前目の位置へつけるが、鞍上の戸崎騎手がペースを判断して向こう上面では位置を下げての競馬を選択する。しかし、ここで砂を被ったことがあだとなってしまい、戦意を喪失したモーニンは3、4コーナーではずるずると後退してしまう。直線に入ってある程度は盛り返したものの、コーナーで空いた差は大きく、7着と惨敗した。
動画を見る
inyofu 戸崎騎手は「砂をかぶってひるむところがあった」と向こう正面で位置を下げた場面を悔いた。

【フェブラリーS】最終追い切り情報 自己ベスト更新の走り!

モーニンは15日、栗東坂路で最終追い切りを行った。
inyofu 単走ながら50秒4―11秒9の自己ベストをマーク。「先週、併せ馬でやっているので控えるつもりだったが、ちょっと速くなった」と石坂調教師が振り返ったように想定外のタイムとなったが、もともと調教は動くタイプ。

東京・ダート1600mの戦績に注目!

2016年のフェブラリーステークスを制していることからも、東京・ダート1600mへの適性は示しているモーニン。この距離は特殊条件と言われているだけに、そこでの戦績はやはり重要になるなるはずだ。そこで過去5年の優勝馬5頭の東京・ダート1600mの戦績を調べてみると、いずれもオープンクラス以上のレースで3着以内に入っていることが分かった。やはりこのコースは、対応できる馬が限られており、対応できない馬にとっては厳しいコースなのだろう。
inyofu 過去5年の優勝馬5頭は、いずれも“東京・ダート1600mで行われたオープンクラスのレース”において3着以内に入った経験がある馬だった。

昨年のフェブラリーSでレコード勝ちを収めていることからも、スピードはメンバー中トップクラスであることは実証済みであり、また、もまれて砂を被る形になるのがダメということも今までのレースで分かってきた。今回鞍上に迎えるR・ムーア騎手は、知ってのごとく世界一の称号を持つ名手。能力勝負に持ち込んできたら、やはりモーニンが上位争いをするのは必須だろう。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line