TOP > コラム > こりゃ深すぎるww覆面馬主【砂の6号】1月30日(土)東京9R・京都7R・北山S予想
コラム

こりゃ深すぎるww覆面馬主【砂の6号】1月30日(土)東京9R・京都7R・北山S予想

覆面馬主 砂の6号
どうも。☆覆面馬主・砂の6号☆です。

先日、3月に行われるドバイワールドカップデーに予備登録した日本馬が発表されました。

ホッコータルマエのワールドカップ3度目の挑戦など、いろいろと見所はありますが、個人的に最も注目しているのはUAEダービーに登録した3歳馬のラニ。

ラニは、父が米国リーディングサイアーのTapit、母が天皇賞馬ヘヴンリーロマンスという筋金入りの良血馬。 兄弟にはアウォーディー(兄)、アムールブリエ(姉)といった重賞馬がおり、ラニもこれまで4戦2勝と早くも素質の片鱗を見せています。

そして、年初には同馬を管理する松永幹夫調教師から北米最高峰のケンタッキーダービー挑戦プランが発表され、2着までに同レースの優先出走権が与えられるUAEダービーからケンタキーダービーへというローテーションも明らかになりました。

UAEダービーといえば、昨年同じTapit産駒のゴールデンバローズが果敢に挑戦し、3着に敗れたレース。 はたして、ラニは同じ日本調教馬としてリベンジを果たすと共に、夢のケンタッキーダービーへの切符を手にすることが出来るでしょうか?

なお、ラニはUAEダービーのステップとしてヒヤシンスS(OP、2月21日)への出走を予定していますので、遠征前に“ひと目みたい”という方は、ぜひ東京競馬場まで脚を運びましょう。


さて。
いつもの予想に行く前に、今回は京都メインの北山S(1600万下)について少しだけ。
前走を大差で圧勝したブチコは、その内容もさることながら走破時計も優秀でした。
前走だけ走れば昇級戦のここも、アッサリと通過できそう。また、平坦コースが得意な馬だけに、OPに昇格して交流重賞に出られれば、同期の女王ホワイトフーガの良きライバルになれそうです。

それでは、いつもの予想に参りましょう。
土曜日のターゲットは、ダート2100mで行われる東京9R『立春賞』(4歳上1000万円以下)。
昨年までは1回東京開催の芝コースで行われていたレースです。

まずは、恒例の簡単なコース説明から。

東京ダート2100mのスタート地点は、直線のゴール板手前。
最初のコーナーまでは約236mしかなく、スタートしてすぐに第1コーナーを迎える。そのため、外枠に入ってしまった先行馬は不利となる。
コーナーを4つ回るコースのため、やはり逃げ先行馬が有利で、勝率の50%以上を占める。
しかし、東京コースらしく長い直線を利して差しが届く展開となることも少なくない。
そのほかの特徴としては、上がりが早くなる傾向があり、好位からでも早い脚が使える、いわゆる決め手のある馬が理想的。

このコースの種牡馬データも載せておくので、ご活用ください。

★東京ダート2100m 種牡馬データ(2011~15年、勝ち数トップ10以内の種牡馬が対象)
・最多勝:キングカメハメハ(17勝)
・勝率 :マンハッタンカフェ(約16%)
・連対率:キングカメハメハ(約27%)
・単回収:ハーツクライ(回収値356)
・複回収:ハーツクライ(回収値132)

勝ち数はキングカメハメハが断トツの1位で、2位に8勝の差をつけている。
その他では、ベスト10のうち6頭を占めるサンデー系が好相性。


★☆土曜東京9R・『立春賞』の予想☆★
参考にするのは1回東京開幕週に同コースで行われた、2011、12、15年の1000万下平場レース。

①配当
過去3回の馬連配当は870円、570円、3,190円。

②人気
過去の連対馬の人気 ※括弧内は左が1着
2015( 1→3人気)
2012( 1→3人気)
2011( 2→7人気)

1~3番人気が5連対と堅い傾向だが、過去3回の3着は9、8、6番人気といずれも人気薄の馬だった

③性齢と斤量
過去の連対馬の性齢と斤量  ※括弧内は左が1着
2015(牡4_56.0→牡4_56.0)
2012(牡4_56.0→牡4_56.0)
2011(牡6_57.0→牡4_56.0)

4歳馬が5連対で優勢

④位置取り
連対馬の4角位置  ※括弧内は左が1着
2015(3→ 2番手) 重
2012(3→ 7番手) 良
2011(1→11番手) 良

好位3番手内に付けた先行馬が4連対で優勢

⑤所属
過去3回の連対馬は、すべて関東馬

⑥種牡馬
複数の連対馬を出している種牡馬はいない

⑦騎手
複数回連対している騎手はいない

さらに、連対馬に関する前走データから目に付いた項目は以下のとおり。

⑧前走間隔
連対馬6頭中5頭が、前走12月以降のレースに使われていた。
残りの1頭の前走は4月だった

⑨前走コース・距離
連対馬の前走コースと距離は以下の通り
中山ダ1800m:3頭
中京ダ1900m:1頭
中山ダ2400m:2頭

前走中山コースが5連対で優勢

⑩前走レース・着順
連対馬の前走クラスは以下の通り(括弧内は着順)。
前走・3歳OP:1頭(2)
前走・1000万下:4頭(2、3、6、9)
前走・500万下:1頭(1)

前走1000万下組が4連対で最多

⑪1000万クラス実績
過去の連対馬6頭中5頭は、1000万以上のクラスで5着以内の実績があった。
例外の1頭は、1000万クラスは未経験だった

⑫左回り実績
過去の連対馬6頭中5頭は、左回りのコースで勝利実績があった

データは以上。

立春賞としてのデータではないので信頼度はそれなりの感じだが、傾向としては12~1月の中山開催を順調に使われてきた馬が好走している。
さらに、過去3回の優勝馬はいずれも先行馬で、降雨の影響がありそうな今週末は、この傾向がさらに顕著になりそうだ。

☆東京9R・結論☆

 ◎⑯ステージジャンプ
 ○⑨ショウナンバローネ
 ▲⑧カレングラスジョー
 ☆①ポルトボナール
 △③ハナズリベンジ
 △⑥ロックキャンディ
 △⑦ジャッカスバーク
 △⑩ドラゴンキングダム

今回、本命に推したいのは先行馬◎ステージジャンプ。
前走は9着と振るわなかったが、近走の成績から東京コースの方がいいタイプで、コース替わりがプラスに働く今回は見直しが可能。
さらに、不良馬場で500万下を勝っているように当日の降雨も味方しそうで、内の馬を見ながらポジションが取れる大外枠も歓迎のクチだろう。
人気ほど実力差のないメンバーだけに、今回はこの馬のコース相性と先行力に期待したい。

○は、クラス3戦目で前進が見込めるショウナンバローネ。

▲は、2走前の内容が良かったカレングラスジョー。

☆と△は、成績やこのコースと相性の良い騎手・種牡馬データを中心にピックアップ。

馬券の本線は単勝と馬単

 単勝⑯
 馬単⑯ ⇔ ⑨⑧①③⑥⑦⑩

少額で軸1頭の三連複

 ⑯ = ⑨⑧①③⑥⑦⑩


-----------------------
★☆おまけ、の京都7R『4歳上500万以下』の予想☆★

おまけは、京都ダート1800mで行われる『4歳上500万下』をピックアップ。

このレースで注目したいのは、デムーロ騎手が乗る◎オールマンリバー。

第1回京都開催では、デムーロ騎手がダート戦で大活躍。
今年挙げた全16勝のうち、12勝を京都ダートで挙げている。

おそらく2回開催もこの傾向は続きそうで、引き続き注目が必要だろう。

オールマンリバーは、最近こそ芝レースをメインに使われているが、もともとはダートで未勝利戦を勝ち上がった馬。
その直後にダートの500万下を2度使われ、いずれも4着に終わっているが、その2戦のメンバーが中々のハイレベルだった。
--------------
☆15年2月1日 3歳500万下☆
京都ダート 1800m ※矢印の右は現クラス
1着ブチコ       ←1600万
2着バスタータイプ   ←OP
3着オールブラッシュ  ←1000万
4着オールマンリバー  ←☆注目
5着サージェントバッジ ←OP
--------------
☆15年2月15日 3歳500万下☆
京都ダート 1800m ※矢印の右は現クラス
1着テイエムグンカン  ←1600万
2着レッドルグラン   ←1600万
3着サージェントバッジ ←OP
4着オールマンリバー  ←☆注目
5着ショウナンバローネ ←1000万
--------------
約1年ぶりのダートに戸惑わなければ、500万下は突破できそうだ。

☆京都7R・結論☆

 ◎⑥オールマンリバー
 ○⑦ドラゴンバローズ
 ▲①ニシオボヌール
 ☆②マッシヴランナー
 △③グレンガイル
 △④ウェーブキング
 △⑩ゼンノスサノヲ
 △⑫セレブレイトソング

馬券の本線は単勝と馬単

 単勝⑥
 馬単⑥ ⇔ ⑦①②③④⑩⑫

少額で軸1頭の三連複

 ⑥ = ⑦①②③④⑩⑫

以上、6号でした。

私6号が担当するコラム
『砂の惑星から来た勇者たち』はこちら



※【うまヨミ】の登録はこちらより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line