TOP > コラム > 「砂の惑星から来た勇者たち」岩田康誠【1月30日版】
コラム

「砂の惑星から来た勇者たち」岩田康誠【1月30日版】

砂の惑星から来た勇者たち
どうも。☆覆面馬主・砂の6号☆です。

地方出身のジョッキーをクローズアップしてお届けする本コラム。

今週土曜日にピックアップするのは、今年これまで6勝(リーディング9位)とやや出遅れている岩田康誠騎手。

昨年の後半から続く不調から未だに脱せずにいる印象で、春のGIシーズンまでには何とか再浮上のキッカケを掴んで欲しいところです。

また、今年これまで挙げた6勝のすべてが1、2番人気と、人気サイドでしか結果を残せていないこと、そして6勝中5勝がダート戦であることは覚えておいて損はないでしょう。

やはり、いまの岩田騎手を狙うなら、人気馬に騎乗しているときが無難でしょうか。

それでは、以上を踏まえた上で、土曜日の騎乗馬をジャッジしていきたいと思います。
----
★☆【オススメのひと鞍!】☆★

■京都11R・◎ブチコ

岩田騎手が今年唯一2勝をマークしているのが、この京都ダート1800mのコース。
また、ブチコも京都コースは(3-1-0-0/4)と得意にしているだけに、ここは連勝の期待が掛けられる。
時計の早い馬場にも対応可能で、ここは通過点にしたい一戦だ

----
☆【その他の騎乗馬と評価】☆
----
■京都1R・▲シルバードリーム

揉まれない展開なら、前進がありそう

----
■京都2R・△キングラディウス

力はあるが、勝ち切るには展開の助けが必要

----
■京都3R・△ライジングスター

決め手を欠くタイプ

----
■京都5R・△ロビーナ

後方から行く馬だけに展開が向けば

----
■京都6R・▲スマートアンカー

素質はありそうだが、まだ頼りない面が残る。
まずは一度使ってから

----
■京都7R・△アーブル

実績のないダートだけに

----
■京都10R・○エイシンノーティス

前走からの上積みが大きく、牡馬相手でもチャンスがありそう

----
■京都12R・◎ショコラブラン

初の1200mでも見どころ十分だった前走内容から、この距離への適性は高そう。
2度目の慣れも見込めるだけに、ここは力が入る一戦だ。

----
今年の初勝利を大差勝ちで飾ったブチコとのコンビは、今後も要注目。
連勝を重ねて、再浮上のキッカケにして欲しいですね。

それでは、今年も地方出身のジョッキーを応援していきましょう!

以上、6号でした。



※【うまヨミ】の登録はこちらより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line