TOP > コラム > こりゃ深すぎるww覆面馬主【砂の6号】1月31日(日)京都6R・京都9R・根岸S予想
コラム

こりゃ深すぎるww覆面馬主【砂の6号】1月31日(日)京都6R・京都9R・根岸S予想

覆面馬主 砂の6号
どうも。☆覆面馬主・砂の6号☆です。

日曜は金沢競馬所属の吉原寛人騎手が、根岸Sに出走するサトノタイガー(浦和)とのコンビで、久しぶりにJRAへ参戦します。

吉原騎手は非常に腕の立つジョッキーで、所属の金沢競馬だけでなく、南関競馬や交流重賞にも頻繁に騎乗し活躍しています。
記憶に新しいところでは、昨年盛岡で行われた交流重賞マーキュリーカップをユーロビート(大井)で制し、中央馬相手に大金星を挙げました。
さっそく、明日も“何かやってくれそうだな”とチェックを入れているフリークも多いはず?
個人的に注目しているのは、根岸Sのサトノタイガーではなく、吉原騎手と手の合いそうな8Rのワイルドダラー。
内枠を上手く捌いて、馬群からグイグイと伸びてくるシーンを妄想?しています。

さて。
いつもの予想に行く前に、今回は東京メインのGIII・根岸Sについて少しだけ。
このレースで期待したいのは素質上位の4歳馬モーニンですが、根岸Sはとにかく差し馬が活躍するレース。
人気の先行馬が大外から一気に交わされて2、3着に惜敗するシーンは、今年も十分にありえそう。
そこで、馬券的に狙ってみたいのは強烈な末脚を持つアンズチャンとサクラエールの2頭。
モーニンからのオモテ、ウラの馬券を押えておけば、思わぬ好配当も期待できるでしょう。


それでは、いつもの予想に参りましょう。
日曜日のターゲットは、ダート1800mで行われる京都9R『大津特別』(4歳上1000万円以下)。
昨年までは2回京都開催の2週目に距離1900mで行われていたレースで、今年から少し条件が変わっています。

まずは、恒例の簡単なコース説明から。

京都ダート1800mのスタート地点は、直線のゴール板手前。最初のコーナーまでは約286m。
日本レコードが出るような高速馬場のため、基本は前に行った馬が止まらない。
どのクラスでも基本的には逃げ、先行組みが連対率70%ほどを占めているように前に行ける馬が有利。
前につけることができ、かつ早い上がりに対応できる馬に注目したい。

このコースの種牡馬データも載せておくので、ご活用ください。

★京都ダート1800m 種牡馬データ(2011~15年、勝ち数トップ10以内の種牡馬が対象)
・最多勝:キングカメハメハ(62勝)
・勝率 :キングカメハメハ(約16%)
・連対率:キングカメハメハ(約25%)
・単回収:アグネスタキオン(回収値142)
・複回収:ネオユニヴァース(回収値117)

キングカメハメハ強し!勝ち星では2位のゴールドアリュールに34勝もの差をつけており、この条件は大得意


★☆京都9R・『大津特別』の予想☆★

参考にするのは2011~15年に2回京都1週目に同コースで行われた1000万下平場レース。

①配当
過去5回の馬連平均配当は4,920円。
新しい順に1,250円、250円、16,750円、5,390円、950円。

荒れる年とそうでない年の差が激しい傾向

②人気
過去の連対馬の人気 ※括弧内は左が1着
2015( 1→4人気)
2014( 2→1人気)
2013(10→7人気)
2012( 5→4人気)
2011( 4→2人気)

1番人気は(1-1-0-3/5)という成績で信頼度は高くない。
その他では3連対している4番人気に注意したい

③性齢と斤量
過去の連対馬の性齢と斤量  ※括弧内は左が1着
2015(牡6_57.0→牡5_57.0)
2014(牡4_56.0→牡6_57.0)
2013(牡6_57.0→牡4_56.0)
2012(牡4_56.0→牡4_56.0)
2011(セ4_56.0→牡4_56.0)

4歳馬が6連対で優勢

④位置取り
連対馬の4角位置  ※括弧内は左が1着
2015(7→ 3番手) 重
2014(1→ 3番手) 良
2013(9→ 6番手) 良
2012(2→ 2番手) 良
2011(7→ 6番手) 良

脚質は先行、差しが5連対ずつで拮抗

⑤所属
過去5年の連対馬は、すべて関西馬だった

⑥種牡馬
複数の連対馬を出している種牡馬はいない

⑦騎手
複数回連対している騎手は小牧騎手で、現在2連勝中

さらに、連対馬に関する前走データから目に付いた項目は以下のとおり。

⑧前走間隔
連対馬10頭中8頭が、前走1月のレースに使われていた。
残りの2頭の前走は、共に11月だった

⑨前走コース・距離
連対馬の前走コースと距離は以下の通り
京都ダ1800m:9頭
京都ダ1900m :1頭

前走はすべて京都コース

⑩前走レース・着順
連対馬の前走クラスは以下の通り(括弧内は着順)。
前走・1000万下:9頭(2、6、2、2、5、7、5、8、3)
前走・500万下:1頭(1)

前走1000万下組が9連対で優勢。
また、過去5年の優勝馬はすべて前走5着以内だった

⑪前走の人気と着順
過去の連対馬は、前走で6着以内、または前走で6番人気以内のどちらかを満たしていた

データは以上。


データからは、過去5年の勝ち馬すべてにあてはまる“前走京都コースで行われた1000万下で5着以内”がひとつの基準といえそう。
今年のメンバーで、この条件を満たすのはアドマイヤランディ、エイシンナセル、テイエムジンソク、ヒデノインペリアル、メモリーシャルマンの5頭。
また、土曜の京都ダート(重)は圧倒的に前に行った馬が有利だっただけに、今回はこの5頭の中から前で競馬が出来る馬を上位に取りたい。

☆京都9R・結論☆

 ◎⑧ヒデノインペリアル
 ○①テイエムジンソク
 ▲⑬オルナ
 ☆⑩エイシンナセル
 △③アドマイヤランディ
 △⑥メモリーシャルマン
 △⑦シュミット
 △⑪オールブラッシュ

今回、本命に推したいのは◎ヒデノインペリアル。
前走はスタートがひと息で後方からの競馬となったが、それでも僅差の2着と好走したように、展開不問の安定感がある。
2走前に脚抜きの良い馬場で好走していることも心強く、少し間隔の空いた前走をひと叩きされた今回は、必勝の態勢だ。

○は、前走でヒデノインペリアルと接戦を演じた先行馬テイエムジンソク。

▲は、大外枠からスムーズに先行できそうなオルナ。

☆と△は、成績やこのコースと相性の良い騎手・種牡馬データを中心にピックアップ。

馬券の本線は単勝と馬単

 単勝⑧
 馬単⑧ ⇔ ①⑬⑩

少額で軸2頭の三連複

 ⑧① = ⑬⑩③⑥⑦⑪


-----------------------
★☆おまけ、の京都6R『3歳500万下』の予想☆★

おまけは、京都ダート1800mで行われる『3歳500万下』をピックアップ。

このレースで注目したいのは、◎スーパーライナー。

取り消し明けの前走でも2着に好走したように、現級では力上位といえる存在。
これまでの対戦相手からは1枚落ちるメンバーだけに、ここは負けられない一戦だ。


☆京都6R・結論☆

 ◎⑧スーパーライナー
 ○②エキドナ
 ▲⑤メイショウマスラオ
 ☆⑦クリノリトミシュル
 △①コパノディール

馬券の本線は単勝と馬単

 単勝⑧
 馬単⑧ ⇔ ②
   ⑧ → ⑤⑦①

少額で三連単フォメーション

 1着⑧
 2着②⑤⑦
 3着②⑤⑦①

日曜日は武豊騎手と運命を共にしますw
以上、6号でした。

私6号が担当するコラム
『砂の惑星から来た勇者たち』はこちら



※【うまヨミ】の登録はこちらより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line