TOP > 競走馬 > 「サトノダイヤモンド」身のこなしが柔らかく跳びがスムーズ!【天皇賞(春)】
競走馬

「サトノダイヤモンド」身のこなしが柔らかく跳びがスムーズ!【天皇賞(春)】

3歳にして暮れの有馬記念を制したGⅠ2勝馬のサトノダイヤモンドが天皇賞(春)に出走する。2016年は惜しくも無冠に終わった春から一転、秋以降は菊花賞と有馬記念を制して一気に栄光を勝ち取った。今年も初戦の阪神大賞典を難なく勝利し、2016年の秋から続く好調を維持。GⅠ3勝目に向けて視界は良好だ。そんなサトノダイヤモンドについてまとめてみた。
サトノダイヤモンド

【菊花賞】馬場の真ん中突き抜ける!念願のGⅠ勝利!

皐月賞馬ディーマジェスティとの2強対決となった菊花賞。サトノダイヤモンドは単勝2.3倍の1番人気に支持された。前走の神戸新聞杯ではやや行きたがる面があったが、この日は折り合いも完璧で楽に追走。勝負どころの2周目4コーナーを抜群の手ごたえで回ってくると、直線はあっさりと抜け出し後続をぐんぐん引き離す。最後は2着レインボーラインに2馬身差をつける完勝で、ついに念願のGⅠタイトルをゲットした。
動画を見る
inyofu 1着 サトノダイヤモンド(C.ルメール騎手) 「今とても興奮しています。日本で始めてのクラシックの勝利、この馬も初めてのGI勝利、オーナーも始めてのGI、本当によかったです。今日は本当によく頑張ってくれました。今日はトップコンディション、まだまだ若いところがありますが、秋になって一番のコンディションでした。とにかく乗りやすい馬なのですが、3000mという距離は心配でした。直線は馬の反応も良く、集中していたので、いけたのではないかと思いました。これから他のGIの舞台でも活躍してくれそうです」

【有馬記念】古馬との戦いを制してGI2勝目!

キタサンブラックと人気を分け合う形になった有馬記念。レースでは鞍上のルメール騎手がキタサンブラックを完全マーク。絶好の手応えで直線に向かうと、坂下で突き放されたが、坂を上ってからもうひと伸び。ゴール前でキタサンブラックを捕えて1着でゴールインとなった。
動画を見る
inyofu 1着 サトノダイヤモンド(ルメール騎手) 「すごく嬉しいです。キタサンブラックは最大のライバルですし、スタンド前で外にいたのでポジションを上げました。そこからもう一度リラックスしてくれましたし、ゴール前、本当に頑張りました。ハーツクライの時は、日本での初GI勝利。今年、サトノダイヤモンドは人気でしたし、自信もありました。新馬戦からずっと乗ってきた馬で、今年、有馬記念を勝ててすごく嬉しいです。凱旋門賞はサトノダイヤモンドにいいと思います」
inyofu (池江泰寿調教師) 「ゴールした時は勝ったかどうか分かりませんでしたが、勝ててホッとしました。状態はすごく良かったです。行く馬は分かっていましたし、枠は外。4~5番手からと思いましたが、少し後ろだと思いました。1コーナーから上がっていった時、大丈夫かなと思いましたし、厳しいレースになると思いました。それでも、手応えは良かったですし、前を捉えられるなと思いましたし、ジョッキーもうまく乗ってくれました。この秋、春よりも断然良くなりました。それでも、背腰に緩さがありますから、そこに芯が通れば1つ2つ上のギアが入り、爆発力も出ると思います。来年は、凱旋門賞から逆算してのローテーションとなり、春は国内に専念します。来年秋、もっと良くなると思います。有馬記念は、幼い頃から大好きなレースです。何回勝っても嬉しいですし、これからもたくさん送り出して盛り上げたいと思います」

【阪神大賞典】2017年度の初戦を快勝!

有馬記念後休養を挟んでの2017年度の初戦となった。無難にスタートを切ると、無茶をせずに下げて中団よりやや後ろから競馬を選択。逃げ馬が前半ハイペースで逃げるもののサトノダイヤモンドは落ち着いてレースを進め、3コーナーの入り口あたりから徐々にポジションを上げていく。直線では先に抜け出したシュヴァルグランを軽く鞭を入れただけで差し切り、11/2馬身差つけて快勝した。
動画を見る
inyofu 1着 サトノダイヤモンド(ルメール騎手) 「秋と比べて馬が大人になって、状態も良くなっていました。以前は気性が勝っていましたが、今はこの馬と友達になれました。シュヴァルグランは強い馬ですが、今日は楽な感じで勝つことが出来ました。春のメインターゲットの天皇賞へ、いいステップが踏めたと思います」

【天皇賞(春)】最終追い切り情報 動きよく手ごたえ十分!

サトノダイヤモンドは25日、栗東チップウッドコースで最終追い切りを行った。
inyofu 主戦のルメール騎手を背に、プロフェット(4歳オープン)を4ハロンから4馬身追走。内に潜り込んで体を並べると、馬なりのまま鼻面をそろえてゴールラインを駆け抜けた。
inyofu 「身のこなしが柔らかく、動きもよかった。跳びがスムーズで、手前もきちんと替えていた。息もすぐに入ったね。今年一番のレースになると思う。すごく楽しみ」とルメール騎手は手応え。

【天皇賞(春)の傾向】2500m以上の重賞での優勝実績に注目

去年菊花賞で初のGⅠタイトルを獲得したサトノダイヤモンドだが、長距離での優勝実績は天皇賞(春)に確実に直結しているようだ。2013年以降の過去4年間の優勝馬4頭を見てみると、過去3走以内で必ず2500m以上の重賞を優勝していた。3000m、2500m、3000mと優勝しているサトノダイヤモンドはやはり死角の無い存在だろう。
inyofu 2013年以降の過去4年間の優勝馬4頭は、いずれも過去3走以内に芝2500m以上の重賞で優勝経験があった。

古馬と初対戦となった有馬記念でサトノダイヤモンドが見せた驚異的な底力は確かなもので、再びキタサンブラックやゴールドアクターとの対戦となるものの、今回も必ず優勝争いに絡んでくるに違いない。秋の大きな飛躍のためにも、2017年度最初のGⅠとなる天皇賞(春)は落とせない一戦だ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line