TOP > 競走馬 > 「サトノダイヤモンド」馬体も成長!追い切りの反応もよし【阪神大賞典】
競走馬

「サトノダイヤモンド」馬体も成長!追い切りの反応もよし【阪神大賞典】

2016年のクラシックでは皐月賞3着、日本ダービー2着と春はあと一歩のところで涙をのんだサトノダイヤモンド。菊花賞ではそのうっ憤を晴らすかのように最後の直線で突き抜け念願のGⅠタイトルを手に入れた。さらに快進撃は続き、前走の有馬記念では初の古馬との戦いになったが、現役最強馬のキタサンブラックをゴール前で交わし優勝。この連勝街道はどこまで続くのか、そんなサトノダイヤモンドについてまとめてみた。
サトノダイヤモンド

【神戸新聞杯】接戦制して人気に応える!

春のクラシックでは勝ちきることができず悔しい思いをしたサトノダイヤモンド。秋は神戸新聞杯から始動となった。レースは中団から早めに外に持ち出されると直線ではミッキーロケットと追い比べを制して見事人気に応えた。
動画を見る
inyofu 1着 サトノダイヤモンド(ルメール騎手) 「今日は休み明けの分、それとペースがそれほど速くなかったこともあって行きたがっていましたね。直線に向いて自分から上がって行きましたが、タイミング的に早いと思い、なだめながら内の馬を見ていました。ゴーサインを出してからはいい反応でした。もう少し楽に勝てると思っていましたが、2着馬も強かったですね。でも、このレースを使って馬は良くなってくるでしょう。体も筋肉がついて良くなっています。トライアルとしてはいいファイトでした。スタミナも問題ありません。今回レースを使って落ち着いてくるでしょう。菊花賞が楽しみです」
inyofu (池江泰寿調教師) 「今日は落鉄に注意しました。とにかく秋初戦、勝てたことも何よりです。次は使われて良くなってくるでしょう。課題らしい課題もありませんでした」

【菊花賞】馬場の真ん中突き抜ける!念願のGⅠ勝利!

皐月賞馬ディーマジェスティとの2強対決となった菊花賞。サトノダイヤモンドは単勝2.3倍の1番人気に支持された。前走の神戸新聞杯ではやや行きたがる面があったが、この日は折り合いも完璧で楽に追走。勝負どころの2周目4コーナーを抜群の手ごたえで回ってくると、直線はあっさりと抜け出し後続をぐんぐん引き離す。最後は2着レインボーラインに2馬身差をつける完勝で、ついに念願のGⅠタイトルをゲットした。
動画を見る
inyofu 1着 サトノダイヤモンド(C.ルメール騎手) 「今とても興奮しています。日本で始めてのクラシックの勝利、この馬も初めてのGI勝利、オーナーも始めてのGI、本当によかったです。今日は本当によく頑張ってくれました。今日はトップコンディション、まだまだ若いところがありますが、秋になって一番のコンディションでした。とにかく乗りやすい馬なのですが、3000mという距離は心配でした。直線は馬の反応も良く、集中していたので、いけたのではないかと思いました。これから他のGIの舞台でも活躍してくれそうです」

【有馬記念】古馬との戦いを制してGI2勝目!

キタサンブラックと人気を分け合う形になった有馬記念。レースでは鞍上のルメール騎手がキタサンブラックを完全マーク。絶好の手応えで直線に向かうと、坂下で突き放されたが、坂を上ってからもうひと伸び。ゴール前でキタサンブラックを捕えて1着でゴールインとなった。
動画を見る
inyofu 1着 サトノダイヤモンド(ルメール騎手) 「すごく嬉しいです。キタサンブラックは最大のライバルですし、スタンド前で外にいたのでポジションを上げました。そこからもう一度リラックスしてくれましたし、ゴール前、本当に頑張りました。ハーツクライの時は、日本での初GI勝利。今年、サトノダイヤモンドは人気でしたし、自信もありました。新馬戦からずっと乗ってきた馬で、今年、有馬記念を勝ててすごく嬉しいです。凱旋門賞はサトノダイヤモンドにいいと思います」
inyofu (池江泰寿調教師) 「ゴールした時は勝ったかどうか分かりませんでしたが、勝ててホッとしました。状態はすごく良かったです。行く馬は分かっていましたし、枠は外。4~5番手からと思いましたが、少し後ろだと思いました。1コーナーから上がっていった時、大丈夫かなと思いましたし、厳しいレースになると思いました。それでも、手応えは良かったですし、前を捉えられるなと思いましたし、ジョッキーもうまく乗ってくれました。この秋、春よりも断然良くなりました。それでも、背腰に緩さがありますから、そこに芯が通れば1つ2つ上のギアが入り、爆発力も出ると思います。来年は、凱旋門賞から逆算してのローテーションとなり、春は国内に専念します。来年秋、もっと良くなると思います。有馬記念は、幼い頃から大好きなレースです。何回勝っても嬉しいですし、これからもたくさん送り出して盛り上げたいと思います」

【阪神大賞典】追い切り 圧巻のデモンストレーション!

inyofu 昨年の最優秀3歳牡馬サトノダイヤモンドはルメールを背にウッドでフォイヤーヴェルク(古馬500万下)と併せ馬。
inyofu 圧巻はラスト1ハロン。自らハミを取るとはじかれたように前へ。瞬く間に僚馬を突き放し、貫禄の1馬身先着を決めた(4ハロン52・8―38・5―12・5秒)。馬体は昨年以上に迫力を増しているが、重苦しさは一切ない。パワー、スピードともにさらにレベルアップしている印象だ。
inyofu ルメール騎手「残り150メートルで手前を替えて、ゴールの後にひとつ息を入れた。いい反応だった。いい追い切りができたと思う。体がまた大きくなって、ちょっとビックリした」

直近のレースで上位人気だった馬が連勝中

inyofu 2012年以降の過去5年の出走馬について、直近で出走したJRAのレースでの単勝人気別に成績をまとめると、優勝馬5頭はいずれも該当したレースで「1~3番人気」に支持されていた。出走頭数が「4番人気以下」だった馬の半数以下での結果であることから、直近で出走したJRAのレースでファンから高い支持を受けていた馬に注目するのも面白いだろう。

調教の内容からもさらにパワーアップした印象がうかがえる。これまでの池江泰寿調教師のレースコメントの長さを見て頂ければ、いかにこの馬が期待され、大事にされているかが分かる。これから日本の競馬界を背負って立つ存在になる事は間違いなく、前哨戦とは言えこのメンバーで勝利が危ぶまれるようであれば凱旋門賞制覇への道は遠くなるが、そのようなシーンは全く想像できないくらいの安定感がこの馬の強みと言ったところである。サトノダイヤモンドの2017年の始動戦に注目だ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line