TOP > コラム > こりゃ深すぎるww覆面馬主【妄想の2号】きさらぎ賞予想
コラム

こりゃ深すぎるww覆面馬主【妄想の2号】きさらぎ賞予想

覆面馬主2号
「きさらぎ賞」と聞くといよいよクラシックが近付いてきたなと感じます。過去にこのレースからクラシック路線に行った馬は数多く、出世レースの1つとして知られていますが、ここ最近は出走希望があまり多くない年が目立ちます。

理由は単純で、「有名な出世レース」はそれだけ目標にする実力馬が多く、他の馬はわざわざ強い馬がいることが判っているレースに挑むより他のレースを選んだ方が勝てる見込みが強いこと。
2月のこの時期ならまだ選択肢が多く残っていますし、いくら少頭数が見込めるといっても、例えば去年のルージュバックや一昨年のトーセンスターダム、それ以前だとワールドエースやオルフェーヴルやリーチザクラウンといったあたりが出走を表明しているようなところに、中途半端な実力でわざわざ乗り込んでいくメリットは無いでしょう。

となれば話は簡単です!
今回は新馬戦以来2度目となる『5億円対決』が話題になっていますが、内訳は2戦2勝のサトノダイヤモンドが2億3000万(税別)、3戦2勝のロイカバードが2億4000万(税別)。ロイカバードの1敗は、新馬戦でサトノダイヤモンドに負けた2着です。

どちらもしっかり2勝ずつ挙げているようにそれなりの実力はありますが、初戦で先着したのもここへの出走を先に表明していたのも、前日の時点で1番人気になっているのもサトノダイヤモンドの方。
新馬戦で1度負けた相手の出走を承知の上で、わざわざ再戦に挑んできたのがロイカバード・・・・・という構図となれば、どちらがより勝ちたい立場なのかも明白だと思います。

◎3ロイカバード
〇9サトノダイヤモンド
▲8ノガロ
☆4ロワアブソリュー
穴2レプランシュ

どちらの方が強いか?今後強くなりそうか?と聞かれると〇サトノダイヤモンドかと思いますが、新馬戦の頃と比べると◎ロイカバードも成長していますし、あえてここにぶつけてきた心意気も良いと思います!

同じ馬に2回負けたとなれば、クラシックを前にして世間の評価は「サトノが上」になるでしょうし、そんなリスクを負ってまでわざわざここに出走する必要性はありません。にもかかわらず数ある前哨戦の中からこのレースを選んだ理由は、初戦で負かされた相手に一矢報いてやりたい、今ならそれだけの走りができる!ということだと思いますよ。

買い方は
◎の単勝と、◎〇の馬連1点。それから

1着 ◎
2着 〇
3着 ▲☆穴

の3連単3点で買いたいと思います!

以上、きさらぎ賞でした!


→2号東京新聞杯
全力一点少年・素イチスイッチ



※【うまヨミ】の登録はこちらより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line