TOP > 予想/馬券 > 負け知らず!覆面馬主達の2016年2月7日(日)の予想的中結果まとめ
予想/馬券

負け知らず!覆面馬主達の2016年2月7日(日)の予想的中結果まとめ

覆面馬主達限定の予想結果を毎週振り返って読者の参考にしてもらったり、どの覆面馬主が今一番熱いのか、毎週の予想企画コラムから的中をメインにまとめてみた。企画もの予想結果版。
馬キュレ

血統の1号

東京新聞杯
inyofu ◎6 スマートレイアー

6歳の牝馬だが、まだまだ能力に翳りなし。ヴィクトリアマイルの凡走が続いているから、人気になってないが、これ、季節要因ではなかろうか。
この馬、明らかに冬の方がいいタイプ。それに、牡馬と一緒に走る方が良い。
2年前にホエールキャプチャが6歳でこのレース勝ってるが、そんなイメージがダブる。

このコラムを書いてる時点で5番人気、単勝が10倍切れるくらい。

ここは、隼人君に追って追ってゴール前に大逆転のシーンを見せてもらおう!

◎6 スマートレイアー
〇4 ダイワリベラル
▲11ダッシングブレイズ
☆2 ダノンプラチナ
△3 エキストラエンド
△1 グランシルク
△13サトノギャラント

馬券は、スマートレイアーの単複。馬連と馬単を強弱つけて買う。相手の本線は、ダイワリベラル。この馬、今絶好調で、前で競馬が出来て上がりも速い。

明日は、隼人君のガッツポーズが見たいね!
1号の本命は5番人気のスマートレイアー。予想とは違ってまさかの逃げで直線に入っても影すら踏ませずそのままゴール。吉田隼人騎手のガッツポーズが見れた。馬券も単勝(960円)複勝(340)馬連(4690円)馬単(9880円)の買い目全部が的中!

牝馬限定の5号

(東京9R)
inyofu ◎12ダイワダッチェス

絶好調のフレンチデピュティ肌、ワークフォースの産駒です。
前走は、中山のマイルで3着でしたが、この馬、明らかに広い東京向きだし、距離も1400mがぴったりでしょう。
普通に走れば、好勝負間違いないと思います。

◎12ダイワダッチェス
〇15シーブリーズラブ
▲14ワンブレスアウェイ
☆11リリカルホワイト
△9 メンデンホール
△13ピュアコンチェルト

馬券は、単複と馬連、軸一頭の三連複を印の馬へ。
まず、3着は外さないと見ました。
5号の本命はダイワダッチェス。道中は好位5番手を追走。最後の直線は末脚にキレがなくほぼタイム差なしの3着(複勝130円)1番人気馬に騎乗した柴田善臣騎手も未だ未勝利と負のオーラが漂っていた。

砂の6号

河原町S(京都9R)
inyofu ◎⑩ブルミラコロ
○③ラテンロック
▲②アルボナンザ
☆⑫カフジテイク
△④ガンジー
△⑦ピリオネア
△⑨キングズウェザー

今回、本命に推したいのは4歳馬◎ブルミラコロ。
前走の1000万下では、好位2番手から抜け出す危なげないレース振りで完勝。最後は後続を5馬身突き放すワンサイドゲームだった。
その勝ちっぷりから昇級がカベになるとは思えず、強力な逃げ馬が不在の今回は、得意の番手競馬からの押し切りが期待できそうだ。

また、鞍上の秋山騎手は、先約のあったカフジテイク陣営に断りを入れてまで同馬の手綱を取るという話。
ここは、まさに負けられない一戦だろう。

○は、前走の羅生門Sが惜しい2着だったラテンロック。
ただし、3走前の枚方特別でブルミラコロに先着を許しているだけに、少し分が悪い印象だ。

▲は、前走を叩かれて良化が見込めるアルボナンザ。

☆と△は、成績やこのコースと相性の良い騎手・種牡馬データを中心にピックアップ。

馬券の本線は単勝と馬単

単勝⑩
馬単⑩ ⇔ ③②⑫
本命は単勝1.5倍の1番人気ブルミラコロ。道中楽に逃げてるように見えたが、直線で粘れず2着。皮肉にも乗り替わったカフジテイクに負かされた秋山騎手の胸中はいかに。馬券は馬単1990円を的中。

小鳥の7号

きさらぎ賞
inyofu 結論。

◎サトノダイヤモンド
◯ロイカバード

となるのが普通かもしれないが、俺は一捻りしてみる。
ロイカバード陣営にサトノダイヤモンドに勝てる!という考え方があるとするなら、2着ではなく3着以下になってしまう可能性があると見る。得てして、素直に2着狙いに徹していれば間違いなく2着が拾えたのに、勝ちに行ったがために3着以下に負けてしまう事が競馬にはよく起こる。

その心境を狙いたい。

結論

◎9サトノダイヤモンド
〇2レプランシュ
▲9ノガロ
☆3ロイカバード

買い方

3連単
1着 9
2着 2・8
3着 3

以上2点買い。
ロイカバードが2着狙いに徹してこられたらまずいが、サトノダイヤモンドをマークして進むだろうから突き放されたところに、前残りのノガロを捉えきれない・・・というパターンか、脚を使い切ったところに明らかに2着取れれば最高と思っているレプランシュに差されるパターンの2通りを買おうと思う。
7号の本命は圧倒的人気のサトノダイヤモンド。道中5番手で折り合いに苦労するシーンは一切なし。直線はほとんど持ったままで余力たっぷりに突き抜けてデビュー3連勝。2着に3馬身半差と圧巻のパフォーマンスで初タイトルをモノにした。また2着に狙い通りロイカバードがレプランシュに差されて予想もパーフェクト!馬券も3連単2点で1570円をゲットした。
東京新聞杯
inyofu その中でも、俺が狙いたいのはスマートレイアー。

ゴリゴリに逃げるタイプが居ない以上、スローからのよーいドン!になるだろう。
そうなると、位置取りよりも究極の切れ味勝負となると見る。
紅一点の出走だが、その切れ味が活きる最高の舞台だ。
間隔はあいたが、追い切りの動きも良いし、ダッシングブレイズ、ダノンプラチナのポテンシャルは理解したうえで敢えてこの馬に◎を打つ!

◎6スマートレイアー
〇2ダノンプラチナ
▲11ダッシングブレイズ
☆1グランシルク
△3エキストラエンド
△13サトノギャラント
△14テイエムタイホー
穴9アルマワイオリ

買い方 ◎の単勝。
◎=〇▲☆=〇▲☆の3連複を厚めに勝って、◎=〇▲☆=△△△穴を押さえる。
東京実績も考慮して導き出した軸馬は1号と同じくスマートレイアー。予想とは逆に19戦目にして初の逃げ、他に競り合う馬も見当たらずスローペースからの直線はどの馬も捉える事は出来ず逃げ切り勝ち。馬券は単勝のみだが960円をしっかり的中!

嗚呼!哀しきテンパーマン

東京4R
inyofu ◎5 ミッキーグローリー

母ネミッサは、北九州記念を勝ったスプリンターで、スピード能力は、抜群だと思います。
距離短縮は、大歓迎。ここは、順当に来てくれるはず。
1号監修。常に複勝10%を取りに行くところから名づけられた元返し有りの企画。断然人気のミッキーグローリーは、スタートから先行して3番手、ペースが遅すぎて道中は抑えきれない感じの手応えで直線も楽に抜け出して2着に3馬身差つける横綱相撲。蛯名騎手の2400勝目に花を添えた。複勝も110円ついてここからまた連勝街道に挑む。

つばめよ教えてよ!日高の星を!

京都8R
inyofu ◎1 ヨヨギマック

新ひだかの荒木貴宏さんの生産馬。今を時めくスクリーンヒーロー産駒だ。でもダートって…って思う人も多いよな。そこで、ざっと3年で見てみると芝のほうが勝ち星はわずかに多いものの、単回収率はダートは200近くと圧倒的。デュランダル産駒のときも言ったが、こういうイメージギャップは武器になる。ダートのスクリーンヒーローってだけで狙っていれば、長期的にはプラスになるわけだ。陣営も記者も状態の良さを推しているだけに、ここはしっかりと買っておこう。
1号監修。日高出身の馬を取り上げ、馬券推奨していく企画(京都編)3番人気のヨヨギマックは、最内で道中脚を溜めて4コーナーから抜け出したが、ゴール前でハナ差でかわされ2着(複勝200円)
東京8R
inyofu ◎9 リターンラルク

浦河のバンダイ牧場の生産馬。ゴールデンキャストとかオーシャンエイプスの故郷だな。この馬、なんといっても血統が良いよ。父ディープインパクトに、母父ノーザンテーストだよ。父サンデーサイレンス、母父ノーザンテーストならわかるが、この組み合わせもあるんだな~。前回は11番人気で500万クラスを突破して、放牧明けの昇級戦となる。普通なら厳しい。しかし、どうやら大幅な馬体増で出てくるらしい。ノーザンテーストの成長力ってのが出てるのかもな。出来には自信あるらしく、一叩きしてからって考えてたら美味しい馬券を逃してしまうかもしれない。
東京12R
inyofu ◎12 ブラゾンドゥリス

浦河の村下清志さんの生産馬だ。この馬は競馬センスが抜群のタイプで、昇級戦でも大崩れしないだろうな。放牧明けだが、さらに良くなっているらしいし、鞍上はF・ベリー騎手で申し分ない。この馬から馬券を組み立てていいだろう。
同じく日高の星東京編。8Rの4番人気リターンラルクは、放牧明けの影響もあって痛恨の出遅れ、それでも最後方からメンバー1の末脚を駆使して3着(複勝270円)まで押し上げた。12Rのブラゾンドゥリスは、サウスポーぶりを発揮して1着(単勝360円)

抱きしめて!ミスターP

東京3R
inyofu ◎10ダノンフェイス

タキオン肌のキンカメ産駒なんだけど、母があのアイアムカミノマゴ!フィリーズレビュー2着、阪神牝馬特別1着、など、よく走った馬だったな。
この馬、すでに、調教時計が、オープン馬みたいだぞ。
万全を期して、ダートのマイル戦からだが、間違いなく好走するだろうね。
大種牡馬ミスタープロスペクターの血脈の競走馬を狙う1号のミスプロ愛溢れる企画(東京編)圧倒的人気のダノンフェイスは、新馬らしく道中で口向きの悪さが出てしまい、直線で右に左によれてまっすぐ走れず2着(複勝110円)
京都1R
inyofu ◎4 カラクプア

キンカメ産駒で、8戦して、2着2回、3着2回。勝ちきれないなあ。
ただ、ダートに使ってからは、2戦して、2着1回、3着1回。
前走から鞍上は、ルメール騎手。
この馬の脚をきっちり把握してくれただろうから、今度こそって感じだ。
同じくミスターP京都編。指名のカラクプアは、勝ちきれないレースが続いていたが、直線先行で粘っていたサウスオブボーダーをクビ差で差して9戦目で初勝利を飾った(単勝140円)

私ピンクのサウスポー!

東京12R
inyofu ◎12ブラゾンドゥリス

この馬、右周りでも勝ってるが、おそらくサウスポー。しかも、ダートで底を見せてない。前走、500万下をステッキ無しで楽勝していて、このクラスでも楽に通用する。
1号監修。右回りで凡走を続け、左回りになった途端に爆走する馬を推奨する企画。ブラゾンドゥリスは、好スタートからポジション取ったあたりで勝負アリ。2走前に敗れたアナザーバージョンに2馬身つけての完勝(単勝360円)だった。勝ち時計から準OPでも勝負できるレベルだろう。

嵐を呼ぶジョッキーは、俺だ!

京都5R
inyofu ◎10 レッドエルディスト

京都でルメールを狙う場合は、中距離の芝レースが特にオススメ。芝2200mでは、勝率33%、単回値166と圧倒的な数字だ。デビューから2戦目での前進にも期待しよう。
1号企画。競馬場、馬場、季節、なんかの要因から、嵐を呼びそうなジョッキーを狙っていく企画(京都編)3番人気のレッドエルディストは、スタート直後に他の馬に寄られて後方からの競馬になったが、ルメール騎手は無理に外を回さず内から馬群を割って12頭をまとめて差し切った(単勝680円)

脚みせて!フレンチcancanダンス!

春菜賞(東京9R)
inyofu 仏・12ダイワダッチェス
あれだけ力み気味に一生懸命走るタイプで良く踏ん張った前走だよな。こういうタイプは明らかにマイルよりも1400mの方が良いだろうし、辺にもまれるよりも外枠でスムーズに走らせた方が良いんじゃねーかな。前に行くタイプが多いが、出たなりに位置を取れる枠だし、相手なりに一生懸命走る馬だから馬券圏内には残してくれるだろ!
フレンチデピュティとダンスインザダークが母父に入った馬たちを追いかける7号企画。5号と同じダイワダッチェス指名も3着(複勝130円)これまで7戦馬券圏内を外していないが、中々勝ちきれないレースが続いている。

今回は1号と7号が重賞で本線的中!今年初のGI(フェブラリーS)が再来週から始まるので各覆面馬主達もそれに合わせて調子をどんどん上げていって欲しいところだ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line