TOP > コラム > タンタン単勝メン!【2月13日版】
コラム

タンタン単勝メン!【2月13日版】

タンタン単勝メン
1号「こんちは、オヤジさん。先週は、いまひとつだったけど、また売りで儲けてるんじゃない?」
オヤジ「う~ん、それはそうなんだけど、さ、ドルを沢山持ってるから、為替の差益が吹っ飛んじゃったね。」
1号「え?為替?ドル?そんなこともやってんの?」
オヤジ「うん、FXはやらないけど、自分の資産のほとんどを円安になると読んで、ドルにしといたんだ。まだ、勝ってるけど、かなり目減りしちゃったよ。」
1号「凄いね、でもさ、そんなに稼いでるんだったら、もう少しいい家とかに住んだらいいんじゃないの?」
オヤジ「え?ここ?まあ、あんたから見たらボロ屋かもしれないけど、住めば都って言ってさ、最高だよ。ここ。」
1号「まあ、そだね、宮殿みたいな家作っても、どうせ、土日は、グリーンチャンネルつけてテレビの前にいるだけだろうしね。オレも一緒だな。」
オヤジ「富というかお金に関してさ、こんな事を言ってる人がいるよ。経済的な豊かさがある水準を超えると、個人の幸福度が下降するという矛盾が起きる。」
1号「ん?ああ、そうか大富豪って幸せじゃないって事か。」
オヤジ「そう、これ、イースターブルックの進行逆説って言うんだけどさ、お金なんて適度がいいんだよ、馬だって、そうだろ、自分の馬が毎年ダービー馬になって嬉しいかね?」
1号「確かに、届かぬ夢や目標があるから、楽しいんだよね。」
オヤジ「そう、だから、馬券もハズレた方がいいんだよ。労働意欲が湧くしさ。」
1号「そうだね、オレも自分の馬が凡走した翌日は、仕事やる気バリバリ出てくるもんね(笑)」
オヤジ「で、ああ、明日の買い目だよね、明日はね、1頭買いたい馬がいるんだよね。」
1号「へえ。東京?」
オヤジ「いや、京都の未勝利戦なんだけどさ、2レースのマインシャッツって馬。」
1号「ああ、この馬か。新馬戦、2着だね。」
オヤジ「あんた、このレース見た?」
1号「見たかもしれないけど、憶えてないな。もう一回YouTubeで見ようかな。」

二人で、パソコン画面に食い入ること、2分足らず。

1号「これは、強いね。すごい出遅れだったな、あれ、8馬身くらいは、ロスってるね。」
オヤジ「そうなんだよ、たまたま、レース見ててさ、この馬つぎ必ず買おうって思ってたんだ。」
1号「人気だろうけど、それほどは、かぶらないかな。いくら買うの?」
オヤジ「うん、100行こうかな。」
1号「え?マジで?また出遅れて2着とか大丈夫かな?」
オヤジ「不吉なこと言わないでよ。じゃ、どうしたらいい?」
1号「企画が単勝だけどさ、馬連とか押さえたら?」
オヤジ「あ、そういうことね。じゃ、相手は、初ダートの馬だね。何頭いるのかな?」
1号「えっと、4頭だね。1番、4番、8番、11番。」
オヤジ「じゃあ、単勝を60万、その4頭への馬連を10万ずつにしようかな。」
1号「分かった。これは、競馬場で買わないとな、明日は早起きしよう!」

さてさて、久しぶりに馬連を買うというオヤジさん、果たして、ドカンと来るのか?乞うご期待!



※【うまヨミ】の登録はこちらより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line