TOP > コラム > 「砂の惑星から来た勇者たち」柴山雄一【2月13日版】
コラム

「砂の惑星から来た勇者たち」柴山雄一【2月13日版】

砂の惑星から来た勇者たち
どうも。☆覆面馬主・砂の6号☆です。

地方出身のジョッキーをクローズアップしてお届けする本コラム。

今週の土曜日にピックアップするのは、先週に引き続き今年好調の柴山雄一騎手。

昨年の特徴は、特定の厩舎から良い馬を任されており、好成績を残していることでした。
--------------
☆2015年、厩舎別成績☆

 木村哲 (13-6-5-25/49、連対率39%)
 藤沢和 ( 6-8-6-30/50、連対率28%)
 萩原清 ( 5-2-2- 7/16、連対率44%)
 黒岩陽 ( 4-4-4-21/33、連対率24%)
--------------
土曜日は上記4厩舎からの依頼こそありませんが、それでも計8鞍と騎乗馬が集まりました。
それだけ、今の柴山騎手は“乗れている”ということでしょう。

それでは、ここから土曜日の騎乗馬をジャッジしていきたいと思います。
----
★☆【オススメのひと鞍!】☆★

■東京4R・◎ヤマニンリュウセイ

父ステイゴールド、母父メジロマックイーンという良血馬で、母は柴山騎手と共に重賞2勝をマークしたヤマニンメルベイユ。
重賞級のメートルダール(共同通信杯に出走予定)と0.5秒差の競馬ができるのであれば、未勝利卒業は時間の問題だろう。
柴山騎手は、昨年このコースで(2-3-1-7/13、連対率38%)という成績を残しており、数こそ多くはないがなかなかの信頼度だ。


----
☆【その他の騎乗馬と評価】☆
----
■東京1R・○カグラグレイス

発馬に難はあるが、良馬場なら前進が見込める

----
■東京3R・△トーキョーキッド

放牧明けで、まずは1度使ってから

----
■東京6R・×ミキノドラマー

ローカル向きの脚質で東京コースはマイナスか

----
■東京7R・◎マカワオクイーン

柴山騎手は、昨年このコースで(6-2-2-13/23、勝率26%)という素晴らしい成績を残しており、アタマから狙える。
マカワオクイーンは広い東京コースなら見直せる馬で、スムーズな競馬なら牡馬相手でも好勝負可能だ

----
■東京9R・○バンゴール

重賞で0.3秒差がある実力馬。昇級初戦でもチャンスは十分

----
■東京10R・▲スペルオンミー

前走から折り合いに進境をみせており、昇級初戦でも要注意

----
■東京12R・▲アムールスキー

クラス実績に乏しいが、東京の長距離は得意条件

----
今週は日曜日にも11鞍と騎乗馬が集まっているので、がんばって勝ち星を増やして欲しいですね。

それでは、2016年も地方出身のジョッキーを応援していきましょう!

以上、6号でした。



※【うまヨミ】の登録はこちらより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line