TOP > コラム > こりゃ深すぎるww覆面馬主【砂の6号】2月14日(日)東京5R・京都10R予想【うまヨミ読者限定配信コラム版】
コラム

こりゃ深すぎるww覆面馬主【砂の6号】2月14日(日)東京5R・京都10R予想【うまヨミ読者限定配信コラム版】

覆面馬主 砂の6号
※【うまヨミ読者限定配信コラム】 うまヨミ配信日時 2/13 21:00※


どうも。☆覆面馬主・砂の6号☆です。

真冬のダート戦線もいよいよ大詰め。JRAでは来週行われるフェブラリーSで冬のフィナーレを迎えます。

今年のフェブラリーSの見どころは、何といっても三連覇を狙う古豪コパノリッキーVSハイレベル4歳世代の対決。
王者コパノリッキーが意地を見せるのか、はたまた4歳世代が優勝して世代交代を告げるのか?

私6号も、年に2度しかないGI予想のチャンスだけに、今から興奮してこの場で本命を発表したいくらいです、、

すっかり掛かり気味の今週ですが、まずは日曜のレースで軍資金増額を狙っていきたいと思います。


さて。
いつもの予想に行く前に、今回は小倉メインの門司S(4歳上1600万下)について少しだけ。
このレースは、過去にゴルトブリッツやサンビスタといったGI馬を輩出している出世レース。
また、このレースはハンデ戦にも関わらず、過去5回(北九州市制50周年競走として行われた13年を含む)では1番人気が4勝、2着1回とパーフェクトな成績を残しています。
しかし、相手には7、4、10、5、3番人気馬(※新しい順)が来ており、若干ヒモ荒れのレース傾向。
今年もこの傾向が続くとすれば、“1番人気から手広く流す馬券作戦”がドンピシャにはまりそうな印象です。

なお、メインレースは好調の8号サンも予想していますので、忘れずにそちらもチェックしておきましょう
→覆面馬主【データの8号】2月14日(土)門司Sの結論はこちら


それでは、予想に参りましょう。
日曜日のターゲットは、ダート1400mで行われる京都10R『すばるS』(4歳上OP)。
WIN5の1レース目に指定されている競走です。

★☆日曜京都10R・『すばるS』の予想☆★

参考にするのは、距離1200mで行われた12年を除く、過去4回のすばるS。
なお、過去4回はいずれも別定戦で行われている

1_配当
過去5年の馬連平均配当は2,750円。
新しい順に1,820円、880円、7,740円、550円。
万馬券は1度もなく、平穏な決着が多い

2_人気
過去の連対馬の人気 ※括弧内は左が1着
2015( 1→ 4人気)
2014( 1→ 4人気)
2013( 8→ 2人気)
2011( 1→ 2人気)

1~2番人気のいずれかが、必ず連対している

3_性齢と斤量
過去の連対馬の性齢と斤量  ※括弧内は左が1着
2015(牡4_56.0→牡5_56.0)
2014(牡4_56.0→牡6_57.0)
2013(牡7_56.0→牡6_56.0)
2011(牡5_55.0→牡5_55.0)

5歳馬が3連対で一歩リード

4_位置取り
連対馬の4角位置  ※括弧内は左が1着
2015( 2→ 1番手) 稍
2014( 5→ 2番手) 重
2013( 1→ 6番手) 良
2011( 1→ 3番手) 良

好位3番手以内の馬が6連対で優勢

5_所属
過去5年の連対馬は関西馬が6頭

6_種牡馬
複数の連対馬を出している種牡馬はゴールドアリュールで1勝、2着1回

7_騎手
複数回連対している騎手は小牧騎手で1勝、2着1回
※今回騎乗予定のある騎手のみ


さらに、連対馬に関する前走データから目に付いた項目は以下のとおり。

8_前走間隔
連対馬8頭中6頭が、前走12月以降のレースに使われていた
例外の2頭の前走は共に11月だった

9_前走コース・距離
連対馬8頭の前走コースと距離は以下の通り。
東京ダ1600m:2頭
京都ダ1400m :2頭
阪神ダ1400m:2頭
中山ダ1200m:2頭

前走1400mが4頭で最多

10_前走レース・着順
連対馬8頭の前走クラスは以下の通り(括弧内は着順)。
前走・武蔵野S:2頭(6、3)
前走・OP  :5頭(1、15、5、3、2)
前走・1600万下:1頭(1)

前走OP以上が7頭で優勢

11_OP実績
過去の連対馬すべてにOPで優勝、もしくは重賞(芝を含む)で5着以内という実績があった

12_近走成績
過去の連対馬8頭中6頭に、近3走のいずれかで勝利実績のあった。
例外の2頭は、共に重賞で連対実績のある馬だった

データは以上。

例年、比較的平穏なレース傾向だが、今年はハンデ戦で行われるだけに、ひと波乱があったとしても驚けない。

データからは、前走1600万組は劣勢で、前走がOP以上のレースなら、7頭中5頭が該当する5着以内の着順が望ましい印象だ。
今年の出走馬で、前走がOP以上のレースで5着以内だったのはゴーイングパワー、レッドアルヴィス、オールブラックス、ナリタスーパーワンの4頭。
さらに、この4頭にデータ11_OP実績と、12_近走成績をあてはめると、該当するのは重賞勝ちのあるゴーイングパワー、レッドアルヴィスの2頭となる。


☆京都10R・結論☆

 ◎10 レッドアルヴィス
 ○ 6 ゴーイングパワー
 ▲ 7 エイシンヴァラー
 ☆12 グレイスフルリープ
 △ 9 ポメグラネイト
 △14 オールブラックス
 △15 ニシケンモノノフ
 △16 ナリタスーパーワン


今回、本命に推したいのは◎レッドアルヴィス。
一昨年の武蔵野Sを制した重賞ウイナーで、今回は堂々のトップハンデを背負う実力馬だ。
昨年のすばるSを制しているように、このコースを得意としており、これまで2走してOP1着、OP2着という成績を残している。
休み明けだった前走は、4歳の素質馬スーサンジョイに遅れを取ったが、3着には4馬身の差をつけており、休み明けとしては悪くない内容だった。
その後は、来週のフェブラリーSには登録もせず“名より実を取りに来た”感があるだけに、ここは取りこぼせない一戦だろう。

○は、好走してもなかなか人気にならないゴーイングパワー。

▲は、前走は度外視できる敗戦で見直したいエイシンヴァラー。

☆と△は、成績やこのコースと相性の良い騎手・種牡馬データを中心にピックアップ。


馬券の本線は単勝と馬単

 単勝 10
 馬単 10 ⇔ 6,7,12,9,14,15,16


少額で軸1頭の3連複

 10 = 6,7,12,9,14,15,16


-----------------------
★☆おまけ、の東京5R『3歳500万下』の予想☆★

おまけは、東京ダート1600mで行われる『3歳500万下』をピックアップ。

このレースで注目したいのは、デビュー戦の勝ち方が鮮烈だった◎アルーアキャロル。

新馬戦では、スタートで後手を踏んだものの、最後は後続に7馬身差をつける圧勝劇。
その7馬身差の2着馬が、次走で早々に勝ち上がり、さらには500万下も連勝したのだから驚きだ。

今回は、骨折休養明けでいきなり能力全開とはいかないだろうが、500万下ならアッサリと突破できる可能性は高い。

馬券的な妙味は乏しいかもしれないが、そのレース振りだけでもチェックしておいて損はないだろう。


☆東京5R・結論☆

 ◎ 8 アルーアキャロル
 ○12 サンアンダーソン
 ▲13 ストロボフラッシュ
 ☆ 3 トニーブロンディ
 ☆15 エイシンギガント
 △ 1 エルゼロ
 △ 9 ラスベガスシチー
 △11 プリンシアコメータ


馬券の本線は単勝と馬単

 単勝 8
 馬単 8 ⇔ 12,13,3,15,1,9,11

少額で三連単フォメーション

 1着 8
 2着 12,13,3,15
 3着 12,13,3,15,1,9,11


以上、6号でした。

私6号が担当するコラム
『砂の惑星から来た勇者たち』はこちら


 
※【うまヨミ】の登録はこちらより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line