TOP > コラム > こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】2月14日(日)小倉予想&門司Sの結論
コラム

こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】2月14日(日)小倉予想&門司Sの結論

覆面馬主 データの8号
こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】2月14日(日) 明日の単勝推奨馬(小倉編)&門司Sの結論


引き続き、どーも皆さんこんばんは!
覆面馬主・データの8号です。


2016年に入って、芸能ニュースを中心に話題に事欠きませんねw

アイドルグループのあの話…、清純派タレントとミュージシャンのゲス不倫…、番長逮捕…、お笑い芸人の三角関係…、ハニートラップと噂の議員不倫…。

ま、色々ありますし、今後も色々ありそうですが、皆さんは先週の競馬ニュースはしっかりチェックしましたか?

「知らなかった!」では遅いですから、『うまキュレ』のまとめコラムを今からでも確認した方がいいですよw



中でも、『“平成3強”最後の1頭 イナリワン死す』は残念。

そこで私、うまキュレのまとめコラムを読んで、改めて“平成3強”を映像とともに、3頭の歴史を学んでおりました。





では、「データの師匠」から届いた明日の日曜日の単勝推奨馬(小倉編)です!

土曜日は「激走に期待」と推奨していた12Rトミケンスラーヴァ(9番人気)が1着!

単勝3,220円の高配当!

日曜日も期待できそうですねw

小倉01R ◎ タマモアルム(スピード指数がずば抜けて高い)
小倉03R ◎ ショウナンマシェリ(ダート→芝替わりの激走に期待)
小倉03R ○ マーチン(ダート→芝替わりの激走に期待)
小倉04R ◎ エーティーサンダー(ほぼすべての項目でプラス評価)
小倉07R ◎ ウエスタンパレード(ほぼすべての項目でプラス評価)
小倉07R ○ マッシヴランナー(ほぼすべての項目でプラス評価)
小倉10R ◎ ビットレート(減点も多いがそれ以上の加点を獲得)
小倉10R ○ デュアルメジャー(ダート→芝替わりの激走に期待)
小倉11R ◎ スマートボムシェル(複数の項目で大きな加点を獲得)
小倉12R ◎ ショウナンハルカス(ダート→芝替わりの激走に期待)

-----------------------------

↓↓↓

■小倉11R 門司ステークス
ダ1700m
コース分析が出来れば馬券は当たる! 【小倉ダ1700m】
4歳上1600万下

※過去5年の小倉ダ1700m・4歳上1600万下から7戦データ
※15年以降の小倉ダ1700mで500万下から上のクラスの35戦データ


●傾向


1.前走成績

過去5年の計7戦で、前走1着~3着の複勝率30%、前走4着~6着の複勝率21%、前走7着~9着の複勝率16%、前走10着以下の複勝率9%。なお、前走現級組に限定すると、前走2着~3着馬の複勝率は25%程度。一方、昇級組の複勝率は33%。前走で現級を好走した組よりも昇級組の方が好データ。


2.前走条件

過去5年の計7戦で、最多4勝は前走1000万下組。複勝率も33%。一方、現級組は計3勝。複勝率は約16%。前走条件別データでは昇級組を狙ったほうが良さそうです。


3.前走距離

過去5年の計7戦で、出走頭数が10頭以上の距離では、前走1700m~1900m組の馬券対象馬が(7,5,6)と大半を占めています。また各距離の複勝率も20%~30%台。前走1600m以下の馬が、計21頭で馬券対象馬2頭、複勝率10%以下。つまり、距離延長組には厳しいデータが出ています。


4.脚質

2015年1月以降の計35戦で、脚質傾向は、「先行」の複勝率が40%超と最も高いデータ。また「逃げ」も30%台と高い数値を出しています。一方、「差し」は20%以下と低くなり、「追込」にいたっては5%以下と低いデータが出ています。なお、コース形態からマクリ脚質も好成績でサンプル数は少ないながら複勝率は「先行」を上回っています。つまり、道中は後方でも3角から4角で積極的に動いていけるタイプは好成績を残しています。


5.厩舎(小倉ダ1700mの過去3年のデータ)

(※今回の出走厩舎に限定)

複勝率(出走10回以上)
1位・吉田直弘厩舎
2位・河内洋厩舎
3位・高野友和厩舎
4位・安達昭夫厩舎
5位・岡田稲男厩舎


6.騎手(小倉ダ1700mの過去3年のデータ)

(※今回の出走騎手に限定)

複勝率(出走10回以上)
1位・小崎綾也騎手
2位・D.バルジュー騎手
3位・藤岡康太騎手
4位・幸英明騎手
5位・松若風馬騎手


7.血統(小倉ダ1700mの過去3年のデータ)

(※出走馬の種牡馬に限定)

複勝率(出走10回以上)
1位スパイキュール
2位ネオユニヴァース
3位ゴールドアリュール
4位シンボリクリスエス
5位クロフネ


以上を踏まえ、最終的な結論は…

◎モルトベーネ

今回と同条件で過去5年の計7戦は、前走1000万下の昇級組が4勝、現級組が3勝。また複勝率でも昇級組が好データ。更に、前走現級組の2着~3着の複勝率よりも昇級組の複勝率が高いですから、今回の狙いは昇級組に定めます。出走メンバーでは、コパノチャーリー、スマートボムシェル、モルトベーネの3頭。この中で、スマートボムシェルは5ヶ月振り、コパノチャーリーは3ヶ月振り。2頭ともある程度間隔が空いています。モルトベーネは1月23日以来と使われてきた強みがありますので、前走との間隔の違いで、今回はモルトベーネに最も大きな魅力を感じます。しかも、騎乗する松若くんは、この条件で好成績の乗り役ですし、今年も先週までに7勝、全国リーディング14位。今回騎乗する乗り役の中で今年は最も勝っている騎手。データはもちろん、若手の中でも進境著しい彼の手綱捌きも期待です。

続いてコパノチャーリー。こちらも昇級組。また、このレースは先行脚質が好結果を残す条件。先行脚質のモルトベーネ同様に、この馬も前に行くタイプ。場合によっては逃げることも選択肢にあるはずです。しかも、乗り役の小崎くんは、過去3年でこのコースで10回騎乗し、内4回で3着以内と好相性。3ヶ月振りの分だけ二番手に上げますが、データからは高い評価が必要でしょう。

スマートボムシェルは前2頭同様に昇級組。5ヶ月振りですので三番手に名前を上げます。

以下、前走現級組3着のロードフォワード。他にも血統データなどから怖いセトノプロミスやエクストラゴールド。更に、前走距離データは減点も前走現級3着で連闘策のノボバカラまでを候補と判断です。


単複と馬連を本線に3連単は軽め

◎⑨モルトベーネ
○⑮コパノチャーリー
▲⑫スマートボムシェル
☆⑪ロードフォワード
△⑤セトノプロミス
△①エクストラゴールド
△⑧ノボバカラ

単複


馬連
⑨-⑮⑫⑪⑤①⑧

3連単1頭軸マルチ
⑨-⑮⑫⑪⑤①⑧


2月14(日)東京11Rと京都11Rの予想はこちら↓↓↓




※【うまヨミ】の登録はこちらより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line