TOP > 競走馬 > 「フサイチ」を冠する名馬達まとめ
競走馬

「フサイチ」を冠する名馬達まとめ

名物馬主、関口房朗氏が保有する「フサイチ」を冠する馬達は数々のレースを制した名馬達である。
競走馬

フサイチコンコルド

わずか3戦のキャリアで東京優駿を制した『和製ラムラタ』と呼ばれた名馬。
◆フサイチコンコルドのデータ
1996年 日本ダービー
動画を見る
フサイチを代表する名馬の一頭であるが、身体が弱くデビューからわずか一年、1997年に引退した。

フサイチエアデールとフサイチリシャール

フサイチエアデールはGIに出るまでには至らなかったが、息子のフサイチリシャールがGIを制し母の無念を晴らした。
◆フサイチエアデールのデータ

◆フサイチリシャールのデータ
動画を見る
2歳の時、フサイチリシャールは5戦4勝・重賞2勝の活躍が評価され、2005年度のJRA賞最優秀2歳牡馬に選出されるなど活躍した。その後古馬時代は不振が続き、2008年脚の怪我が原因で引退した。

フサイチパンドラ

エリザベス女王杯、札幌記念を制した牝馬である。
◆フサイチパンドラのデータ
動画を見る
カワカミプリンセス降着による繰上げでのGI制覇であり、
降着での繰り上げGI制覇は15年ぶり2頭目の珍しい出来事である。

フサイチペガサス

ケンタッキー州で行われた「キーンランド・ジュライセール」で関口房朗氏が400万ドルで購入したフサイチペガサス。
ケンタッキーダービーでは1番人気に支持され、人気の通り優勝をものにした。
◆フサイチペガサスのデータ
動画を見る
この勝利で関口房朗氏はアジア人で初めてケンタッキーダービー優勝馬オーナーとなったのである。

関口房朗氏がオーナーの「フサイチ」を冠する競走馬は他にも 、フサイチゼノン、フサイチソニック、フサイチランハート、フサイチジャンク、フサイチホウオー等がおり、それぞれが目覚ましい活躍をしている。落札価格等、話題先行と言われがちの「フサイチ」だが勝つべきレースをしっかり勝っている。
フサイチ産駒は競馬界の一時代を築いたと言って良いだろう。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line