TOP > レース > 馬場状態が勝敗を分けた【第109回京都記念】レース結果まとめ
レース

馬場状態が勝敗を分けた【第109回京都記念】レース結果まとめ

2月14日(日)京都競馬場で行われたGII【第109回京都記念】今回もレース結果をまとめた。
馬キュレ

京都記念はサトノクラウンが優勝

inyofu 2月14日、京都競馬場で開催された第11R・京都記念(GII、芝2200m)は、好位からレースを進めた6番人気サトノクラウン(牡4、美浦・堀)が直線半ばで単独先頭に躍り出ると、後続との差をさらに広げ、最後はただ一頭完全に抜け出してゴール。約3カ月半ぶりの実戦をものともせず、3つ目の重賞タイトルを掴んだ。勝ちタイムは2分17秒7(重)で、鞍上はM.デムーロ騎手。3馬身差の2着は馬場の三分どころを渋太く伸びた3番人気タッチングスピーチ、2着にクビ差の3着争いは3頭一団で際どくなったが、4番人気アドマイヤデウスがこれをわずかに制している。なお、1番人気に推されたレーヴミストラルは最後方からレースを進めたものの、直線では伸びを欠き12着に沈んだ。

また、勝ち馬のオーナーである里見治氏は先週のきさらぎ賞(サトノダイヤモンド)に続き、京都競馬で2週連続重賞制覇を果たしている。

▽配当
単勝7 920円
馬連6-7 2880円
馬単7-6 5690円
3連複2-6-7 8020円
3連単7-6-2 4万5480円
(7.サトノクラウン、6.タッチングスピーチ、2.アドマイヤデウス)

▽【サトノクラウン】
父Marju
母ジョコンダ2
母父Rossini
通算7戦4勝
動画を見る

レース後コメント デムーロ騎手「去年より良くなってる」

inyofu 「今日の馬場でも強いレースでした。スタートがよく、道中はリズムよく走って、最後までいい伸びでした。直線では後ろから何かが来るかと思っていましたが、何も来ませんでした。去年より馬がよくなっているのだと思います」
重賞3勝目での勝利をあげたサトノクラウン。力強い競馬で他を寄せ付けず3馬身サでの快勝であった。

イメージ通りも タッチングスピーチ

inyofu 福永騎手(タッチングスピーチ=2着)「馬場の悪い内ではなく、外を通ろうと思っていたし、大体イメージ通りに競馬できたけど、甘くなかった。(前に)1頭いましたね。タフな馬場で最後までしっかり伸びていたと思います」
イメージ通りの走りだったが2着に終わったタッチングスピーチ。今回の結果を受けてドバイ遠征は流動的になったようだがはたして。

57キロは厳しかった アドマイヤデウス

inyofu 岩田騎手(アドマイヤデウス=3着)「57キロで、この馬場ではしんどかったけど、最後までよく頑張って走ってくれました」
内枠、馬場状態の良くない中での結果なので良く走ったという評価のアドマイヤデウス。次走以降にも期待できる。

馬場状態に泣く レーヴミストラル

inyofu 不良馬場でスタートした芝は重馬場までしか回復せず。レーヴミストラルの自慢の末脚は道悪にそがれた。道中は最後方から。直線に向いてもエンジンがかかるシーンはなく12着。前走・日経新春杯に続くG2連勝はならなかった。

 川田は「具合は良さそうでしたけど、この馬場では全く無理でした。残念です」と回顧。
とにかく今回の悪い馬場で力を発揮できなかったレーヴミストラル。今回の結果は度外視で次走に期待したい。

その他着順&コメント

inyofu ▼4着ヒストリカル(田中勝)外で脚をためていけたし、ノメるようなところはなかった。最後はよく伸びて頑張ってくれた。

 ▼5着ヤマカツエース(池添)4コーナーで手応え十分。前をつかまえられそうな勢いだったけど馬場に脚を取られて苦しくなった。

   ▼6着ワンアンドオンリー(内田)状態は完璧に近いくらい良かった。タフな馬場でよく踏ん張ってくれた。

▼7着トウシンモンステラ(小牧)強いメンバーに交じって、よく頑張ってくれたんじゃないかな。

   ▼8着スズカデヴィアス(藤岡佑)もう少し離していければ良かったんですが…。それでもかわされてからも頑張ってくれました。

   ▼9着トーセンレーヴ(フォーリー)スタートが凄く良くて、いい位置を取れたけど、ずっと空回りするような感じ。

   ▼10着トラストワン(ヴェロン)後半も粘って一生懸命、走ってくれた。

   ▼11着ミュゼゴースト(和田)久々の分、イメージより力んでいました。

   ▼13着マイネルディーン(高倉)道悪でノメッて、かわいそうでした。

   ▼14着ショウナンバッハ(田辺)脚をためられなくて流れに乗っただけでした。

   ▼15着コスモロビン(国分恭)ペースが上がったところでついていけなかった。

馬場状態が荒れた中でも強い走りをみせたサトノクラウンが3馬身差の快勝で終わった今回の京都記念。ここ3戦はGIで辛酸をなめたがまたGⅡで勝利してこれで重賞3勝目。次こそGI制覇への期待が高まる。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line