TOP > コラム > こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】ダイヤモンドS「10年分析」
コラム

こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】ダイヤモンドS「10年分析」

覆面馬主 データの8号
第66回
ダイヤモンドS(GIII)
芝3400m
コース分析が出来れば馬券は当たる! 【東京芝3400m】
4歳上OP

※06年~15年の10年間のデータ

●傾向

1、配当と人気

過去10年の馬連平均配当8,189円。最高は12年52,520円で最低は15年960円。3連単平均配当185,641円。最高は12年947,270円。最低は14年11,770円。

過去10年で、1番人気は最多6勝、馬券対象馬7頭と複勝率70%。2番人気は2勝、馬券対象馬5頭。3番人気1勝。つまり、10年間で上位3番人気9勝。15番人気が1度勝っていますが、基本は上位人気の強いレース。

2.前走条件

前走条件別では、最多の馬券対象馬数は前走重賞組(5,3,3)。また、前走OP特別組(4,2,1)。前走オープンクラス出走馬が勝ち馬9頭を含み、馬券対象を計18頭。ただ、前走オープンクラスに出走していた馬の複勝率は約16%。
一方、前走1600万下組は過去1勝と勝利数は少ないですが、馬券対象馬は計9頭。更に前走1000万下組も加えると計12頭。現級組にヒケを取らない頭数です。特に前走1600万下組は複勝率が30%超と高い数値を出しており、また前走1000万下組も複勝率23%。
つまり、現級組の複勝率が約16%に対して、昇級組の複勝率は約30%と明らかに好データを出しています。勝ち馬の頭数なら現級組ですが、昇級組にも注意が必要です。

3.前走距離

前走距離別は、過去10頭以上の出走頭数がある距離で、2000m組の複勝率は約6%、2200m組の複勝率18%、2400m組の複勝率31%、2500m組の複勝率33%。つまり、前走距離が長いほど高くなります。ただ、前走3000m以上は話が変わり、複勝率は13%程度。3000m組は過去3頭の勝ち馬を出していますので軽視はできませんが、ここが長距離戦だからと言って、あまり過度な期待はできないデータです。

4.前走着順

前走着順別では、過去10年の勝ち馬の内8頭は前走4着以内。また馬券対象馬も前走4着以内で(8,9,7)と大半を占めます。また複勝率でも前走4着以内は30%超と高いデータを示しています。一方、前走5着以下の複勝率は8%。基本は前走好走組を狙うのがベターでしょう。


以上を踏まえ、推奨馬は!

推奨馬
タンタアレグリア
マドリードカフェ
モンドインテロ


他の重賞データはこちら↓↓↓
■15日(月)18時公開
覆面馬主【データの8号】フェブラリーS 10年分析

■16日(火)12時公開
覆面馬主【データの8号】京都牝馬S 10年分析

■18日(木)12時公開
覆面馬主【データの8号】小倉大賞典 10年分析



※【うまヨミ】の登録はこちらより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line