TOP > コラム > こりゃ深すぎるww覆面馬主【妄想の2号】ダイヤモンドS予想
コラム

こりゃ深すぎるww覆面馬主【妄想の2号】ダイヤモンドS予想

覆面馬主2号
今月に入ってからどうもパッとしない予想を披露してしまっている2号です。
なんとか坊主は免れていますが、「これはほぼ間違いなく来るだろう!」と思ってここで紹介したレースが駄目で、「紹介するほどの自信は無いかな」と思ったレースが逆に来る。だからと言って敢えて逆にするとまた逆になる、という妙な状況に。

肩の力を抜いて考えてみましたが、「当てたい!」と意気込みすぎると逆に良くないんじゃないかと思うようになってきました。
今週はGIを含めて土日で4つの重賞が開催されますので、焦らず気長に、いい感じに力を抜きつつ、普段どおりの姿勢で好結果を収めたいと思います!

というわけで気長な気分になりたい時に最適な3400mの長丁場、ダイヤモンドS!3000mを越す平地重賞は現在5鞍しか無く、このレースは3600mのステイヤーズSに次ぐ距離での開催になっています。

ここへのステップとしてよく使われる万葉Sも3000mですし、菊花賞も阪神大賞典も3000m、天皇賞春ですら3200m。このあたりのレースで好走したスタミナの持ち主でも、200mや400mの距離延長に必ず耐えられるかというと疑問だと思います。
ここまでの長距離になると「長い」の一言で片付けられがちですが、例えば万葉Sからの400m延長は、クラシックで言うところの皐月賞からダービー相当分。「今年の皐月賞馬はマイラー血統なのでダービーは厳しい」なんて言われたりすることはあっても、万葉S馬がダイヤモンドSでの400m延長を不安視されることはあまり無いような・・・・・。

実際ここ2年は距離実績万全のフェイムゲームが連覇していますし、それ以外の上位馬もステイヤーズSなどの長距離戦で実績を挙げていたりという、かなりのスタミナ自慢でした。そうした中で連覇というのは凄いことですが、ハンデ戦なので今回は昨年より重い58.5キロにまで増えてしまったのは気になるところです。

この状況下で注目したいのが

◎10トゥインクル
〇7タンタアレグリア
▲15カムフィー

の3頭です!
◎トゥインクルは明け5歳。去年の今頃はまだ500万下を走っていた馬でしたが、狙いを2400m以上に絞り込んだ春先以降に一気に躍進。初重賞挑戦となった2走前のステイヤーズステークスでも3着に善戦した生粋のステイヤーです。前走の負けが気になりますが、3600mを使った後の3000mは、多分距離が短すぎたんじゃないかと思います。
〇タンタアレグリアは菊花賞4着。400mの距離延長となりますが、セントライト記念と菊花賞のレース内容を比較した限り、距離が伸びた方が良さそうなステイヤータイプ。
印としてはこの条件で実績のある◎トゥインクルと、初の3000m超えだったステイヤーズSでいきなり2着の▲カムフィーの間の〇にしましたが、400m延長が良い方に出れば十分勝利が狙えると思います。

◎10トゥインクル
〇7タンタアレグリア
▲15カムフィー
☆3ファタモルガーナ
△16フェイムゲーム
△11モンドインテロ
△2ホッコーブレーヴ

今回は3連複フォーメで◎=〇▲☆=〇▲☆△△△の12点を買おうと思います!
 
2号京都牝馬Sへ
全力一点少年・素イチスイッチへ


 
※【うまヨミ】の登録はこちらより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line