TOP > コラム > こりゃ深すぎるww覆面馬主【小鳥の7号】フェブラリーS予想
コラム

こりゃ深すぎるww覆面馬主【小鳥の7号】フェブラリーS予想

馬キュレ
ダイヤモンドSの馬連3300円もつくなんて美味しすぎるわ~!
配当見るまでどうせ12~13倍だと思ってたから、ビックリしたわ(笑)
そっくりそのまま東京最終にコロガシてなかなかの儲けになったわ!

さーて、フェブラリーSだな!
馬場が締まっての時計勝負になりそうな状況だな。
良馬場だったら、ノンコノユメから入ろうと思っていたんだが方針変更する。

◎ロワジャルダン!

これで行く。
持ち時計重視という状況なわけで、みやこSの1分47秒8を無視できなくなった。
しかも・・・そのみやこS、体調8分程度で陣営サイドは半信半疑だったわけだ。それでいて、あの時計と勝ちっぷりという事はああいう馬場がドンピシャ!という事だろ。チャンピオンズカップでも能力の片鱗は見せてくれたし、前走はあのペースじゃしょうがないわな。今回は出来も良いし、枠も良い。しかも、芝スタートで良馬場だとそこでスピード負けする絵が浮かぶが、今回は芝も重い。となれば、それほどおかれなくても済む可能性がある。それならノンコノユメよりも前で競馬が出来るし、差し脚は堅実。さらにこういった馬場でのスピード勝負にも適正があると考えりゃ、狙わない手は無い!

結論

◎6ロワジャルダン
〇3コパノリッキー
▲7ノンコノユメ
☆2ホワイトフーガ
△14モーニン
△5ベストウォーリア
△13タガノトネール

相手には、コパノリッキーを。先行馬は多いが、番手でも良いというタイプも多い。チャンピオンズCで無理くり絡まれた後、武豊、オーナーは外人騎手に対して滅茶苦茶嫌味言ってたし、ここで絡みつくのも相当勇気がいるはず。テンのスピードで言えばコパノリッキーが早いだろうから、下手すると絡みに行く馬があまりおらず、大してペースが上がらない事も考えられるので〇未満の印にはできなかった。▲はノンコノユメ。後方一気がどこまで通用するか?少しでもスローに落されれば前残りで届かず・・・というケースもゼロではない。武豊が前に居る以上、先行馬が多い=ハイペースになるとも限らない…。ある程度の自在性は欲しいところなので、俺はロワジャルダン&横典を上に取った。☆には本音を言えばもう少し外枠が欲しかったホワイトフーガ。出来はかなり良いし、馬が変わったと思えるような動き。もう少し外なら〇を打ちたかったくらいでここでも楽しみ。△勢はぶっちゃけ、1400mベストだと思っている馬達。力はあるが、マイルで馬券圏内というと相当上手く乗らないと厳しいだろう。

買い方

◎の単勝。
◎からの馬連。
3連複フォーメーションで、◎=〇▲☆=〇▲☆△△△の12点を押さえる。

フェブラリーSは以上


→7号 オフレココラム
→7号 小倉大賞典



※【うまヨミ】の登録はこちらより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line