TOP > コラム > 「覆面馬主の真実」【第42話】~リアルタイム進行型・競馬狂小説~
コラム

「覆面馬主の真実」【第42話】~リアルタイム進行型・競馬狂小説~

覆面馬主の真実
一昨日、トルコの首都、アンカラでまた大規模なテロがあり、28名もの命が犠牲となった。
ヨーロッパから中東にかけては、もはや戦争状態といっても過言では無い。

その証拠に、1000年間分裂状態にあった東西のキリスト教会が、キリスト教への迫害と暴力をなくすために、宗派を超えて協力していくという声明がつい先日出されたからだ。
これは、歴史的な大事件である。
ロシア正教会とローマカトリック教会とが、一致団結しようという事からして、中東~ヨーロッパが大変な状況にあることを意味している。

我が国も、安保法案の成立から軍国化への道を静かに辿っているように見える。
戦争に参加する日が近いような恐れもある。

オレの知り合いが、自分たちでお金を出し合い、進めている「みんなの戦争証言プロジェクト」
このコンセプトは、素晴らしい!

宝田明さんや、赤木春恵さん、田原総一朗さん、小山明子さん、といった著名人から、一般の戦争体験者の方々まで、本当に「戦争とは一体どんなもので、どういう時間が流れたのか」を、つぶさにロングインタビューしていくという企画。

その証言映像を、誰でも自由に視聴、利用出来るアーカイブとして公開していくというスタンスも素晴らしい!

「みんなの戦争証言アーカイブス」是非一度ごらんになって欲しい。
みんなの戦争証言アーカイブス

そもそも歴史とは、編纂、編集され、後世に生きる人々が都合良く作っていくもの。

我々の世代は、戦争という事態に対するリアリティがない。
一体何が起きるのか?
どういう精神状態になるのか?
毎日、どんな時間が流れるのか?

人は忘却の生き物だから、こうしたリアリティを感じ続けなくてはいけない。

世界は、今、戦争に向かっている。気がするのは、オレだけだろうか・・・。

少なくとも、我が国は、こうした世界の潮流に二度と巻き込まれてはならない。

殺し合いに何の意味があるのだろうか?
何の意味もない。
最も恥ずべき行為だ。

スポーツで、経済で、科学で、文学で、映画で、争っていって欲しい!
五輪もワールドカップもノーベル賞も、あるじゃないか・・。

戦争と殺し合いの無い世界などあり得ないという人がいるが、そう言ってしまって放棄する態度が最悪だ。

競馬の世界でも、ドバイから、ワールドワイドな戦いが始まる。

今年も、ドゥラメンテをはじめ、錚々たるメンバーが、ドバイに挑む。
世界と戦う日本の馬たちを応援したい!
日の丸を背負って戦う馬たちを!

今から本当に楽しみでならない!

続く。





↓うまヨミの登録はこちらから↓

うまヨミの登録ページ
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line