TOP > 予想/馬券 > 最終追い切り情報&タイムまとめ【第66回ダイヤモンドS】
予想/馬券

最終追い切り情報&タイムまとめ【第66回ダイヤモンドS】

2016年2月20日(土)に行われる東京競馬場のメーンレース【第66回ダイヤモンドS】今回も有力馬中心に追い切り情報やタイム等をまとめてみた。
馬キュレ

最終追い切り情報 8枠16番 フェイムゲーム

inyofu 3連覇を狙うフェイムゲームはやや精彩を欠いた。17日、美浦ウッドでタブレットピーシー(古馬1600万)を2馬身追走。直線で内に入って追われたが、引っ張りきりの相手をかわせず併入。タイムは5ハロン70秒6-13秒2。宗像師は「動きは予定通り。これであらかた仕上がると思う」

4枠7番 タンタアレグリア

inyofu タンタアレグリアは主戦の蛯名が騎乗してWコースで併せ馬。しまい強めに追われると内を鋭く伸び、6F82秒8~1F12秒6でミエノワンダー(6歳1600万)に2馬身先着した。菊花賞4着以来だが仕上がり上々。蛯名は「動きは良かった。まだヤンチャだけどいくらか大人っぽくなってきたし、リラックスして行ければ」

6枠11番 モンドインテロ

inyofu 条件戦を連勝中の上がり馬モンドインテロはWコースでオデュッセウス(3歳オープン)と併せ馬。4馬身追走から直線で内に入り、強めに追われて併入した。 手塚師は「相手も具合が良く、いい追い切りができた」と上機嫌。「初めての距離だが、2400メートルの走りを見ると3000メートル以上でも…と思う。エンジンの掛かりが遅いので、ジョッキー(池添)にしっかり伝えたい」

1枠2番 ホッコーブレーヴ

inyofu ホッコーブレーヴが出色の走りを披露した。D(ダート)コースで4馬身先行したホッコーエイコウ(5歳500万)に内から馬なりで3馬身先着。ラスト1Fは12秒6。 松永康師は「ひと追いごとに反応が良くなってきた。休み明けでも走るタイプだし、期待は大きい」

5枠10番 トゥインクル

inyofu 格上挑戦のトゥインクルが体を絞って前進する。 17日、Cウッド6ハロン84秒1-12秒5で、先行したアンリヴィールド(古馬1600万)の外から併入。準オープンの身ながら、G2ステイヤーズS3着と好走しており、牧田師は「いい動き。前回は体に余裕があったけど、絞って出せそう。折り合いには心配がないので」

7枠14番 ペルーサ

inyofu ペルーサはここ2週ほど立て続けの併せ馬を消化し汗を流している。10日は美浦ウッドでレッドレイヴン(古馬オープン)と併せて2馬身先着、14日には重の坂路でキミノナハセンター(古馬1600万下)と併せ1馬身先着、そして最終追いの17日はウッドでサトノフェラーリ(古馬1000万下)を3馬身先行する形から同入フィニッシュした。前走ジャパンC(17着)以降、放牧には出さずに厩舎で調整していたようで、9歳馬かつ、この寒い時期でも馬体をスッキリ見せていて実にいい雰囲気だ。

その他出走馬追って一言

inyofu ◆エバーグリーン・新開師 「けいこ駆けしないタイプだが、合格点の動き」

◆カムフィー・池上和師 「先週、先々週としっかり負荷をかけている」

◆ゴッドフロアー・松永幹師 「状態はいいと思う。ハンデ差を生かして」

◆サイモントルナーレ・田中清師 「前走後も順調に来ている」

◆スピリッツミノル・本田師 「動きは普通かな。今回はためていければ」

◆ニューダイナスティ・石坂師 「馬は元気。長いところがいい馬」

◆ネオブラックダイヤ・鹿戸師 「中間は元気いっぱい」

◆ファタモルガーナ・佐藤助手 「柔らかみは戻ってきたけど、去年がすごくよかったから…」

◆ペルーサ・藤沢和師 「(9歳で)年をとってきたので、長い距離のほうがいい」

◆マイネルメダリスト・田中清師 「中間の具合は変わりなくいい」

◆マドリードカフェ・佐藤助手 「充実している。攻めの動きもオープン馬らしくなった」

最終追い切りタイム一覧

inyofu エバーグリーン 牡8 51 *吉田豊 17日南w良:69.1-53.5-39.5-13.0:一杯

カムフィー 牡7 54 横山典弘 17日南w良:67.9-52.9-38.9-13.3:一杯

ゴッドフロアー 牝6 49 *井上敏樹 17日栗坂重:56.5-40.8-13.1:一杯

サイモントルナーレ 牡10 48 *石神深一 17日南D良:67.1-52.3-38.6-12.8:馬也

スピリッツミノル 牡4 53 *松岡正海 17日栗C重:86.2-69.8-54.5-40.3-12.3:一杯

タンタアレグリア 牡4 55 蛯名正義 17日南w良:82.8-66.6-52.1-38.1-12.6:強め

トゥインクル 牡5 54 *勝浦正樹 17日栗C重:84.1-67.7-52.8-39.0-12.5:一杯

ニューダイナスティ 牡7 54 *石橋脩 17日栗坂重:54.2-39.5-13.5:一杯

ネオブラックダイヤ 牡8 54 秋山真一 17日南w良:69.1-53.5-39.7-13.2:馬也

ファタモルガーナ セ8 56 *内田博幸 17日栗坂重:53.4-38.7-12.7:強め

フェイムゲーム 牡6 58.5 *三浦皇成 17日南w良:70.6-54.9-39.7-13.2:一杯

ペルーサ 牡9 56 *ヴェロン 17日南w良:68.1-52.3-39.1-12.7:強め

ホッコーブレーヴ 牡8 56 *田辺裕信 17日南D良:68.6-52.7-38.7-12.6:馬也

マイネルメダリスト 牡8 55 柴田大知 17日南D良:65.9-51.5-38.0-12.8:馬也

マドリードカフェ 牡5 53 *大野拓弥 17日栗坂重:54.4-39.4-12.4:強め

モンドインテロ 牡4 54 *池添謙一 17日南w良:67.8-52.7-39.4-13.1:強め

うまキュレ班のおススメ好調教馬は

◎タンタアレグリア
 モンドインテロ
 ホッコーブレーヴ
 カムフィー

特にタンタアレグリアは、躍動感のあるフォームで全体&終い共に好タイムを記録。4ヶ月の休み明けだが、このレースを目標にしっかり仕上げられた印象だ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line