TOP > レース > 【第66回ダイヤモンドS】レース&的中結果まとめ
レース

【第66回ダイヤモンドS】レース&的中結果まとめ

2月20日(土)東京競馬場で行われた重賞レース【第66回ダイヤモンドS】のレース結果と予想家の的中をメインにまとめてみた。
馬キュレ

トゥインクルが優勝

inyofu 2月20日、東京競馬場で開催された第11R・ダイヤモンドS(GIII、芝3400m)は、道中中団後方につけた4番人気トゥインクル(牡5、栗東・牧田)が、4コーナー手前から一気に動き先頭に躍り出ると、直線では力強い伸び脚で後続を引き離し圧勝。重賞初制覇を飾った。勝ちタイムは3分37秒8(稍重)で、鞍上は勝浦騎手。4馬身差の2着は同一レース3連覇はならなかったものの、トップハンデを背負いながらも後方から鋭く脚を伸ばした2番人気フェイムゲーム、2着に5馬身差の3着は中団からジワジワ差を詰めてきた8番人気ファタモルガーナが入った。なお、1番人気タンタアレグリア、3番人気モンドインテロはともに道中勝ち馬と同じような位置取りでレースを進めたが、直線での伸びを欠き、それぞれ4着、6着と敗れている。

▽配当
単勝10 680円
馬連10-16 3300円
馬単10-16 6000円
3連複3-10-16 1万1180円
3連単10-16-3 5万8400円
(10.トゥインクル、16.フェイムゲーム、3.ファタモルガーナ)

▽【トゥインクル】
父ステイゴールド
母ロングスターダム
母父ノーザンテースト
通算28戦5勝(重賞初勝利)
動画を見る

レース後コメント 勝浦騎手「天皇賞に行っても楽しみ」

inyofu 「今日は前で競馬を、という指示でしたが、馬に跨った雰囲気も道悪をこなしそうでした。終始手応えも良く、強かったです。切れる脚はないので、ヨシというところで動きましたが、追ってからも脚がありました。とにかく勝てたことが嬉しいです。今日の勝ち方なら天皇賞に行っても楽しみです」

GⅠにつながる フェイムゲーム

inyofu 三浦騎手(フェイムゲーム=2着)「言い訳できない競馬だったけど、遠征明けでトップハンデ、悪い馬場でも頑張っていた。G1に向けていい形でつながる競馬ができた」

最後は脚を使ってる ファタモルガーナ

inyofu  内田騎手(ファタモルガーナ=3着)「こういう悪い馬場でも頑張っていた。勝った馬にはスッと離されてしまったが、最後は脚を使っている」

その他着順&コメント

inyofu 4着 タンタアレグリア(蛯名騎手)
「うまくいって、理想的な競馬でした。追い出しを待つくらいでしたが、離されてしまいました。これで負けたのだから仕方がありません。馬場にやられました」

5着 マイネルメダリスト(柴田大騎手)
「距離が長いのが良かったです。時計の掛かる馬場も向きました。前とは差がありましたが、よく頑張っています。ここに来てやる気を出しているのはいい傾向です」

6着 モンドインテロ(池添騎手)
「距離や折り合いは問題ありませんでした。我慢して走っていましたが、この馬場ではどうしようもありません。初めて乗りましたが、力はこのクラスでも十分やれるものを持っています」

7着 スピリッツミノル(松岡騎手)
「手前を替えてくれませんでした。位置にこだわらずに乗って欲しいと言われていました。よく頑張っています。次につながる競馬は出来ました」

11着 カムフィー(池上昌和調教師)
「ここまで馬場が悪くなってしまうと、最後は集中力が切れてしまった感じです。地力の差が出てしまいましたね」

14着 ホッコーブレーヴ(田辺騎手)
「あまり気がいい馬ではありませんし、苦しくなると真面目に走らないところがあるので、そういう部分が出てしまったかもしれません」
フェイムゲームの3連覇を阻止して4番人気トゥインクルがs重賞初制覇した。天皇賞でも活躍に期待できる!?

【やはり勝負は3連単!】

inyofu となるとハンデも手ごろで充実期を迎える世代から◎人気ブログランキングへ

前走は先行決着でのもので参考外。2走前は馬群を割った勝ち馬とはコース取りの差が大きかったように思います。準オープンすら勝ち切れていない詰めの甘さは気がかりで今回の鞍上もちょっと頼りないんですが、有力馬は久々が多いので今年一度使われているこの馬に期待してみます。
inyofu ◎人気ブログランキングへ
〇タンタアレグリア
▲ファタモルガーナ
☆カムフィー
△フェイムゲーム
△ネオブラックダイヤ
△モンドインテロ
△エバーグリーン
タイトル通り3連系を中心にハイリターンを求めて中央・地方の重賞レースを中心に予想する斉藤氏のブログ。本命トゥインクルが見事一着に来て3連複を的中!

【天童なこオフィシャルブログ】

inyofu ◎10トゥインクル
○2ホッコーブレーヴ
▲13ネオブラックダイヤ
☆11モンドインテロ
△7、15、16 今週の栗東CWは時計が掛かる馬場で、大半がしまい13秒台、14、15秒台掛かる馬も多く、スタミナとパワーが問われる結果になりました!
そんな中、トゥインクルは12.3秒とまったく苦にしない走り
外をまわったことを考えると相当評価しないといけません
スタミナ勝負なら持ってこいですし、タフな馬場を走れる裏付けもあり、ここは妙味も考えてこの馬を本命に推します。
独自の好走調教データを持っているタレント天童なこの予想ブログ。本命トゥインクルを見事的中させて馬連、馬単をゲットした。

覆面馬主の予想

1号の予想
inyofu ◎15カムフィー
〇7 タンタアレグリア
▲10トゥインクル
☆3 ファタモルガーナ
△14ペルーサ
△11モンドインテロ
△8 エバーグリーン
△2 ホッコーブレーヴ
2号の予想
inyofu ◎トゥインクルは明け5歳。去年の今頃はまだ500万下を走っていた馬でしたが、狙いを2400m以上に絞り込んだ春先以降に一気に躍進。初重賞挑戦となった2走前のステイヤーズステークスでも3着に善戦した生粋のステイヤーです。前走の負けが気になりますが、3600mを使った後の3000mは、多分距離が短すぎたんじゃないかと思います。
inyofu ◎10トゥインクル
〇7タンタアレグリア
▲15カムフィー
☆3ファタモルガーナ
△16フェイムゲーム
△11モンドインテロ
△2ホッコーブレーヴ
7号の予想
inyofu 俺が狙うのはトゥインクル。
前走の万葉Sでは人気を裏切ったが、明らかに太かった。しかも、準OPの身でありながら、OPでトップハンデタイの55キロだった。今回はしっかり調整できていて、2走前くらいの身体で出てきてくれりゃ勝ち負けできると見ている。折り合いに問題は全く無いタイプだし、東京の長い直線をタフな叩き合いに持ち込めればこの馬のスタミナが活きると見る。とにかく相手なりにしっかり走るし、いい調子で迎えられるここは中心視してみたい。
inyofu ◎トゥインクル
〇ホッコーブレーヴ
▲タンタアレグリア
☆カムフィー
△フェイムゲーム
△モンドインテロ
穴マドリードカフェ
覆面馬主たちは今回2号7号がトゥインクル本命で予想をドンピシャで的中。2号が3連複、7号が馬連をゲットした!

今回雨が降っては馬場が荒れたレースであったが、その馬場の荒れを見越して予想家、覆面馬主共に的中を連発した絶好調の結果を得たダイヤモンドSであった。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line