TOP > コラム > 重賞競走【10年データ分析】阪急杯
コラム

重賞競走【10年データ分析】阪急杯

覆面馬主 データの8号
データの8号[阪急杯]の10年データ分析

第60回
阪急杯
阪神芝1400m
コース分析が出来れば馬券は当たる! 【阪神芝1400m】
4歳上OP

※06年~15年の10年間のデータ

●傾向

1、人気と配当

平均配当
単勝・881円
複勝・312円
枠連・1654円
馬連・4281円
馬単・8506円
3複・10934円
3単・71981円

上記の平均配当を見てもわかるが、1人気(1.2.2.5)、2人気(3.1.2.4)、3人気(2.3.0.5)、4人気(3.1.0.6)と上位人気の成績が良い同競走。3連単最高配当は昨年の阪急杯であり3連単236,350円というもの。06年の214,560円と2回20万馬券が飛び出したが、それ以外はいずれも6万馬券以下で07年は4ケタ配当。穴狙いは禁物なようだ。

2、前走条件

好成績を残しているのは阪神C組で(4.3.3.10)と複勝率50%にも及ぶ。阪神C時の着順は関係なく13年のオリービンは阪神C15着ながら、阪急杯では11人気ながら3着に好走。小波乱を演出している。
なお、馬券に絡んでいる馬の前走のほとんどが重賞組だが、G1組は14頭いて1頭が1着で1頭が3着になった程度。勝利を飾ったのは前走香港スプリントに出走していたロードカナロア。3着になったのはマイルCSに出走していたレッドオーヴァル。G1組は軽視が正しいだろう。重賞組の中で狙うべきは(4.3.3.13)で最も成績が良い前走G2組。

3、枠順

枠順は断然内が有利。複勝率を見るとそれは明白で、1枠[36.8%]2枠[40.0%]3枠[30.0%]とほぼ内枠から馬券対象馬が出ている。馬券圏内30頭中21頭が1枠から3枠となっている。

4、リピーターに注意
サンカルロをはじめマジンプロスパー、ローレルゲレイロなどリピーターが多く目に付く同競走。芝1400mという1200mでもなく1600mでも無いこの距離はスペシャリストが活躍する例が多いだけに、芝1400m実績のある馬には注意が必要。

5、馬齢

勝ち馬で見ると5歳馬が断然で14.3%。続いて8際馬ではあるがこれは数が少ない。一方複勝率で見ると1位は4歳馬で34.3%。4、5歳馬を中心と見るべき。

6、【危険】馬体重

520キロを超える馬は過去25頭出走しているが全滅。芝の短距離であり、大型馬はそう人気には成りづらいが、11年ワンカラット(2人気)、スプリングソング(3人気)も共に沈没。08年のマルカフェニックス(4人気)も5着(降着となり12着)となっている。

7、【危険】前走重賞以外組

前走がOP特別の馬の成績は(0.0.0.29)とデータ的には無条件で切り。前走が1600万クラス組は(0.1.1.13)と、OP特別組と比べればまだ良いが、馬券に絡んだ2頭は共に2.3番人気と上位に推されたほどの馬。よほどの事がない限りは軽視すべき。

【余談】単勝オッズ
オカルト的観点ではあるが、なぜか走る5.0~6.9倍台の単勝オッズの馬。走りも走ったり複勝率80%。馬券圏内を外した唯一の馬も06年のコスモサンビームでレース中に競走中止となった。09年には5.0倍だったドラゴンファングと5.9倍だったローレルゲレイロが共に馬券圏内を確保。07年のプリサイスマシーンは同着により270円となったが、もとはこの範囲の単勝オッズ。

以上を踏まえ、週中時点での推奨馬は…


ダノンシャーク
マイネルアウラート
サドンストーム
ティーハーフ


10年データ分析公開日時

アーリントンC⇒公開中

中山記念⇒2月25日(木)12時



※【うまヨミ】の登録はこちらより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line