TOP > コラム > 覆面7号 連載コラム「祭りの痕」Vol.11「肩」
コラム

覆面7号 連載コラム「祭りの痕」Vol.11「肩」

馬キュレ

それにしても、喫煙家の肩身の狭さよ。

なぜ俺はこんなに肩身の狭い思いをさせられるものばかり好きになってしまうのか?
30年前は煙草よりも競馬をしている事の方が肩身が狭かったかもしれないが、今じゃイメージはすっかり逆転している。
若い女の子が、7号さん今度競馬連れてってよ!とか、言ってくるもんな。
大井競馬場なんて昔だったら「えー、臭~い・・・」とか言われてたのに、今じゃデートスポットだもんな。
こういう逆転現象は非常にありがたい。

しかし、タバコはもう無理だろうな。
若い頃にはタバコの匂いが好き!とかのたまっていた女が、今じゃ、臭い・・・とかぬかしながら受動喫煙者の事考えてよ!とかヒステリックに騒ぎやがるからな。俺は結構マナー守りながら吸ってる方なんだけどな・・・。

逆転しているといえば離婚なんかもそうか?
以前ならバツイチといえば肩身が狭かった時代もあると聞くが、今時は勲章のように美化されているケースもある。
ヒロポンが合法的に売られた時期に俺は産まれてはいないが、国が認めて覚せい剤をばら撒いていた時期もあるのに、今覚せい剤をやれば肩身が狭いどころか、懲役だ。

そう考えると、煙草もいつかは非合法扱いのものになるんかね。
つまり今はその狭間期間のようなもんで、健康増進法という錦の御旗の元、喫煙者への追い込みは徐々にきつくなってくんだろうな。
JTに友達が居るんだが、本当に肩身が狭くなってきた…って嘆いてたもんな。

肩身が狭い、これを辞書で調べると・・・

「世間に対して面目が立たず、引け目を感じる」

と書いてある。

世間?面目?
哲学的に世間をどう捉えるか?であったり、面目を語源的にどう考えるか?というところを深掘りしていくとキリが無いので、シンプルにこちらも辞書で調べてみると・・・

世間=人々が互いにかかわりあって生活している場。世の中。社会。また世の中の人々。
面目= 世間や周囲に対する体面・立場・名誉。また、世間からの評価。めんもく。

なるほど、世の中や社会に対して評価や名誉がもらえない状態で、引け目を感じている状態が「肩身が狭い」という事か。

この引け目を感じさせる事を推し進めるための錦の御旗が「健康増進法」か。

合法ではあるが煙草が害であるという事実が広まり、煙草をやめる人が増えてきた。
その上で、この錦の御旗を掲げる事で、ヒステリックな嫌煙活動家を増殖させ、「喫煙=悪」のムードを加速度的に広めようと言う事だろう。つまりは、票が動くわけだ。政治家が動くと言うより、敵を明確化させ、嫌煙ムードを広めるためのディストリビューターに嫌煙家を仕立て上げたと言う作戦だよな。そして真綿で首を絞めるようにジワジワと喫煙家を追い込む。その傍らでは、今もなおタバコは合法化のまま値上げを続け、税金を徴収し続けているという二枚舌状態だ。タバコには相当な害があると解っていても、タバコ関連の雇用にかかわる問題もあるだろうから、バツーン!とタバコ禁止!とも言えないだろうしな。

税金と雇用と票。
難しい三角関係だわな。

先日ある政治家と数人の社長と飯を食ったのだが、その時のあるシーン。
以前は肩で風を切りながら自社の業績の高さを吹聴していたとある社長が、法令の不備による業績悪化で凋落の道をたどっていてると言って、その政治家に一生懸命法整備の陳情をしていた。自らの収益力を「票」という言葉に置き換えると、票を失いつつあるその社長は、更に票を持っている政治家に擦り寄るしか復活の道が無いのだろう。肩にかかるV字回復への責任の重さに耐えながら一生懸命訴えていた。それでも、その陳情は通らない事を察したのだろう。肩を落としてがっくりしている姿に、世の中の縮図を見、明日は我が身だな・・・と感じたわけだ。

コンプラ、コンプラ、うるせーな!

なんて事を言えば、
今は企業経営など出来なくなってきている。
俺もいつかは業界のTOPに肩を並べるぞ!と意気込んで仕事をしているが、コンプラ過敏症のヒステリックなおばちゃんに、足元をすくわれるかもしれないわけだ。かといって、過敏になりすぎるのもどうかと思うわけだ。実際に、映画やフィクションの世界にまで喫煙シーンの自粛を促すのはやり過ぎだよな・・・と思うしね。

最近部下や友人から電子タバコを勧められる。
社長!この電子タバコ良いですよ!見てください、僕、健康になったでしょ!と訴えてくる。
以前はちょっと歩いただけで肩で息をしていたのに、確かに顔色も良く、仕事もはかどっているようだ。
電子タバコにするくらいなら、俺はタバコやめるわ!と強がっていたのだが、肩入れしている部下がそこまで良いというなら俺も考え方を改めるかな?と。

え?
なに?

肩身だとか、肩入れだとか、肩を落とすだとか、肩、肩、肩、肩、カタ、カタ、カタ、カタうるせーな!
競馬のコラムでなんのハナシしてんだよ!お前はキーボードか!!!!
って?

では答え。
とある日の1号のアニキとの会話。

1号「7号は馬体を見るときに何を重要視してんだ?」
7号「もちろんバランスを見るが、おれは肩を結構重要視するよ」
1号「その話し今度コラムに詳しく書いてくれよ!」
7号「え?コラム?肩の?」
1号「そうそう!これから馬主になって馬を買いたい!って人の参考になればいいじゃん!」
7号「わざわざ敵に塩を送るような真似すんのか?」
1号「は?ケツの穴の小さい事言うなよ・・・」
7号「ただでさえセリの値段上がってんのに、なんで俺の秘策を教えなきゃなんねーんだよ」
1号「このまえ、スゲー高いフレンチ奢ってやっただろ!だから教えろ!」
7号「わかったよ・・・」

と言ったものの、結局どう考えても上手く説明できないからこんな「肩のつく言葉」を多用するコラムになった・・・ってオチだ(笑)

じゃーな!



※【うまヨミ】の登録はこちらより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line