TOP > コラム > 覆面馬主【妄想の2号】中山記念予想
コラム

覆面馬主【妄想の2号】中山記念予想

覆面馬主2号
2号です!
土曜日は最初の1点勝負(中山1R)が安かったものの的中となり、滑り出しは上々!と思ったのですが、以降が続かず。
アーリントンCも☆ダンツプリウス(9番人気2着)という部分は我ながら目の付けどころがSHARPだったと自画自賛していますが、他は△レインボーライン以外がことごとく沈没。

まぁハンデ戦以外では珍しい「5着まで同タイムの横一線」でしたし、10回やれば10回勝ち馬が変わるようなレースだったのかもしれませんが、ここぞという時に根性を見せ僅かでも前に出ていたのは、やはり2勝馬勢。地力というものの存在を改めて実感した1戦でした。

というわけで『中山記念』ですが、このメンバーの中で誰がどう見ても一番強そうだと感じるのは間違いなく二冠馬のドゥラメンテでしょう!

皐月賞馬が3世代(ドゥラメンテ、イスラボニータ、ロゴタイプ)揃い、皐月賞・菊花賞2着馬のリアルスティール、ジャパンカップ2着馬ラストインパクト。
他にも重賞馬や実力馬がいないわけではありませんが、11頭中5頭がGI連対経験持ち。何頭強い馬がいても最終的に馬券圏内に来るのは3頭までと考えると、実績で選ぶならここまででしょう。

去年の中山記念も11頭立ての馬群の先頭がロゴタイプというレースで、恐らく今年も似たような状況になると思いますが、唯一差せたのが前年のオークス馬だったヌーヴォレコルト。3着ステファノスは当時まだGIII1勝の身でしたが、その後香港GIと天皇賞(秋)で2着に入る実力を見せています。
仮に今年ステファノスの立場になれる馬がいるとすれば、まだ実戦経験が少なく伸びしろが大きそうな4歳馬アンビシャスですが、去年と今年ではGI馬・GI連対馬の総数が違います。実力面を重視した結果

◎3ロゴタイプ
〇2リアルスティール
▲7ラストインパクト
☆9ドゥラメンテ
△6イスラボニータ

という比較的本命サイドの予想になってしまい、ここにアンビシャスやフルーキーあたりが食い込んで来るか・・・・・?と考えると、削って点数を減らした方が賢明かなと思いました。

ちなみにドゥラメンテは今回30キロ近く増えているとか。
単なる成長分なら良いのですが、先週6ハロンから一杯に追った上での大幅プラス。「直前はソフトな仕上げに」というパターンならともかく、今週もコースで併せてしっかり追われていました。
去年も気性面が取り沙汰されていた馬なので、久々なのにこれだけ追ってしまうとテンションが気掛かり。絞るために追わざるを得ない状況だったのだろうかと、これではつい邪推したくなります。
この条件で全馬メイチ仕上げの全力勝負なら10回中8回は1着になれるような馬だと思いますが、今回はちょっと評価を下げました。

馬連で◎=〇▲☆の3点と、3連複フォーメで◎=〇▲=〇▲☆△の5点を買おうと思います!

以上、中山記念でした!


→2号阪急杯
全力一点少年・素イチスイッチ



※【うまヨミ】の登録はこちらより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line