TOP > コラム > 覆面馬主【砂の6号】2月28日(日)阪神10R・中山10R予想
コラム

覆面馬主【砂の6号】2月28日(日)阪神10R・中山10R予想

覆面馬主 砂の6号
どうも。☆覆面馬主・砂の6号☆です。

今週の日曜日は、二冠馬ドゥラメンテの復帰戦があり、またその他にも競馬界を代表する名伯楽(橋口弘、松田博、武田博)の引退があったりと、なにかと話題に事欠きません。

競馬ファンなら復帰戦、引退戦の単勝馬券を買って応援したくなりますが、ストイックな馬券派の人は、ここぞとばかりに、応援票の分だけ美味しくなった“その馬以外の単勝”で勝負をすることでしょう。

“競馬はロマンか?それともギャンブルか?”

はたして、みなさまはどちらよりの競馬ファンでしょうか。


それでは、予想に参りましょう。
日曜日のターゲットは、ダート1800mで行われる阪神10R『伊丹ステークス』(4歳上1600万円以下)。
WIN5の1レース目に指定されているレースです。

まずは、恒例の簡単なコース説明から。

スタート地点は、スタンド前の直線坂下付近。最初のコーナーまでは約300mあり、スタート直後に上り坂を迎える。
最初のコーナーまではそれなりに距離があるが、それでも外枠の先行したい馬が内側に殺到するため、内の先行馬はスタートで失敗すると包まれてそのまま終了となるケースもありえる。
直線にある坂を2度回るコースなだけに、京都が得意のスピード馬では乗り切れないことも多い。
とはいえ脚質的に先行馬が有利なことは他の競馬場とそれほど変わらず、マクリを含めて4コーナーで好位に付けられる馬に注目したい。

このコースの種牡馬データも載せておくので、ご活用ください。

★阪神ダート1800m 種牡馬データ(2011~15年、勝ち数トップ10以内の種牡馬が対象)
・最多勝:キングカメハメハ(39勝)
・勝率 :スペシャルウィーク(約14%)
・連対率:ハーツクライ(約21%)
・単回収:ハーツクライ(149)
・複回収:ハーツクライ(135)

勝ち数トップのキングカメハメハは、勝率も11%とマズマズの数字。
そのほかでは、勝ち数ベスト10のうち7頭を占めるサンデー系が好相性。


★☆日曜阪神10R・『伊丹S』の予想☆★

参考にするのは同条件で行われた過去4回の伊丹S。
なお、過去4回はいずれもハンデ戦で行われている

①配当
過去4回の馬連平均配当は6,650円。
新しい順に、1,910円、13,560円、260円、10,840円。

4回で万馬券が2度も出ている難解なレース

②人気
過去の連対馬の人気 ※括弧内は左が1着
2015( 1→ 5人気)
2014(11→ 2人気)
2013( 2→ 1人気)
2012( 4→10人気)

10番人気以下が2連対しており、人気薄にも警戒が必要。
なお、人気馬は、1番人気と2番人気が共に2連対ずつ

③性齢と斤量
過去の連対馬の性齢と斤量  ※括弧内は左が1着
2015(牡4_55.0→牡5_55.0)※ハンデ
2014(牡6_54.0→牡6_56.0)※ハンデ
2013(牡4_56.0→牡4_57.0)※ハンデ
2012(牡5_55.0→牡4_55.0)※ハンデ

連対馬はすべて4~6歳馬で、4歳馬が4連対と一歩リード

④位置取り
連対馬の4角位置  ※括弧内は左が1着
2015( 2→ 4番手) 不
2014( 7→ 1番手) 稍
2013( 6→ 4番手) 良
2012( 3→ 2番手) 稍

4角4番手以内の先行馬が6頭で優勢

⑤所属
過去4回の連対馬は、関西馬が6頭で優勢

⑥種牡馬
複数の連対馬を出している種牡馬はいない

⑦騎手
福永騎手が2着2回で好成績
※今年は騎乗予定なし

さらに、連対馬に関する前走データから目に付いた項目は以下のとおり。

⑧前走間隔
年明けの1月以降にレースを使われた馬は6頭。
その他の2頭の前走は、昨年の11月だった

⑨前走コース・距離
連対馬の前走コースと距離は以下の通り
京都ダ1800m:3頭
中山ダ1800m:1頭
東京ダ1600m:3頭
京都ダ1400m:1頭

前走コースは京都1800mと東京1600mが3頭ずつで最多

⑩前走レース・着順
連対馬の前走クラスは以下の通り(括弧内は着順)。
前走・1600万下:6頭(8、4、3、2、6、7)
前走・1000万下:2頭(1、1)

前走1600万下組が6連対で優勢。
着順は様々だが、前走1600万下組の6頭は、全て着差1秒以内の負けだった。
また、前走1000万の2頭は、共に前走で最速の上がりをマークしているという共通点があった

⑪1600万下での実績
1600万下未経験馬を除く6頭中5頭には、1600万クラス以上のレースで3着以内という実績があった

データは以上。


まずは、データ③から見てもわかるとおり、過去4回の伊丹Sでは4歳馬が4連対と非常に活躍している。
まして、先週のフェブラリーSでもワンツーを決めたように、今年の4歳馬は例年以上にハイレベル。4歳馬優勢の傾向は今年も続きそうだ。

そこで、今年のメンバーをチェックしてみると4歳馬は4頭。
この4頭の中では、データ⑩から前走で1秒以上負けているスマートボムシェルとマイネルオフィールはマイナス。
残った2頭、ミツバとラインルーフの比較では、データ⑪からOP2着の実績があるラインルーフが優位といえそうだ。


☆阪神10R・結論☆

 ◎⑦ラインルーフ
 ○⑧スマートボムシェル
 ▲⑨ミツバ
 △②ミキノハルモニー
 △③グッドマイスター
 △⑥セイスコーピオン

今回、本命に推したいのは◎ラインルーフ。
約半年振りの休養明けだった前走の内容が圧巻で、2着には2馬身半差、さらに3着以下には大差をつける大楽勝だった。
また、3歳時に2着と好走したオープン鳳雛Sでは、現OPのリアファル、モズライジンに先着しており、再び軌道に乗れば、おそらくOPまではノンストップで行けるだろう。
なお、引き続きコンビを組む武豊騎手は、昨年このコースで(11-6-2-19/38、勝ち数1位、勝率29%、回収値単165)と好成績を残しており、信頼度は高い。

○は、叩き2戦目で前進必至なスマートボムシェル。

▲は、前が止まらない京都コースよりは、阪神コース向きな脚質のミツバ。

馬券の本線は単勝と馬単

 単勝⑦
 馬単⑦ ⇔ ⑧⑨
   ⑦ → ②③⑥

少額で三連複フォメーション

 1頭目⑦
 2頭目⑧⑨
 3頭目⑧⑨②③⑥


-----------------------
★☆おまけ、の中山10R『ブラッドストーンS』の予想☆★

おまけは、中山ダート1200mで行われる『ブラッドストーンS』(4歳上1600万下)をピックアップ。

このレースで注目したいのは◎フクノドリーム。

今回は逃げたい馬がヨウライフクしかおらず、好位で競馬が出来るフクノドリームとワイドエクセレントの2頭に展開利がありそうだ。
人気のモルジアナが発馬に難のあるタイプなだけに、展開利を活かした好位組同士の決着も十分にありえそうだ。

☆中山10R・結論☆

 ◎⑪フクノドリーム
 ○⑫ワイドエクセレント
 ▲⑨モルジアナ
 ☆⑤ゲマインシャフト
 △⑦ドリームドルチェ
 △⑪ヨウライフク
 △⑬サルバドールハクイ

馬券の本線は単勝と馬単

 単勝⑪
 馬単⑪ ⇔ ⑫⑨⑤⑦⑪⑬

少額で軸1頭の三連複

 ⑪ = ⑫⑨⑤⑦⑪⑬

以上、6号でした。


私6号が担当するコラム
『砂の惑星から来た勇者たち』は こちら



※【うまヨミ】の登録はこちらより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line