TOP > 競走馬 > 「タイセイサミット」諦めずに最後まで走り切る!【2016年弥生賞】
競走馬

「タイセイサミット」諦めずに最後まで走り切る!【2016年弥生賞】

前走は、弥生賞と同じ中山2000mで行われた寒竹賞を勝利したタイセイサミット。東スポ杯2歳Sと朝日杯FSではレース中に不利を受ける競馬が続いていたが、そのうっ憤を晴らした。賞金的にここで3着以内に入らなければ皐月賞への出走は厳しく、陣営もしっかり仕上げてくるに違いない。3強の一角崩しを目論むタイセイサミットについてまとめてみた。
タイセイサミット
写真提供:T.T Photo(WEBサイト)

【2歳未勝利】2馬身差でデビュー3戦目で初勝利!

デビュー2戦は2着続きの惜しい結果が続いていたタイセイサミット。3戦目となったこのレースでは、2番手に付けそのまま最後の直線へ。早々に逃げたタニノアーバンシーを捕らえると、後続をグングン突き放し快勝。うれしい初勝利となった。
動画を見る
戸崎騎手のコメントはこちら↓
inyofu 「今日は前めで競馬をしようと思っていましたし、こういう(重)馬場も上手に走っていました。抜け出すと遊ぶようなところがあったけど、併せたらしぶとい感じでした」

【朝日杯FS】ちぐはぐな競馬で7着

スタートでやや立ち遅れ後方からの競馬となったタイセイサミット。直線ではボールライトニングとシャドウアプローチの間を割ろうとするが、残り200mを切った辺りで進路が無くなり、体制を立て直すロスが生じてしまう。スムーズなら3着はあったのではないかと思わせるちぐはぐな競馬だった。
動画を見る
inyofu 7着 タイセイサミット(A.アッゼニ騎手) 「立ち上がったところでゲートがあいてしまい、後方からになりました。勝った馬は後方にいて勝ったのですから強いです。直線では前が詰まってしまいました。それがなければ、着順を上げられたと思います」

【寒竹賞】豪快な差し切り勝ち!

年明け初戦は鞍上に内田騎手を迎え、寒竹賞に出走したタイセイサミット。中段やや後ろでレースを進め、直線では外に持ち出すと、先に抜け出したシュペルミエールをゴール前でクビ差捕え勝利。待望の2勝目を挙げた。
動画を見る
inyofu 1着 タイセイサミット(内田博幸騎手) 「前走は直線で挟まれる不利があったので、今日は内に入らず、うまく外に出すことができました。強い競馬でした。いい馬に乗せてもらいました」

【弥生賞】追い切り情報 力強い身のこなし! 

inyofu タイセイサミットは、坂路での併せ馬。アースライズ(OP)の胸を借りる形でビッシリ追われ、4ハロン53秒3-12秒1で併入した。矢作調教師は「走る馬を相手に、順調にきているね。あきらめずに最後まで走るのがこの馬のいいところ」と納得の表情を浮かべた。
玉井助手のコメントはこちら↓
inyofu 「前走後は少し疲れが出たが、すぐに回復して予定どおりの調整ができている。スムーズなら前走くらい走れる。また相手が強くなるが、このメンバーで自分の力を出して通用すれば今後につながる。皐月賞へ潜り込みたい」

前走の勝ち時計は優秀!

前走の寒竹賞の勝ち時計2分0秒7は今年の中山金杯より0秒5、京成杯よりも0秒7速い優秀なタイムだった。再度この舞台で行われる弥生賞でも、好走を期待できる。

実績ではリオンディーズやエアスピネル、マカヒキに劣るが、この3頭は中山コース・輸送ともに初めてなので、その心配が要らないタイセイサミットにもチャンスは十分ありそう。この強みを生かし3強の牙城を崩し、皐月賞の出走権利を狙う。




side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line