TOP > 競走馬 > 「マカヒキ」春より状態が良い!自分のペースで流れに乗る【天皇賞・秋】
競走馬

「マカヒキ」春より状態が良い!自分のペースで流れに乗る【天皇賞・秋】

2016年の凱旋門賞以降復活の糸口がなかなか見つけられずにいるマカヒキが天皇賞(秋)に出走する。凱旋門賞以降はこれまで3戦使ってきたが、どのレースも日本ダービー馬という実績を考えれば不甲斐ない実績だ。前走の毎日王冠では、直線に入っても見せ場を全く作れずに終わり、本番に向けて暗雲が垂れこんだ。叩き2戦目となる今回こそは以前の走りを取り戻せるのか。そんなマカヒキについてまとめてみた。
マカヒキ

【京都記念】休み明け&道悪が響き3着

凱旋門賞以来となる京都記念でライアン・ムーア騎手を鞍上に迎え、単勝1.7倍の支持を受ける。3番枠からまずまずのスタートを切ると5番手からレースを進める。最後の直線で外に持ち出して、前にいたサトノクラウンに迫る追い込みを見せたが、残り200mで脚色が鈍るとスマートレイアーにもクビ差粘られ3着に敗れた。
動画を見る
inyofu 3着 マカヒキ(R・ムーア騎手) 「良いレースをしてくれました。最後の600mくらいで勝てるかと思いましたが、思ったより馬場が緩く、疲れてしまいました。今後はさらに良くなると思います」
inyofu (友道康夫調教師) 「久々だったのと、馬場の影響があったと思います。4コーナーを回るまでは勝てるかなと思いましたが、追い出してからが...。きれいな馬場でやりたかったです。ムーア騎手も『ここを1回叩いて良くなるのではないか。次を見すえて必要な1戦だった』と言っていました。悲観する感じではありません。この後は在厩で、次走はルメール騎手にお願いしようと思っています」

【大阪杯】外枠が響き4着・・・

大外14番枠ということもあり、道中は後方で末脚を溜める。4コーナーで大外からポジションを上げて行き、最後の直線では懸命に差を詰めたが、前が止まらず4着に敗れた。
動画を見る
inyofu 4着 マカヒキ(C・ルメール騎手) 「内回りでの外枠は心配していました。キタサンブラックは強すぎました。内枠だったら2着、3着はあったかもしれません」

【毎日王冠】直線伸びず6着に敗れる

久し振りの東京コースとなるが、3歳時に見せた様な末脚はまたもや鳴りを潜めた。レースでは、スタートから内田騎手が押して先団に取り付き、終始前目の内を通って直線へ向かう。直線に入ると、徐々に抜け出しを図ったが、マカヒキ自身伸びあぐねて次第に失速。最後は馬群から抜け出せることなく6着に終わった。栄光を手にした舞台での復活とはならなかった。
動画を見る
inyofu 6着 マカヒキ(内田博騎手) 「いい感じで折り合いもついて、内枠を利してジッとしていられました。ただ、4コーナーではもう手を動かしての追走になっていました。1度使って変わってくれればと思います」

【天皇賞(秋)】最終追い切り情報 体調は春より良化!

inyofu 昨年のダービー馬マカヒキ(牡4、友道)は芝コースで徐々にペースを上げ、ラスト1ハロンは馬なりで11秒6と鋭く伸びた。
inyofu 良く見えがちな本馬場を差し引いても動きは素軽かった。「先週、いっぱいに追ったし、今日はサッと。そう上積みはないけど、春に比べて毛ヅヤがいい」と友道師は体調の良さを伝える。

昨年の今頃はまだ声高々と最強世代と言われていた現4歳世代。しかし今となっては主力級の敗戦が目立ち、そんな印象は薄れてしまった。そんな中で再び最強世代と言われるには、やはり日本ダービー馬マカヒキの復権は必要事項だ。叩き2戦目で再びの東京コースとなるマカヒキには今回こそは意地を見せてもらいたい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line