TOP > 競走馬 > 「レッドアヴァンセ」活気ある走り!東京マイルでエリモピクシー一族の悲願を叶える!【ヴィクトリアマイル】
競走馬

「レッドアヴァンセ」活気ある走り!東京マイルでエリモピクシー一族の悲願を叶える!【ヴィクトリアマイル】

阪神牝馬Sで2着に入ったレッドアヴァンセがヴィクトリアマイルに出走する。父はディープインパクト、母はリディルやクラレントなど数多くの活躍馬を輩出しているエリモピクシーという良血馬は、クラシック戦線で武豊騎手とコンビを組み、勝利こそなかったものの秋華賞で5着に入るなど存在感を発揮した。その後の自己条件では勝ちきれないレースが続いたが、三面川特別で後に中山牝馬Sを制すカワキタエンカを差し切ると、ユートピアSでもフロンテアクイーンなどを下して快勝。そして前走の阪神牝馬Sではリスグラシューなど実績馬の追い上げを振り切り2着に入り、賞金を加算した。久々のGⅠでも堂々の走りを見せる。そんなレッドアヴァンセについてまとめてみた。
レッドアヴァンセ

【三面川特別】内から突き抜け久々の勝利!

3番枠からまずまずのスタートを切ると、インコースの5番手につける。道中はじっくり脚を溜め、残り200m手前で空いた内を突いて逃げるカワキタエンカをかわすと、その後も脚色は衰えず楽々と突き抜け、エルフィンS以来の勝利を飾った。
動画を見る
inyofu 1着 レッドアヴァンセ(M・デムーロ騎手) 「楽勝でした。僕は何もしていません。調教で乗ったときでも感じましたが、動きが良く、状態も良かったです。重賞でも走っていた馬なので、ここでは力が違いました」

【ユートピアS】好メンバーの牝馬戦も鮮やかに差し切る!

昇級初戦の清水Sは1番人気に支持されるも伸びあぐね5着。フロンテアクイーンやミエノサクシードなど好メンバーが揃ったこのレースを3番人気で迎えた。2番枠からまずまずのスタートを切ると、インコースの5・6番手で折り合いをつける。直線で外に進路を切り替えながら追い出しを開始すると、切れのある末脚で鮮やかに差し切り、オープン入りを果たした。
動画を見る
inyofu 1着 レッドアヴァンセ(C・ルメール騎手) 「前半はペースが遅くてタイトなレースになりましたが、直線を向いてからはペースも上がり、瞬発力勝負のレースに持ち込むことが出来ました。この馬の能力を発揮することが出来たと思います」

【阪神牝馬S】人気薄も好位で粘り2着!

リスグラシューやソウルスターリング、アドマイヤリードなど実績馬が揃い、昇級初戦のレッドアヴァンセは11番人気の低評価だった。10番枠からまずまずのスタートを切ると、行き脚をつけて2番手の好位からレースを進める。ミスパンテールが前半600m37秒2のスローペースで逃げ、アヴァンセも先行しながら末脚を溜めると、直線ではミスパンテールに懸命に食らいつき、惜しくもアタマ差届かず2着に敗れたが、好メンバーの一戦で賞金加算に成功した。
動画を見る
inyofu 2着 レッドアヴァンセ(北村友一騎手) 「ペースはとても遅くなりましたが、この馬にとって瞬発力勝負はもってこいなので、良い流れで進められました。一瞬の脚は本当にいいものを持っています。勝った馬は強かったですが、僅かな差でしたから悔しいです」

【ヴィクトリアマイル】直前情報!僚馬を軽く突き放す!

inyofu 坂路の最終追い切りには北村友が騎乗。4F53秒0と余力残しでも併走相手のアメリカズカップ(4歳オープン)を軽く突き放し、ラスト1F12秒2と活気十分だ。
inyofu 鞍上は「しまいの反応を確かめただけ。動きは凄く良かった」と満足げ。「前走は好位で折り合えて、しっかり反応できた。乗った感じでは左回りも良さそう」と手応え十分。

ヴィクトリアマイルの傾向!前走で先行した馬が好成績!

inyofu 過去6年のヴィクトリアマイルの出走馬のうち、前走が国内のレースだった馬の、そのレースでの4コーナーの通過順別成績を調べると、「3番手以内」だった馬が3着内率31.6%と比較的優秀な成績を収めている。一方、「10番手以下」だった馬は3着内率6.7%とやや苦戦している。近年の傾向を重視するならば、前走で先行していた馬を高く評価すべきだろう。

エリモピクシーの仔は短中距離戦で好成績を残しているが、東京のマイル戦は特に相性が良く、アヴァンセ自身も勝っている上に、先週も全妹レッドオルガが湘南Sを快勝、半弟レッドヴェイロンがNHKマイルCで3着と結果を残している。一族悲願のGⅠタイトルを得意コースでつかみ取る。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line