TOP > コラム > 覆面馬主【砂の6号】3月5日(土)阪神10R・中山6R予想
コラム

覆面馬主【砂の6号】3月5日(土)阪神10R・中山6R予想

覆面馬主 砂の6号
どうも。☆覆面馬主・砂の6号☆です。

暦もいよいよ3月に入り、競馬界ではクラシック戦線が盛り上がりを見せています。

そのうえ、今週はデムーロ騎手の騎乗機会重賞6連勝、さらには新記録の7連勝達成が注目されるだけに、いやがうえにもトライアル・チューリップ賞、弥生賞への関心は高くなります。

えっダート戦?この時期にw

と笑われそうな週末になりそうですが、その分ピタリと的中を残して、重賞レースを『高みの見物』したいと思います。


それでは、予想に参りましょう。
土曜日のターゲットは、ダート1400mで行われる阪神10R『播磨ステークス』(4歳上1600万下)。

まずは、恒例の簡単なコース説明から。

阪神ダート1400mのスタート地点は2コーナー奥のポケット地点。京都1400mや東京ダート1600mのように芝コースからのスタートとなるため、外枠に芝がダメな馬が入ると行き脚がつかない。
スタートしてから暫くは平坦。残り1000m付近からは下り坂になるため、芝部分の距離が長くスピードに乗りやすい外枠にアドバンテージがある。
また、最初のコーナーまでが500mと距離があるため、ペースが速くなってハイペースになりやすいのも特徴。
したがって、最後の直線で上がりが掛かるようなタフな展開になることも少なくない。
ダート競馬らしく基本は先行馬が有利だが、ペース次第では差し馬が届きやすいコースといえる。

このコースの種牡馬データも載せておくので、ご活用ください。

★阪神ダート1400m 種牡馬データ(2011~15年、勝ち数トップ10以内の種牡馬が対象)
・最多勝:キングカメハメハ(15勝)
    :クロフネ(15勝)
・勝率 :ブライアンズタイム(約13%)
・連対率:ブライアンズタイム(約24%)
・単回収:ブライアンズタイム(291)
・複回収:ブライアンズタイム(132)

勝ち数1位はキングカメハメハとクロフネの2頭だが、どちらも勝率は7%台とあまり高くなく、出走回数の多さで勝ち星を稼いでいる印象。
代わって注目したいのは、ブライアンズタイム(5位)とシンボリクリスエス(8位)の2頭がランクインしているロベルト系。
どちらも単回収値が100を越えており、狙って面白い種牡馬といえそうです。

★☆土曜阪神10R・『播磨S』の予想☆★

参考にするのは、同条件で行われた過去3年の播磨S。
なお、2015年のみハンデ戦で行われている

①配当
過去3年の馬連平均配当は3,790円。
新しい順に6,880円、1,960円、2,530円。

②人気
過去の連対馬の人気 ※括弧内は左が1着
2015( 3→ 7人気)
2014( 2→ 4人気)
2013( 2→ 6人気)

1番人気は1度も連対がなく不振

③性齢と斤量
過去の連対馬の性齢と斤量  ※括弧内は左が1着
2015(牡5_55.0→牡5_54.0)※ハンデ
2014(牡4_57.0→牡4_57.0)
2013(牡5_57.0→牡6_57.0)

5歳馬が3連対で一歩リード

④位置取り
連対馬の4角位置  ※括弧内は左が1着
2015(12→ 5番手) 良
2014( 1→ 2番手) 稍
2013( 2→ 4番手) 重

ハンデ戦で行われた昨年は差し馬同士の決着だったが、
それ以外の年では好位4番手以内を進んだ先行馬が連対している

⑤所属
過去5年の連対馬はすべて関西馬

⑥種牡馬
複数の連対馬を出している種牡馬はいない

⑦騎手
複数回連対している騎手は、岩田騎手が1勝、2着1回で好成績。
※今回騎乗予定のある騎手のみ

さらに、連対馬に関する前走データから目に付いた項目は以下のとおり。

⑧前走間隔
連対馬6頭中5頭が、前走2月のレースに使われていた
例外の1頭の前走は11月だった

⑨前走コース・距離
連対馬6頭の前走コースと距離は以下の通り。
東京ダ1600m:3頭
京都ダ1400m:2頭
京都ダ1200m :1頭

距離延長組は1連対だけで不振

⑩前走レース・着順
連対馬6頭の前走クラスは以下の通り(括弧内は着順)。
前走・1600万下:5頭(4、3、3、3、5)
前走・1000万下:1頭(1)

前走1600万組が5頭で優勢。
また、連対馬すべてが前走で5着以内、かつ6番人気以内の支持を集めていた。

⑪近走成績
過去の連対馬6頭中5頭に、近3走のいずれかで勝利実績があった。

データは以上。


過去3年分のデータしかないので信頼度はそれなりだが、データ⑩を見る限り、過去の連対馬は前走でもそれなりの成績を収めていたことが判る。

そこで、今年の出走馬の中から、前走1600万で5着以内、かつ6番人気以内の馬を探すと、これに該当するのはアルボナンザ、サンレーン、ラテンロックの3頭。

さらに、データ⑪から近3走以内の勝利実績をチェックすると、これに該当するのはラテンロック1頭だけとなる。

☆阪神10R・結論☆

 ◎⑦ラテンロック
 ○⑧サンレーン
 ▲④アルボナンザ
 ☆⑩マカハ
 △⑥セイラ
 △⑨ハラペーニョペパー
 △⑫ミヤジマッキー

今回、本命に推したいのは◎ラテンロック。
前走は0.5秒差の4着に敗れたが、直線で前が壁になるシーンがあり、少し脚を余してしまった印象。
(1-3-0-3/7)という成績の京都コースから、(2-0-1-0/3)という阪神コースへ替わるのは好材料で、能力全開なら十分に巻き返せるだろう。

○は、同じく京都よりは阪神向きのサンレーン。

▲は、前走でラテンロックと同着だったアルボナンザ。

☆と△は、成績やこのコースと相性の良い騎手・種牡馬データを中心にピックアップ。

馬券の本線は単勝と馬単

 単勝⑦
 馬単⑦ ⇔ ⑧④⑩⑥⑨⑫

少額で軸1頭の3連複

 ⑦ = ⑧④⑩⑥⑨⑫


-----------------------
★☆おまけ、の中山6R『3歳500万下』の予想☆★

おまけは、中山ダート1800mで行われる『3歳500万下』をピックアップ。

このレースで注目したいのは、前走の勝ち方が印象的だった◎グレンツェント。

ダート替わり初戦だった前走では、スタートで後手を踏み、道中も時折クビを上げて気の悪さを覗かせる走りっぷり。
最後の直線でも大きく外に膨むロスがあったが、それでも終わってみれば後続に4馬身差をつける完勝劇。

いかにも荒削りで、案外ポカのあるタイプかもしれないが、祖母に世界的な名牝ハトゥーフ(Hatoof)がいるという血統は見逃せない。
どこかで一皮向むけて、予想以上の大物に育つ可能性を秘めていそうだ。

☆中山6R・結論☆

 ◎⑥グレンツェント
 ○②セレンディップ
 ▲④スケールアップ
 ☆⑦ネコダンサー
 △⑤ダイリュウハヤテ
 △⑨カズノテイオー
 △⑩ジャルーズ

馬券の本線は単勝と馬単

 単勝⑥
 馬単⑥ ⇔ ②④⑦⑤⑨⑩

少額で軸1頭の3連複

 ⑥ = ②④⑦⑤⑨⑩


以上、6号でした。



※【うまヨミ】の登録はこちらより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line