TOP > コラム > 覆面馬主【小鳥の7号】弥生賞予想
コラム

覆面馬主【小鳥の7号】弥生賞予想

馬キュレ
チューリップ賞のシンハライトとジュエラーの叩き合いは見ごたえあったよな!

やっぱりこういうレースを予想させたら、1号のアニキは天下一品だよな~!

1号チューリップ賞コラム

そして、トライアルらしく3着にはいかにも権利取り用のレースに徹した戸崎圭太のラベンダーヴァレイが入線。 収得賞金で桜花賞に出られるかどうかのギリギリに居る陣営は、この馬に出走枠持っていかれた事で路線も変わるからな。

クラシックってのは実力だけじゃなく運も必要なんだってのが良くわかる。

さて、弥生賞。


リオンディーズ、エアスピネル、マカヒキ、の3頭が人気実力ともに抜けているレースだな。

リオンディーズの馬体は本当に惚れ惚れするよな。
骨格がしっかりしてて、バランスも良くて。
シーザリオもエピファネイアもカッコいい馬だが、この馬の雄大さは引けを取らないな。

エアスピネルはそれに比べると、迫力という点では劣るが器用さのあるタイプで立ち回りが上手いよな。

しかし、ここで狙いたいのはマカヒキだ。
現在取得賞金1400万で、賞金での出走は確実とは言えないボーダーライン前後の馬。
ダービーまでの出走賞金を確保するためには3着の権利だけではなく、2着以上をしっかり狙ってきているはずだ。 肩ムチ一発入れた程度で突き抜けた前走の爆発力は半端では無かった。
しかも、あの時は雪の影響で追い切りの予定が大幅に狂って、8分程度の仕上げだったはずだ。
勿論今回は前走以上であるのは確実で、初めての中山でも爆発してくれるはずだ。

◎11マカヒキ
〇10リオンディーズ
▲4エアスピネル
△3タイセイサミット
△1アドマイヤエイカン
穴7ケンホファヴァルト

基本的には「見」に徹し、馬券を買うようなレースではないが、一応買っておく。
買い方

馬連10-11の1点勝負を本線に、

3連単
11→10→4 50%
11→10→3 25%
11→10→1 15%
11→10→7 10%

の3連単4点買いかね。

リオンディーズとエアスピネルは賞金的に足りてるから色々試しながらのレースになるし、次につながるレースが出来れば良い訳だから勝ちにはこだわらない。ただ、朝日杯でリオンディーズとの格付けは済んでしまってる感もあるからリオンディーズよりは下の評価になる。タイセイサミットの前走はレースぶりも時計も評価できる。勝ち負けよりもおそらく3着を狙いに行くようなレースになると思う。そういうときのウチパクはやはり怖いので3着の逆転候補筆頭。アドマイヤエイカンは前走はほぼ成長を感じなかった。太いというよりも中身が入っていない感じで緩いという表現が一番近いかな。連闘でどこまで良くなってきているかわからないが、前走は勝負所で全く反応せず、直線ではレースを止めていたので疲れは無いはず。押さえの押さえというイメージ。穴は逃げ残りでケンホファヴァルト。

基本的には良馬場想定での予想だから、雨降って馬場が悪くなったら、俺はこのレース買わないぞ。

さて、予想だけじゃなくて、折角、明日の弥生賞から皐月賞トライアルが始まるし、現時点での収得賞金の順位だけでも書いておくか。


皐月賞はフルゲート18頭だよな。
その出走順は知っての通り、トライアルでまずは8頭が決まる。
[優先出走権=8頭]

弥生賞1着~3着、スプリングS1着~3着、若葉S1着~2着。

そして、この8頭が決まったら、最後にこの8頭を除く出走希望馬の中から、収得賞金上位10頭が選出される。 同金額だった場合は抽選な。

トライアル前の状況での収得賞金順位と次走を確認しながら各レースを見るとこのシーズンの面白さ倍増だからな!現時点での収得賞金順位を書いとくぞ!(マイル路線への出走を表明してる陣営は抜いた)


~クラシックへの道~

■1位 リオンディーズ
3900万 
弥生賞


■2位 ハートレー
3650万
皐月賞直行


■3位 エアスピネル
3600万
弥生賞


■4位 ロードクエスト
3200万
スプリングS


■5位 プロフェット
2900万
皐月賞直行


■6位 サトノダイヤモンド
2800万
皐月賞直行


■7位 ロジクライ
2300万
スプリングS


■7位 ディーマジェスティ
2300万
皐月賞直行


■9位 ダンツプリウス
2150万
もしかするとマイル路線か?


■10位 ドレッドノータス
2000万
スプリングS


■11位 アドマイヤエイカン
1900万
弥生賞


■12位 レプランシュ
1650万
毎日杯


■13位 マカヒキ
1400万
弥生賞


■13位 ジョルジュサンク
1400万
皐月賞直行か?


■15位 ブラックスピネル
1200万
次走未定


■15位 マイネルラフレシア
1200万
若葉S


■15位 ロスカボス
1200万
次走未定


■18位 アドマイヤモラール
1100万
スプリングS


■19位 リスペクトアース
1050万
若葉S


上位20頭はこんな感じだ。

それ以外にもトライアルでチャンスがある。

弥生賞で言えば・・・
タイセイサミット

スプリングSで言えば・・・
ジークカイザー
プランスシャルマン
ミッキーロケット
サトノキングダム

若葉Sで言えば
リスペクトアース
アドマイヤダイオウ
ナムラシングン

などなど、まだまだクラシック路線の残枠争いは激しい。
1勝馬や900万以下の収得賞金の馬に優先出走権が与えられると、賞金のボーダーラインが一気に上がるし、賞金持ちの馬達が順当にトライアルを勝てば、賞金のボーダーが下がるという事になる。
となると、突然若葉Sや毎日杯に出走しだすボーダー前後の馬も居て、その辺の駆け引きが面白いんだわ!

ま、状況は毎週変わる。
その状況を各陣営どうとらえて、どういうレース選択をするのか?
どういう調教過程をたどるのか?ってなことを妄想するのがこの時期の最高の楽しみ方だよな!

自分の着順だけではなく、他馬の着順でも自らの状況が変わるわけで、奥が深いよな。

弥生賞は以上!


あ!ちなみに、今日のオフレココラムは、メルマガ「うまヨミ」での公開になるとの事。

メルマガを取得してないと、読めないからな!
まだ登録してない人は、すぐにメルマガ登録しとけよ~!

って事で、本日は以上!


メルマガ登録は↓コチラ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line