TOP > レース > 今年もベテラン馬が勝利か!?第52回【中日新聞杯】
レース

今年もベテラン馬が勝利か!?第52回【中日新聞杯】

2016年3月12日(土)に中京競馬場で行われる芝2000メートルのGIIIレース、第52回【中日新聞杯】。
ハンデキャップ重賞でありながら、ベテラン馬が活躍する傾向にあるこのレースを、レース傾向やレース映像、今年の出走馬の前評判等をまとめてみた。
馬キュレ

【中日新聞杯】歴史

inyofu 本競走は、1965年に5歳(現4歳)以上のハンデキャップ重賞『中日杯』として創設されたが、翌1966年に現在の競走名である『中日新聞杯』に改称、負担重量も別定に変更された。創設当初は中京競馬場の砂コース・1800mで行われていたが、1970年に芝コースが新設されたことに伴い、芝1800mで開催されるようになった。その後、2006年に芝2000mに変更され、負担重量もハンデキャップとなった。
数々の変更を経て、芝2000mのハンデキャップ重賞として定着した中日新聞杯。近年ではベテラン古馬の活躍が目立っており、高齢馬だからといって軽視は出来ない。

2015年【中日新聞杯】

動画を見る
昨年の中日新聞杯では、5番人気の6歳馬ディサイファが2番人気の7歳馬デウスウルトに1と1/4馬身差を付けて勝利した。

【中日新聞杯】レース傾向

inyofu 下位人気馬の好走が多い
中京競馬場がリニューアルオープンした2012年以降の過去4年間に、中京・芝2000mで行われた重賞は中日新聞杯(ハンデキャップ)、愛知杯(ハンデキャップ)、金鯱賞(別定)の計12レースだが、それぞれのレースの単勝人気別成績をまとめると、各レースで「5~9番人気」組が10%以上の勝率をマークするなど、下位人気馬の好走が目立っている。中でも、ハンデキャップ競走の中日新聞杯と愛知杯では、勝率・連対率で「5~9番人気」組がトップに立っている。伏兵馬には、常に目を光らせておくべきだろう。
inyofu 負担重量55kg以上の馬が優勢
前記した3重賞の中から、ハンデキャップの条件で行われた中日新聞杯と愛知杯の過去4年の負担重量別成績を調べると、両レースとも「55~56kg」のエリアが連対率・3着内率でトップの数値を記録している。今年の中日新聞杯でも「55~56kg」の馬を重視したい。
inyofu 前走で単勝人気順を上回る着順だった馬に注目
2012年以降の過去4年の中日新聞杯出走馬について、前走での単勝人気順と着順を比較して成績を調べると、3着以内馬12頭中10頭は前走で「単勝人気順より着順が上」だった。前走で単勝人気順を上回る着順だった馬には、今年も注目してみたい。
中日新聞杯のレース傾向では【5~9番人気】【負担重量が55~56kg】【前走で単勝人気順より着順が上】の競走馬が好走する傾向にある。果たして今回の出走馬にこれらの条件を満たす馬はいるのだろうか。

第52回【中日新聞杯】登録馬!

inyofu アドマイヤフライト
アルバートドック
アングライフェン
クルーガー
ケツァルテナンゴ
サトノアポロ
サトノノブレス
ショウナンバッハ
デウスウルト
バウンスシャッセ
ヒストリカル
ファントムライト
ブライトエンブレム
メイショウカンパク
メドウラーク
ヤマニンボワラクテ
ライズトゥフェイム
リメインサイレント
レコンダイト
ロンギングダンサー
フルゲート18頭に対して20頭の登録があった今年の中日新聞杯。現時点ではリメインサイレントとブライトエンブレムの2頭が除外対象となっている。

第52回【中日新聞杯】予想オッズ!

inyofu 人気 馬名 予想オッズ
1 アルバートドック 3.0
2 サトノノブレス 4.7
3 ブライトエンブレム 5.7
4 ヒストリカル 8.4
5 クルーガー 10.2
6 ショウナンバッハ 13.7
7 ケツァルテナンゴ 14.4
8 バウンスシャッセ 16.7
9 アングライフェン 17.4
10 ヤマニンボワラクテ 20.4
11 ファントムライト 25.9
現時点での予想オッズでは、小倉大賞典で重賞初制覇を遂げた上がり馬アルバートドックが1番人気となっている。また、出走が確定していないブライトエンブレムに人気が集まっていることにも注目したい。

第52回【中日新聞杯】有力馬は!?

【前走で単勝人気順より着順が上】アルバートドック
inyofu アルバートドック(牡4、栗東・須貝尚介厩舎)は前走の小倉大賞典で待望の重賞初制覇を果たした。今回はハンデ増と初の左回りがカギとなるだろうが、問題なく突破できるようなら、今後のGI戦線でも楽しみな存在となってくるだろう。


【前走で単勝人気順より着順が上】サトノノブレス
inyofu サトノノブレス(牡6、栗東・池江泰寿厩舎)は日経新春杯勝ち、菊花賞2着など、実績面では一枚上の存在。今回もハンデは背負わされるだろうが、金鯱賞で2年続けて上位に入っている(2着、3着)ようにこのコースとの相性は良い。2014年小倉記念以来となる重賞制覇が期待される。


【5~9番人気】【負担重量が55~56kg】【前走で単勝人気順より着順が上】バウンスシャッセ
inyofu バウンスシャッセ(牝5、美浦・藤沢和雄厩舎)は中山牝馬Sとのダブル登録だが、こちらに出る公算が大きい様子。前走の愛知杯では7か月ぶりの休み明け・馬体重プラス22キロながら見事勝利しており、牡馬相手のここでも期待は十分。



2016年3月12日(土)に中京競馬場で行われる芝2000メートルのGIIIレース、第52回【中日新聞杯】。 
近年では6歳以上の馬が2勝2着3回、5歳以下の馬が2勝2着1回と、6歳以上のベテラン馬が活躍している。
その傾向でいうと、優勝候補筆頭は6歳馬サトノノブレスだろう。中京芝2000mは金鯱賞で2着、3着と適正あり。1番人気アルバートドックが中京初参戦ということを考えれば、安定感ではサトノノブレスの方が信頼できそうだ。
しかし、近年の好走傾向を重視するならば、牝馬のバウンスシャッセに注目したい。中京2000mの相性は前走の愛知杯勝利で実証済み、中山牝馬Sとのダブル登録だが、こちらに出てくるならば有力視しなければならない1頭であろう。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line