TOP > レース > 【第11回オーシャンステークス】レース&的中結果まとめ
レース

【第11回オーシャンステークス】レース&的中結果まとめ

3月5日(土)阪神競馬場で行われた重賞レース【第11回夕刊フジ賞オーシャンステークス】のレース結果と予想家の的中をメインにまとめてみた。
馬キュレ

エイシンブルズアイが優勝

inyofu 3月5日、中山競馬場で開催された第11R・オーシャンS(GIII、芝1200m)は、道中中団につけた5番人気エイシンブルズアイ(牡5、栗東・野中)が、直線鋭い差し脚で密集馬群から抜け出てくると、ゴール手前で逃げ馬を捕らえて1着でフィニッシュ。8度目の重賞挑戦で待望の初タイトルを手に入れた。勝ちタイムは1分7秒5(良)で、鞍上は石橋騎手。1馬身半差の2着は好スタートから直線でも渋太く粘った4番人気ハクサンムーン、2着に1馬身1/4差の3着は約15カ月のブランクをものともせず、中団から脚を伸ばした8番人気スノードラゴンが入った。なお、1番人気に推されたアルビアーノは直線で挟まれる不利もあり5着に終わっている。

▽配当
単勝11 1100円
馬連2-11 4360円
馬単11-2 1万160円
3連複2-7-11 2万6680円
3連単11-2-7 14万6540円
(11.エイシンブルズアイ、2.ハクサンムーン、7.スノードラゴン)

▽【エイシンブルズアイ】
父Belgravia
母Miss Fear Factor
母父Siphon
通算16戦5勝(重賞は初勝利)
動画を見る

レース後コメント 石橋脩騎手「この先、楽しみ」

inyofu 「すごく切れました。操縦の利く馬です。先行という指示でした。スタートは出ませんでしたが、外からでも届く馬場だったので、あの位置でも焦らずに行きました。いい決め手がある馬で、この先、楽しみです。今日は馬が頑張ってくれました」

まだまだいける ハクサンムーン

inyofu 西園調教師(ハクサンムーン=2着)「しっかり逃げて、よく頑張った。年齢的(7歳)にまだまだいける」

ブランク明けでも3着 スノードラゴン

inyofu 大野騎手(スノードラゴン=3着)「長いブランクがあったのに…。本当に頭が下がる。これでいい形でG1に行ける」

その他着順&コメント

inyofu  4着 ネロ(三浦騎手)
「思い通りのレースが出来ましたが、ペースが速かったですし、脚をためられれば違っていたかもしれません」

5着 アルビアーノ(ルメール騎手)
「スタートで少し遅れました。直線はスペースがありませんでした。スムースではありませんでした」

7着 アフォード(石川騎手)
「外を回しても差しの利く馬場で、最後脚を使っていますが、今日は以前ほどの切れはありませんでした」

14着 ゴールドペガサス(シュタルケ騎手)
「力を30%も出していません。行くところがありませんでした。出すに出せませんでした」
1、2、3番人気が揃って沈み、やや荒れたレースとなったオーシャンステークス。重賞初制覇のエイシンブルズアイ、7歳ハクサンムーンやブランクのあるスノードラゴンが活躍するという結果に。

覆面馬主たちの予想

1号の予想
inyofu 高松宮杯の前哨戦って感じで、スプリントのG3。 過去10回しか開催ないけど、とにかく荒れてるね、このレース。 そんな場合は、競馬新聞の逆読み!という方法をオススメする。
inyofu ◎3 ネロ
〇8 スギノエンデバー
▲11エイシンブルズアイ
☆16アルビアーノ
△5 ヘニーハウンド
△12ワキノブレイブ
△6 ゴールドペガサス
△4 カハラビスティー
2号の予想
inyofu ◎3ネロ
〇6ゴールドペガサス
▲2ハクサンムーン
☆16アルビアーノ
△7スノードラゴン
△11エイシンブルズアイ
△12ワキノブレイブ
7号の予想
inyofu ◎4カハラビスティー
〇16アルビアーノ
▲6ゴールドペガサス
☆2ハクサンムーン
△12ワキノブレイブ
△11エイシンブルズアイ
△3ネロ
覆面馬主は1号の荒れ予想通りの展開となったが1、7号は印が回りきらず、2号は3着まで印をつけるもネロが来ずにそれぞれ的中は逃す結果に。

過去の傾向通りやはり荒れたオーシャンステークス。人気薄のため配当は高くなったがなかなか予想しづらかったレースのようで予想家はちも覆面馬主も的中率は低めだったようである。。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line