TOP > コラム > 覆面馬主【砂の6号】4月23日(土)福島12R・京都6R予想
コラム

覆面馬主【砂の6号】4月23日(土)福島12R・京都6R予想

覆面馬主 砂の6号
覆面馬主・砂の6号です。

熊本で起きた突然の大地震から約1週間が経過しましたが、いまだに余震が続いている状況です。
このたび被災された多くの方々に、心よりお見舞い申し上げます。

当うまキュレサイトでも何かできないかと模索し、先週より特設ページをオープンいたしました。
特設ページには、ネットから簡単に義援金に参加できる方法やボランティア情報なども記載されておりますので、ぜひご一読ください。
→特設ページはこちら


さて。中央競馬では今週から東京・京都に開催が替わり、来週から始まる春のGI6連戦へ向けて、いよいよ秒読みスタート。

また、この間には日本馬が出走を予定している海外GIが3つ、さらには地方競馬で行われる交流JpnIかしわ記念もあり、まさに5月はGI三昧。

ここで安田記念までのGI日程を軽くおさらいしつつ、いつもの予想にまいりましょう。

~【4月23日~6月5日のGI日程】~
4/24(日) クイーンエリザベス2世C(香港)
5/ 1(日) 天皇賞・春
5/ 1(日) チャンピオンズマイル(香港)
5/ 5(木) かしわ記念(船橋)
5/ 7(土) ケンタッキーダービー(北米)
5/ 8(日) NHKマイルC
5/15(日) ヴィクトリアマイル
5/22(日) オークス
5/29(日) ダービー
6/ 5(日) 安田記念


それでは、予想に参りましょう。
土曜日のターゲットは、ダート1700mで行われる福島12R『米沢特別』(4歳上1000万円以下)。

まずは、恒例の簡単なコース説明から。

スタート地点は、スタンド前の直線入り口付近。最初のコーナーまでは338mあり、スタート直後に上り坂を迎える。
1周目のゴール版を過ぎたあたりから下りになり、1コーナーを下り坂で回るコース形態。惰性がついて序盤はペースが早くなる傾向にある。
2コーナー過ぎからは緩やかな上り坂に変わり、ペースはここでいったん落ち着く。
3、4コーナーはスパイラルカーブになっており、スピードを落とさずに回ることができる為、このカーブを利用してのマクリも有効。
スピードを落とさずにコーナーを回れるため、レース後半は淀みのない流れになりやすく、ラスト3ハロンは時計を要す持久力勝負になりやすい。
基本的には逃げ、先行が圧倒的に有利だが、アップダウンのあるコース形態だけにワンペースの逃げ馬では乗り切ることは難しく、展開によってはカーブを利用してポジションを上げられるマクリ差しが決まりやすい。


★☆土曜福島12R・『米沢特別』の予想☆★

参考にするのは、2012年以降に1回福島開催で行われた同条件の特別6レース。

①配当
過去6回の馬連平均配当は10,040円。
新しい順に、1,510円、8,730円、7,970円、39,030円、1,630円、1,360円。

3桁配当が1度もなく、難解なレース傾向

②人気
過去の連対馬の人気 ※括弧内は左が1着
2015( 4→ 1人気)
2014( 4→ 9人気)
2013( 8→ 4人気)
2013(12→ 7人気)
2012( 5→ 1人気)
2012( 3→ 4人気)

1番人気は2連対しかしておらず信頼度は低い

③性齢と斤量
過去の連対馬の性齢と斤量  ※括弧内は左が1着
2015(牡4_54.0→牡5_57.0)※ハンデ
2014(牡5_56.0→牡8_55.0)※ハンデ
2013(牝5_53.0→牡5_56.0)※ハンデ
2013(牝4_52.0→牡4_54.0)※ハンデ
2012(牡4_54.0→牡4_57.0)※ハンデ
2012(牡5_56.0→牡4_55.0)※ハンデ

連対馬12頭中11頭は4~5歳馬だった

④位置取り
連対馬の4角位置  ※括弧内は左が1着
2015( 3→12番手) 良
2014( 6→ 9番手) 良
2013( 2→ 1番手) 良
2013( 2→ 3番手) 良
2012( 3→ 1番手) 稍
2012( 6→ 2番手) 良

4角3番手以内の先行馬が8頭で優勢

⑤所属
過去6回の連対馬は、関東馬と関西馬が6頭ずつでイーブン

⑥種牡馬
複数の連対馬を出している種牡馬はサウスヴィグラスで2勝。
その他ではブライアンズタイムが2着2回。

⑦騎手
複数回連対している騎手は吉田隼人騎手が1勝、2着1回で好成績
※今年は騎乗予定なし

さらに、連対馬に関する前走データから目に付いた項目は以下のとおり。

⑧前走間隔
前走が3月以降のレースだった馬は12頭中9頭。
その他の3頭の前走は12月~2月だった

⑨前走コース・距離
連対馬の前走コースと距離は以下の通り
中山ダ1800m:5頭
京都ダ1800m:1頭
中京ダ1800m:2頭
小倉ダ1700m:1頭
阪神ダ1400m:3頭

前走距離は1800mが8頭で最多

⑩前走レース・着順
連対馬の前走クラスは以下の通り(括弧内は着順)。
前走・1000万下:10頭(5、7、10、10、14、16、6、4、11、2)
前走・500万下:2頭(1、1)

前走500万下で1着だった馬は、共に4歳馬だった

⑪1000万クラス実績
過去6回の連対馬で、1000万クラスで連対実績のあった馬は7頭。
さらに、現在6レース連続で連対中。

データは以上。


過去には人気薄の連対もあり、いかにもハンデ戦らしいデータとなった。

今年の出走馬を見渡すと、目に付くのは6頭もいる前走500万下1着の馬。

しかし、データ⑩からは前走500万下は苦戦傾向にあり、さらに500万下1着からの連対例は4歳馬しかないというデータから、4歳馬ノワールギャルソンとツーエムマイスター以外の4頭は減点対象。

いっぽう、前走1000万組はデータ⑩から着順などに目立つ傾向はなく、決め手になりそうなのがデータ⑪1000万連対実績。
今年のメンバーで1000万下での連対実績があるのはサンライズワールド、オールブラッシュ、メイショウヒコボシ、ゴーイングベルの4頭だ。


☆福島12R・結論☆

 ◎⑧メイショウヒコボシ
 ○⑩ツーエムマイスター
 ▲⑥オールブラッシュ
 ☆⑫タガノコルコバード
 △⑨アスカクイン
 △⑪ゴーイングベル
 △⑭トーコーグリーン

今回、本命に推したいのは◎メイショウヒコボシ。
昨年4月に福島で500万下を卒業したコース巧者で、7月に行われた1000万下特別でも当コースでロワジャルダンの4着と好走している。
ここ数戦は続けて1400mのレースを使われているが、全3勝のうち2勝を1700mで挙げているように距離延長も問題ないタイプ。
中1週での輸送競馬がカギとなりそうだが、現級勝ちの能力を遺憾なく発揮できれば十分に勝ち負けできるだろう。

○は、スムーズに先手が取れれば連勝も狙えるツーエムマイスター。

▲は、安定した成績が魅力のオールブラッシュ。

馬券の本線は単勝と馬単

 単勝⑧
 馬単⑧ ⇔ ⑩⑥⑫⑨⑪⑭

少額で軸1頭の三連複

 ⑧ = ⑩⑥⑫⑨⑪⑭


-----------------------
★☆おまけ、の京都6R『3歳500万下』の予想☆★

おまけは、京都ダート1800mで行われる『3歳500万下』をピックアップ。

このレースで注目したいのは◎ワンダーアビルマン。

前走は直線で追い出してからが案外だったが、佐藤正厩舎にしては珍しく中1週だったローテーションが響いた印象。
じっくりと立て直された今回は、巻き返し可能だろう。

☆京都6R・結論☆

 ◎⑨ワンダーアビルマン
 ○⑩クリノリトミシュル
 ▲⑪トウショウコマンチ
 ☆④ウインランブル
 △①シゲルキハダマグロ
 △②サハラファイター

馬券の本線は単勝と馬単

 単勝⑨
 馬単⑨ ⇔ ⑩⑪④①②

少額で軸1頭の三連複

 ⑨ = ⑩⑪④①②

以上、6号でした。


私6号が担当するコラム
『砂の惑星から来た勇者たち』はこちら



※【うまヨミ】の登録はこちらより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line