TOP > コラム > 覆面馬主【砂の6号】3月13日(日)中京10R・中山12R予想
コラム

覆面馬主【砂の6号】3月13日(日)中京10R・中山12R予想

覆面馬主 砂の6号
どうも。☆覆面馬主・砂の6号☆です。

土曜日の『おまけ予想』の本命だったハナズリベンジが、レース当日に出走取消。。
レース展開が向きそうで、個人的にはかなり期待していただけに非常に残念ですが、取消理由が軽症(左後肢フレグモーネ)だったようなのでひと安心。
また、次の機会にお世話になりたいと思います。


それでは、予想に参りましょう。
日曜日のターゲットは、ダート1400mで行われる中京10R『昇竜ステークス』(3歳OP)。

まずは、恒例の簡単なコース説明から。

中京ダート1400mのスタート地点は、2コーナー奥のポケット地点。スタート地点から約200mほどは芝部分を走ることになる。
向正面をいっぱいに使うので、最初のコーナーまではそれなりに距離があるが、外枠の方が芝部分を長く走れるので、芝でスピードに乗れる先行馬にとっては有利。
最後の直線は約410mあり、直線には勾配のキツイ急坂が待ち受ける。逃げ・先行が好成績な1200mよりは、差しが決まりやすいのが特徴。


このコースの種牡馬データも載せておくので、ご活用ください。

★中京ダート1400m 種牡馬データ(2012~15年、勝ち数トップ10以内の種牡馬が対象)
・最多勝:ダイワメジャー(11勝)
・勝率 :ダイワメジャー(約16%)
・連対率:ダイワメジャー(約24%)
・単回収:サウスヴィグラス(218)
・複回収:ジャングルポケット(111)

勝利数、勝率共にトップに輝いたのはダイワメジャー。
そのほか、シンボリクリスエスやジャングルポケット、ブライアンズタイムなどがベスト10入りしており、短距離の割にはパワー型の種牡馬も健闘している。


★☆日曜中京10R・『昇竜S』の予想☆★

参考にするのは、同時期に中京競馬場で行われた過去2回の昇竜S。

①配当
新しい順に馬連2,450円、26,990円。

②人気
過去の連対馬の人気 ※括弧内は左が1着
2015( 2→ 4人気)
2014( 9→12人気)

昨年は人気馬同士、一昨年は人気薄同士の決着だった

③位置取り
連対馬の4角位置  ※括弧内は左が1着
2015( 2→ 8番手) 良
2014( 1→ 2番手) 良

4角で2番手以内の馬が3連対

④所属
過去2年の連対馬は関西馬が3頭で優勢

⑤種牡馬
複数の連対馬を出している種牡馬はいない

⑥騎手
複数回連対している騎手はいない

さらに、連対馬に関する前走データから目に付いた項目は以下のとおり。

⑦前走間隔
連対馬4頭すべてが、前走2月以降のレースに使われていた

⑧前走コース・距離
連対馬4頭の前走コースと距離は以下の通り。
東京ダ1400m:1頭
京都ダ1400m:1頭
京都ダ1200m:1頭
阪神ダ1200m :1頭

距離短縮組の連対はなく苦戦傾向

⑨前走レース・着順
連対馬4頭の前走クラスは以下の通り(括弧内は着順)。
前走・500万下:4頭(1、1、1、1)

連対馬の前走はすべて500万下1着で、人気は1~5番人気だった。
また、優勝馬は2頭は共に前走を逃げ切って勝利していた

⑩キャリア
過去の連対馬4頭は、すべてキャリア3~6戦で、さらにダートで2勝を挙げていた。

データは以上。


過去2年分しかないのでデータは参考程度だが、それでもデータ⑨にあるように、4頭の連対馬が全て前走500万下1着からの参戦だった点は注目に値する。
さらに過去の連対馬は、すべて前走で1~2番手からの競馬で勝利しており、さらに2着以下に0.2秒以上の差をつけているという共通点があった。

今年のメンバーで、上記条件に合致するのは、プレスティージオとゴルゴバローズの2頭だけだ。

☆中京10R・結論☆

 ◎⑫ゴルゴバローズ
 ○⑭エルフィンコーブ
 ▲⑮ダノンフェイス
 ☆③プレスティージオ
 △⑨カネノイロ
 △⑩ロンドンタウン
 △⑪ドライヴナイト

今回、本命に推したいのは◎ゴルゴバローズ
芝の新馬戦こそクビ差の2着に惜敗したが、ダートに転向してからは2戦2勝。いずれも余裕たっぷりのレース振りで連勝を飾っている。
今回は相手が強化されるが抜けた実績の馬は見当たらず、同じ500万勝ち同士の一戦ならば、堂々と主役を張れそうだ。
また、新馬戦でダッシュよく先手を奪えていることから芝スタートも問題なく、他馬が苦にするようならチャンスはいっそう広がる。

○は、前走は芝で切れ負けしたが、ダートに戻れば能力上位なエルフィンコーブ。

▲は、同日の阪神に条件戦の適鞍がありながら、強気に格上挑戦してきたダノンフェイス。

☆は、前走が強い勝ち方だった2戦2勝のプレスティージオ。

馬券の本線は単勝と馬単

 単勝⑫
 馬単⑫ ⇔ ⑭⑮③⑨⑩⑪

少額で軸1頭の3連複

 ⑫ = ⑭⑮③⑨⑩⑪


-----------------------
★☆おまけ、の中山12R『4歳上1000万下』の予想☆★

おまけは、中山ダート1800mで行われる『4歳上1000万下』をピックアップ。

このレースで注目したいのは◎クラウンシャイン。

前走は強い勝ち馬に離されてしまったが、2走前はハナ差の2着という惜しい内容だった。
昇級初戦だった2走前に早くもクラス卒業のメドを立てたように、素質はここでも上位の存在。
目立つ強敵がいない今回は、絶好のチャンスだ。

☆中山12R・結論☆

 ◎⑯クラウンシャイン
 ○⑮ルールソヴァール
 ▲③ゴーイングベル
 ☆⑦クールエイジア
 △②レッツゴースター
 △⑤クラーロデルナ
 △⑩アンヴェイルド

馬券の本線は単勝と馬単

 単勝⑯
 馬単⑯ ⇔ ⑮③⑦②⑤⑩

少額で軸1頭の3連複

 ⑯ = ⑮③⑦②⑤⑩

以上、6号でした。


私6号が担当するコラム
『砂の惑星から来た勇者たち』はこちら



※【うまヨミ】の登録はこちらより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line